テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
村井満

村井満

むらいみつる

公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)第5代チェアマン
1959生まれ。埼玉県川越市出身。
埼玉県立浦和高校、早稲田大学法学部を卒業。
1983年、株式会社日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)入社。
営業部、人事部を経て、2000年本社執行役員に就任。
2004年にリクルートエイブリック(現リクルートキャリア)代表取締役社長に就任。
2011年にリクルート・グローバル・ファミリー香港法人社長、2013年に同社会長就任。
リクルート執行役員時代の2008年に日本プロサッカーリーグ理事に選任され、2013年まで務める。
2014年に第5代日本プロサッカーリーグ理事長(チェアマン)に就任。
(公財)日本サッカー協会副会長、(公財)日本プロスポーツ協会理事。
2022年にチェアマン退任。同日付で公益社団法人日本プロサッカーリーグの名誉会員に選任された。

勇気について (全10話)

対談 | 執行草舟/村井満
収録日:2021/09/02
追加日:2021/10/29

自らの内奥に秘めた「矜持」や「情熱」が表出するとき

勇気について(1)2人の出会いと縁

追加日:2021/10/29
Jリーグの5代目チェアマン・村井満氏は、リクルート出身で、初のサッカー界と無縁のチェアマンである。引退した選手のセカンドキャリア支援をしていた関係でJリーグと縁ができ、チェアマンに就任したのだった。実は、執行草舟との縁...

長男を2歳で失ったときに救ってくれた言葉

勇気について(2)真実を受け入れる勇気

追加日:2021/11/05
実は村井氏は、大きな悲劇に直面している。長男を2歳で失ったのである。深い悲しみに打ちひしがれ、現実が受け入れられず、絶望のなか執行草舟のもとを訪れると、執行草舟が発した言葉は「それは、ある意味よかったのかもしれないよ」...

リクルート事件後の「絶望的状況」をいかに乗り越えたか

勇気について(3)「主観」と「始動力」

追加日:2021/11/12
ビジネスの世界では「客観」ばかりを重視する。だが、村井氏はつねに「主観」と「客観」の両輪で考えてきた。すべてのものは二律背反で、真実は必ず主観と客観、いいものと悪いものが合わさってできているのだ。村井氏がもう一つ学ん...

「相手の立場に立つ勇気」こそ成功の大きな原因

勇気について(4)「相手の立場に立つ勇気」とは

追加日:2021/11/19
リクルートエイブリック、そしてリクルート香港法人の社長となった村井氏。執行草舟は、その村井氏の成功の重要なカギは「相手の立場に立つ勇気」だという。人間が動物である以上、どうしても「自我意識」があり、「相手の立場に立つ...

「先祖を愛する気持ち」と「不合理を愛する気持ち」

勇気について(5)不合理を愛する勇気

追加日:2021/11/26
村井氏は物事を「主観」と「客観」など、つねに二律背反で考えてきた。これは「不合理を愛する勇気」でもある。世の中の不合理を受け入れることができると、アウフヘーベンもできるようになる。不合理といえば、先祖もまた不合理な存...

神の「恩寵」は真空状態のところにしか入っていかない

勇気について(6)Jリーグ第5代チェアマンに就任

追加日:2021/12/03
フランスの哲学者シモーヌ・ヴェイユは、「恩寵は満たすものである。だが恩寵を迎え入れる真空のあるところにしか入っていかない」という言葉を残している。実は、村井氏はリクルート香港法人の社長を辞めたあと、半年間、何もせず無...

自分に与えられた試練は、絶対に乗り越えられる試練である

勇気について(7)自転車にナナハンのエンジンを積むな

追加日:2021/12/10
村井満氏は、昔から「迷ったら緊張するほうを選ぶ」と決めているという。自分が絶対に無理と思っていることは、いわれても緊張しない。簡単すぎることも緊張しない。むしろ、自分が「できるかできないかギリギリだ」と思っているとき...

「夢と現実を同時に考える勇気」が新しいものを導き出す

勇気について(8)スポーツの根源は「遊び」

追加日:2021/12/17
村井満氏は、若いころ、執行草舟から「スポーツは『貴族の遊び』だ」と言われて衝撃を受けた。だが、その言葉がJリーグチェアマンとしての仕事の支えになっているという。スポーツの語源デポールトは「港を離れる」の意味で、港を離...

Jリーグのコロナ対策成功の裏にあった「自らと自ずから」

勇気について(9)「自ら」と「自ずから」

追加日:2021/12/24
Jリーグが新型コロナウイルス対策に本格的に乗り出したのは、2020年1月22日のこと。まだ政府も医師も、コロナ対策について、ほとんどわかっていないときだった。Jリーグは、いち早く試合の中断を決定。感染対策を徹底させたのち、今...

DAZNとの2000億円契約の裏にあった「体当たりと愛の力」

勇気について(10)未来を信じる勇気

追加日:2021/12/31
Jリーグチェアマンとして村井満氏はパフォームグループ(DAZNグループ)と契約し、世界で初めてサッカー中継を全試合、インターネットやスマホを使って、いつでもどこでも見られるようにした。10年間で2000億円の契約という、大変な...

近いテーマの講師一覧

五十嵐沙千子

筑波大学人文社会科学研究科准教授

曽根泰教

慶應義塾大学名誉教授テンミニッツTV副座長

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 教授

白石隆

公立大学法人熊本県立大学 理事長

島田晴雄

慶應義塾大学名誉教授テンミニッツTV副座長

谷口和弘

慶應義塾大学商学部教授南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

小宮山宏

東京大学第28代総長株式会社三菱総合研究所 理事長テンミニッツTV座長

岡本行夫

外交評論家MIT国際研究センターシニアフェロー

桑原晃弥

経済・経営ジャーナリスト