10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子高生の噂から取り付け騒動へ―金融市場の「悪い均衡」

中国経済の動揺と正確な楽観論の必要性

伊藤元重
東京大学名誉教授/学習院大学国際社会科学部教授
情報・テキスト
1973年の豊川信用金庫事件の舞台となった豊川信用金庫(2006年)
中国経済をいかに見守るかは、頭の痛い問題だ。目先の思惑で皆が動けば、経済の良い均衡はあっという間に崩れ、危機が表面化してくる。そのために必要な「正確な楽観論」について、東京大学大学院経済学研究科教授・伊藤元重氏に語っていただく。
時間:12:31
収録日:2015/09/17
追加日:2015/10/15
≪全文≫

●「質への逃避」に走らせる中国経済の動揺


 ここ2、3カ月ぐらい、中国経済にいろいろなことが起き始めています。中国の不動産バブルがはじけたので不動産価格が下がるのは当然ですし、株価もかなりの操作によって無理やり高くなったわけですから暴落するのは当然です。また、中国経済の急成長が続くこともあり得ませんから、成長率の低下も当然です。ただ、困ったことは、それが世界経済全体にある種の危機としてつながるのではないか。その思惑が急速に広がったことだろうと思います。

 ここのところずっと、金融業界では「Flight to Quality(質への逃避)」が起きていると、よく耳にします。彼らの用語で、「株はちょっと危ないから売ってしまおう」と決め、その資金を安全な国債にシフトしていく。あるいは新興国の為替は危ないようなので、売ってしまって円やドル、最近ではユーロなどの安全通貨の方にシフトしていく。ということで、急速にマーケットが動揺していることがうかがえます。

 その間、株価や為替はヨーヨーのように動いていますので、今の状況についてかなり深刻に受け止めている人が多いのだろうと思います。


●危機は長時間かけて訪れるが、展開は急激で速い


 以前にこの場でお話ししたかどうか記憶にありませんが、この状況を見て思い出されるのは、MIT(マサチューセッツ工科大学)の故ルディガー・ドーンブッシュ氏の言葉です。もう亡くなってしまいましたが、彼は大変著名な国際金融学者で、通貨危機や為替問題の大家でした。彼が、亡くなる前に吐いた名言に「金融危機や通貨危機などの危機は、来る来ると言っていてもなかなか来ない。けれども、本当に来てしまったら世の中はあっという間に変わってしまう」といった内容のものがありますが、これがまさにポイントだろうと思います。

 過去を見てもそうだと思います。例えば、日本の1990年代後半、山一證券の破綻に端を発した大きな金融危機がありました。考えてみると、それより何年も前から日本の金融機関は相当深刻な不良債権を抱えていて、このままでは持たないのではないだろうかと言っている専門家はたくさんいたわけです。

 でも、危機は来ない。だから、なんとなく「そうは言うけれども大丈夫なんだろう」と思っていた。ところが三洋証券が破綻し、山一証券が破綻して、北海道拓殖銀行がおかしくなるという具合に危機が起こり始めると、あっという間にそこが大きく変わってしまったのです。

 今でもよく覚えていますが、当時破綻した大手金融機関に日本長期信用銀行がありました。そこで、なんとか破綻を食い止めようと最後まで必死に努力を続けた方の話を聞いたのです。外回りをしてさまざまな資金のやりくりの調整をつけるもののうまくいかず、ヘトヘトで銀行に戻ってきたら、建物の中では行員のコーラスクラブがみんなで非常に平和に楽しそうに歌を歌っていたというのですね。そのあまりの落差に、自分は愕然としたというような話でした。まさにそういう感じだったろうと思います。


●リーマンとサブプライム、世界を飲み込んだ危機


 危機は来るかと思わせておいて、なかなか来ないでいる一方、実はいったんやって来ると、もうすぐに動いてしまうというかたちなのだと思います。

 リーマンショックにもそういうところがありました。アメリカは明らかにバブルであって、このままでは早晩持たなくなっておかしなことが起こるに違いないと、かなり早い時点から言っている人は大勢いました。一番有名なのが、現在ではインド中央銀行総裁を務めているラグラム・ラジャン氏という、当時シカゴ大学の教授だった人です。相当早くから警鐘を鳴らしていた彼は、当時のアメリカ中央銀行議長だったアラン・グリーンスパン氏と激しく対立したという話が、何かの本に書いてありました。

 それだけではなく、2007年にはサブプライム問題が非常に深刻化しました。金融機関の人や金融業に詳しい人は、皆さんひそひそ声で「アメリカは大変だよ。サブプライムは、こんな状態になっている」と話してくれたものですが、何も起こらない状況が長く続いていました。危機が来ると言いながら何も起こらずにいて、しかし2008年9月にリーマン・ブラザーズが破綻すると、後はせきを切ったように世界中に影響が広がりました。リーマンブラザーズが破綻して3カ月以内にアイスランドの3大銀行が全て破綻したように、世界中に危機が広がったのです。

 そういう意味では、今回の中国に端を発している話についても、この点は非常に重要だろうと思います。


●金融市場の「良い均衡」と「悪い均衡」


 経済学者はこれをどのように理解しているかというと、グローバルな金融市場においても国内の金融市場においても「二つの均衡」があると...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。