10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTがフィンテックのビジネスチャンス拡大のカギとなる

フィンテックと金融革命(3)IoTと規制緩和

柳川範之
東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授
情報・テキスト
あらゆるモノがインターネットでつながるIoT(Internet of Things)の時代。やがて来る未来の社会で、日本の金融ビジネスは生き残れるのか? 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授の柳川範之氏の「フィンテックと金融革命」第3話では、フィンテックとIoTの密接な関係、そして日本の金融システムの課題を取り上げる。(全5話中第3話)
時間:09:23
収録日:2016/10/17
追加日:2017/01/21
≪全文≫

●IoTとフィンテックの連動が重要なカギを握る


 私は実はフィンテックとこれからブームになってくるであろうIoTとは、非常に大きな関係性があるだろうと思っています。IoTは、今までに付いていなかったようないろいろなものにセンサーが付いて、さまざまな情報が得られるようになり、その情報を使って新しいビジネスチャンスが出てくるという動きです。今はまだあまり本格化していないので、多くの人が実感できない部分は多いのですが、かなりビジネス全体を大きく変えるだろうといわれている技術革新です。

 例えば、車それぞれにセンサーが付くようになると、車がどのように運転されているのか、どのように急ブレーキがかけられているのか、どのようにカーブを曲がっているのかという情報も入ってくるようになります。それは車の技術革新に役立つだけでなく、交通整理の情報にも使えますし、もしかするとその車の運転の仕方が情報として入ってくることによって、自動車保険の在り方も変えるかもしれません。ですから、保険業も、IoTが出てくることで、かなり変わるといわれています。

 それから、なかなかイメージしにくいのですが、IoTのセンサーが入った洋服ということである種の情報伝達機能を持つ繊維が開発されていると聞いています。そういう洋服を着ていると、例えば体温の変化や、場合によると心拍数の変化、汗の量などをメディカルセンターに伝えることができます。そうすると、リアルタイムでその人がどんな健康状態にあるかが分かるのです。これは医療の現場を大きく変えるだろうといわれていますし、それに関連した保険も大きく変わってくるかもしれないということです。

 つまり、他産業で得られる情報の質と量が、IoTが入ってくることで今までとかなり大きく変わってくる可能性があるのです。どのように変わってくるかは、IoTの進展次第なので、まだ明確な将来像は見えていないのですが、今、自動車や洋服の例を出したように、従来と大きく違った情報の出方をします。その情報をうまく使うことで、保険や金融、あるいは貸し出しなどが、相当変わってくることになるだろうと考えられます。これがフィンテックのビジネスチャンスを大きく広げるはずですし、IoTをどううまく使うかがフィンテックビジネスの大きなポイントになってくるのだろうと思っています。


●ベンチャーの追い風となる金融制度づくりを


 このように技術革新で大きく変わってくるのですが、一方で、最初に申し上げたように、金融業には、やはり規制があり、制度がしっかりしていて、その中で健全性や安全性が保たれる仕組みがつくられてきたという面もあります。この制度や仕組みを、今のような大きな技術革新の変化にどう合わせていくかが大事なポイントになってきます。

 これは、例えばベンチャーのビジネスサイドからすると、どれだけの規制緩和があるのかという話になります。法律や制度はどうしても少し前の技術に応じてつくられてきているという実態があります。それは法律や規制がそう簡単には変えられないからです。そうすると、今までにない新しいビジネスをやろうとする人からすると、そのビジネスが法律上許されなかったり、あるいは足かせになったりという面がどうしても出てきます。ですから、できるだけ新しいビジネスをやりやすい環境にしてほしいということが要望として出てくることになります。よって、金融の制度のつくり方に関しては、どれだけ技術革新の変化に迅速に対応させて法律や制度を変えていくかが大事なポイントになっ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。