10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

極端な派は消滅したが・・・7世紀からあった過激な集団

イスラム過激派を生み出すイスラム教の本質とは?

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
歴史学者・山内昌之氏による「イスラム国(IS)の本質と将来」に関する講演終了後は、充実の質疑応答の時間を迎えた。参加者の鋭く本質を突いた質問に、山内氏はどのように答えたのか。(2015年2月16日開催 日本ビジネス協会インタラクティブセミナー山内昌之氏講演 “「イスラーム国」の本質と将来 第一次世界大戦勃発100年から第二次世界大戦終結70年への徒花“、全6話中第5話目)
時間:09:37
収録日:2015/02/16
追加日:2015/03/05
歴史学者・山内昌之氏による「イスラム国(IS)の本質と将来」に関する講演終了後は、充実の質疑応答の時間を迎えた。参加者の鋭く本質を突いた質問に、山内氏はどのように答えたのか。(2015年2月16日開催 日本ビジネス協会インタラクティブセミナー山内昌之氏講演 “「イスラーム国」の本質と将来 第一次世界大戦勃発100年から第二次世界大戦終結70年への徒花“、全6話中第5話目)
時間:09:37
収録日:2015/02/16
追加日:2015/03/05
≪全文≫

●イスラム教の抱える構造的問題と文学への期待


―― イスラム教はコーランとハーディスの解釈次第で、過激派にも穏健派にもなり得ると、講演でおっしゃいました。イスラム教がそういう構造を持っているとすれば、それは寂しいことかもしれませんが、今後もその構造を内包しながらイスラム教は続いていかなければならないと、先生はご覧になっているということなのでしょうか。

山内 鋭いところへご質問頂きましたが、これはテレビや新聞ではどう表現したらいいか迷うところです。私は率直に言って、イスラム教徒自身がそういうことときちんと直面することが必要な時期になってきたのだろうと思います。

 日本在住者を含めて、イスラム教徒が言っているのは、「イスラムは平和の宗教です。イスラム国(IS)はイスラム教徒ではありません」というところ止まりです。イスラムの何が彼らを生みだしているのか。彼らはイスラムのある部分を強調しているわけですが、彼らが教義のどこをどのように利用し、曲解しているのかということについては説明しないのです。

 しかしながら、今のご質問は本質的なところを突くお尋ねです。その問いに対して私はすぐに回答する準備はありません。先ほど「寂しい」とおっしゃいましたが、私は「悲しい」ことだと、ペシミスティックに捉えています。私の答えは明言しがたいのですが、この講演の文脈と今の表現でお分かりいただければと思います。ペシミスティックですね。

 イスラム教の構造はしっかり押さえていかなければなりませんが、逆に言うとその先には何が見えてくるかです。それを極端に先取りしているのがISですから、それを「ニヒリズムだ」と私は言ったのです。問題はそれを内包しても、ニヒリズムを克服する努力は、その中からしか生まれないのです。

 トゥルゲーネフが『父と子』を書いたような勇気を持った知識人や文学者。これが、自分たちの抱えている問題をどういうかたちで表現し、かつそれが文学的に「人々の心の魔法を解いていくか」(マックス・ヴェーバーの言葉「エントサーベルン(Entzaubarung)」を引用)という作業にかかっていく。こういうことが始まった、あるいは始まってほしい段階です。


●ハワーリジュ派はどこから「出ていった」のか


―― 結局イスラム教は、一神教と理解してよいのですね。そして、その外側に出ていった人がハワーリジュという派を立てたという理解でよろしいですか。

山内 それは一部違っています。ハワーリジュももちろん一神教なのですよ。今はスンナ派とシーア派があります。大きく言うとイラン以外の国々はスンナ派、イランがシーア派の中心で、この全部がイスラム教徒です。ただ内部では、解釈によって分かれる部分が多い。スンナ派の中でも過激な解釈をする集団とそうでない集団とが、7世紀からすでにあったということです。

 ハワーリジュ派は、中でも極端な主張をしました。純化した主張というものは、最初は皆の支持や期待を一部では受けますが、あまりに極端で、先ほど言ったようなことになったため、彼らは一派(集団)としては消滅していきました。その代わりにスンナ派の主流を形成していくのは、ムルジア派という平穏な日常を過ごす人々です。われわれと何ら変わりない一般の人々が持つ穏健な考え方が、スンナ派の主流になっていったことを申し上げたかったのです。

 ですから、彼らはイスラム共同体から外に出ていったわけではなく、あくまでイスラム教徒です。ただ、その中...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。