テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
聖徳太子を知ればこそ「日本」がわかる
一時期、「聖徳太子はいなかった」などとも騒がれましたが、現在では極端な非実在論は学術的にも否定されています。それどころか、やはり聖徳太子には、日本人の「理想」が重ねあわされていたのです。聖徳太子を知れば、日本の核心がわかる! 秀逸な講義集です。
更新日:2021/7/23

聖徳太子の1400回忌、「実在しなかった」説の真相に迫る

「万葉集」の聖徳太子――語りかける人(1)日本人の憧れ

2021年は聖徳太子の1400回忌にあたる。彼が創建したとされる法隆寺では100年に一度の法要が営まれ、夢殿本尊救世観音像などの特別開扉も始まっている。彼はなぜ千年の時を超えた強い憧れや尊敬の的なのか。また、「実在しなかっ...
収録日:2021/06/04
追加日:2021/07/16
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授

聖徳太子が提唱した「和」と中国の「和」の大きな違いとは

法隆寺は聖徳太子と共にあり(1)無条件の「和」の精神

日本人ならば誰もが、法隆寺を建てたのは聖徳太子だと知っている。しかし、法隆寺と聖徳太子の関係は、私たちが想像している以上に深く、また謎のままの部分も多い。聖徳太子が残した法隆寺は、現代に生きる私たちに何をもたら...
収録日:2016/03/09
追加日:2016/10/01
大野玄妙
法隆寺 管長

聖徳太子が仏教を積極的に国づくりに生かした理由

【入門】日本仏教の名僧・名著~聖徳太子編(1)仏教受容の意味

日本への仏教伝来は538年といわれるが、その興隆に尽くしたのは聖徳太子である。現在、その実在が議論され、厩戸王か聖徳太子か教科書表記が問題になったのも、皇位にもつかなかった彼があまりにも偉大な業績を残しているからに...
収録日:2020/08/20
追加日:2020/11/26
賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授

関連特集

幕末維新を「体系的」に学ぶ

いよいよ大河ドラマ「青天を衝け」も幕末の佳境に入ってきました。はたして幕末とはどのような時代だったのか。この機会に、ぜひ学んでみ…

更新日:2021/7/9

「読みどころ」がわかる!日本と世界の古典文学

有名な古典文学も、「読みどころ」を知れば知るほど「面白さ」と「教養」が増してきます。今回の特集では、当時の時代背景や著者の思惑も…

更新日:2021/7/2

こんなスゴい人が日本にいた!エピソードが語る賢人の行動力

2021年大河ドラマ「青天を衝け」で一躍有名になった渋沢栄一だが、そのすごさを知っている人は意外と少ないはず。他にもあまり知られてい…

更新日:2021/6/18

三英傑(信長、秀吉、家康)ちょっと深掘り

誰もが知っている戦国三英傑(信長、秀吉、家康)。しかし近年、これまであまり知られていなかった一面にも光が当てられています。彼らの…

更新日:2021/5/14

こだわりのクラシック

緊急事態宣言で多くの演奏会が「中止」「延期」に追い込まれています。こんなときには「こだわりの講義」が満載のテンミニッツTVで音楽を…

更新日:2021/5/7

日本資本主義の父・渋沢栄一の正義と危機感

なぜ私たちは今、渋沢栄一を学ぶべきなのか。「経済人の神さまのようにいわれていた渋沢栄一が、その晩年、中国やアメリカとの国交をたい…

更新日:2021/2/1

その他の特集

人を育て、導き、成長させる

人が育ち、成長する道筋は十人十色で、その導き方もさまざまである。日々の何気ない行動や業務の背景にある大切な意味や意図に気づいても…

更新日:2021/7/16

「災害大国」日本 これからの防災

「天災は忘れた頃にやってくる」という寺田寅彦の警句から約100年。「異常気象」という言葉がメディアを賑わし、毎年のように自然災害のニ…

更新日:2019/6/1

ワクチンと免疫の仕組みを知る

新型コロナの世界的な感染拡大で関心が高まったキーワードが二つある。ワクチンと免疫だ。なぜワクチンで感染症は予防できるのか。またワ…

更新日:2021/6/25