10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもは寝床の主に属し、姦通を犯した者は石打ちの刑

ムハンマドを知る(4)宗教的厳密性と政治的柔軟性

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
ムハンマドは、宗教者としての厳密性と政治家としての柔軟性が共存している点が大変に興味深いと歴史学者・山内昌之氏は語る。今回は、「姦通罪」に対するムハンマドの判断、発言を通して、彼の人物像に迫る。(全6話中第4話目)
時間:13:02
収録日:2015/05/28
追加日:2015/06/25
≪全文≫

●重大な姦通罪に対するムハンマドの考え方


 皆さん、こんにちは。

 今日は、引き続きジナー(姦通)という問題についての、罪の重さについて語りたいと思います。どうも日本人は誤解しているようなので、イスラムにおける姦通、あるいは姦通罪が大変な重みを持っているということを今日はお話ししたいと思います。

 「疑わしきは罰せず」というのは、法の大原則であります。ムハンマドの場合も同じであり、彼は疑わしい場合でもあえて事を荒立てない、そして幸せな家庭や円満な夫婦の間に波風が立つことを好まなかったというのが、自然な解釈であるかと思われます。男女の間、夫婦の間のことは、幸福な状態を維持しようとすれば、他人が詮索する必要はないという寛仁大度ぶりを発揮することもあったのです。


●ムハンマドの機知に富んだ解決策


 他人が入るとかえって夫婦喧嘩がややこしくなります。そして、しなくてもいい離婚にまで至ったり、夫婦の間にそれ以上の亀裂を招くことがあるというのは、近代や現代だけの問題ではありません。あるベドウィン(アラビア半島の遊牧民)が、ムハンマドの元にやってきた時のエピソードが残っています。

 このベドウィンは、ムハンマドと問答を交わしました。彼は、次のように自分の疑問を語りました。私の妻は、黒い子どもを生みました。すなわち、色の黒い子が生まれたのはなぜかというわけです。ムハンマドはそれに対して、「お前はラクダを持っているだろう」と尋ねました。男は、「はい」と答えます。「その色はなんだ」とムハンマドが尋ねますと、男は「それは赤茶色です」と答えました。「しかし、お前のラクダには灰色のも居るな」とムハンマドが言うと、「はい」と答えました。「どうしてそうなったのだ」と聞きますと、「それは、おそらくそのラクダには灰色の祖先がいたためと思われます」と答えたところ、ムハンマドは、「では、おそらくお前の息子も祖先のせいであろう」と答えたというのです。

 これは、なかなかに味わい深い問答であります。これについて、もちろん「ハディース」やスンナ、すなわちムハンマドの言行を記録した人たちは、詳しい解釈をしていません。ですが、常識的に考えれば、すこぶる機知(エスプリ)に富んだ鷹揚な解決策というべきでありましょう。


●家庭が基盤のイスラムでは姦通は重罪


 ムハンマドの有名な発言を振り返れば、この問題の解釈がよく分かります。ムハンマドのある有名な発言に、「子供は寝床の主に属す」というものがあります。「寝床の主」とは、正規の婚姻関係にある夫であるということです。すなわち、生まれた子どもは、子を生んだ妻の法的に正当な夫のものであり、夫に属すると言いたかったのでしょう。ただし、ここでムハンマドは、同時に有名な言葉を付け加えています。姦通を犯した者には石打ちの刑が科されると付け加えたのです。つまり、子どもは寝床の主に属し、姦通を犯した者は石打ちにされるということです。

 このように、概して民法と刑法の双方において、寛大かつ温雅であろうとした預言者ムハンマドにも、許せない罪の筆頭に来るのが姦通だったのです。つまり、生まれてくる子どもについては、罪がない。それについては、寝床の主、すなわち正規の妻の夫で、育てるその者に帰属する。しかしながら、姦通を犯した妻は、法的に妻でありながら別の男と交わったということで、姦通罪が成立する、ということです。

 イスラムは、この種の行為について大変厳しい定めをしているわけです。それは何度も申しますように、家族こそ、家庭こそがイスラム共同体の重要な基盤であり、その基本となるという認識でありましたから、それを打ち壊したり否定するような行為は、厳しくとがめられなければならなかったということです。


●日本、欧米とは異なる厳しい「姦通」解釈


 イスラムで申しますと、合法的な婚姻関係以外で性的交渉を持つ者は、全て姦通になります。戦前の日本には姦通罪という罪もありましたけれども、これは結婚している女性、つまり妻がよその男性と交わりを持った場合、姦通罪が成立したわけです。結婚している男性、つまり夫の方にはそれが成立しませんでした。非常に不平等であり、不公平だったわけです。

 姦通といいますと、日本人はよく誤解するのですが、イスラムでは独身同士の男女が交わっても、姦通罪が成立するのです。独身の男が独身の女性と愛を交わして何が悪いんだというのは、すこぶる日本人的な考え、あるいは欧米的な考えなのです。イスラムでは、神の前で正規な婚姻関係を持つそれ以外の男女の関係、性的交渉は全て姦通とされるのです。婚姻をしているムスリムがもし姦通すれば、男女問わずに、この場合は石打ちの刑となります。未婚者同士の場合、あるいは片方が未婚である場合であっても...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。