テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
大上二三雄

大上二三雄

おおうえふみお

MICG代表取締役/立命館大学経営管理研究科 客員教授
1981年東京大学工学部を卒業後、アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)入社。
企業の戦略、オペレーション、IT、アウトソーシングを中心にしたさまざまな企業改革に従事。
事業開発グループ統括パートナーとして事業開発・ベンチャー投資の責任者を務めた後、2003年に退社。
現在、エム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役。
他に北九州市参与、立命館大学MBA客員教授、東京大学EMPアドバイザー、ISL幹事などを務める。
著書に『戦略アウトソーシング』、『人材マネジメント革命』(いずれも東洋経済新報社)など。

日本企業のグローバル化 (全4話)

収録日:2015/01/30
追加日:2015/04/30

マックの成功は商品戦略等よりも、実は財務的手法?

ベネッセ~「プロ経営者」による改革は成功するか?

追加日:2015/04/30
個性的な形で進む日本企業のグローバル化について、企業コンサルタントとして豊富な経験を持つエム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役・大上二三雄氏が解説するシリーズ。今回は、グローバル化とは異なるが、企業改...

本質は投資会社?コテコテの日本企業・三井物産

三井物産~純日本企業的な社風と本質、成長課題

追加日:2015/05/07
個性的な形で進む日本企業のグローバル化について、企業コンサルタントとして豊富な経験を持つエム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役・大上二三雄氏が解説するシリーズ。企業紹介の最後は、グローバルな総合商社と...

役員の半数以上が外国人! グローバル製薬企業・武田薬品

武田薬品~外国人トップの改革に会社は耐えられるか?

追加日:2015/05/11
個性的な形で進む日本企業のグローバル化について、企業コンサルタントとして豊富な経験を持つエム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役・大上二三雄氏が解説するシリーズ。今回は、大型買収でグローバルな製薬会社に...

ロッシュグループに自ら嫁いで傘下に入った中外製薬の勇気

中外製薬~外資連邦経営の中で行う企業改革

追加日:2015/05/18
個性的な形で進む日本企業のグローバル化について、企業コンサルタントとして豊富な経験を持つエム・アイ・コンサルティンググループ株式会社代表取締役・大上二三雄氏が解説するシリーズ。今回は、大手医薬品メーカーである中外製薬...

日本企業のグローバル化を考える (全1話)

収録日:2014/06/11
追加日:2014/07/24

アジア在住の中国人は4千万人もいるのに日本人は40万人

日本企業のグローバル化を考える(1)日本の社会文化の形成

追加日:2014/07/24
最近、日本企業のグローバル化がホットなイシューになっている。重要なポイントは、日本人、日本文化がどうグローバル化していくのかであると語る大上二三雄氏。日本の社会文化がどのように形成されてきたのか、そのプロセスをたどり...

外資系グローバル企業と日本企業の比較から読み解... (全5話)

収録日:2014/04/11
追加日:2014/06/12

ソニーからものづくりの力が失われてしまった

外資系グローバル企業と日本企業の比較から読み解く日本企業の戦略(1)なぜソニーは苦しん...

追加日:2014/06/12
今、ソニーが苦しんでいる。日本を代表するイノベーション企業は、なぜものづくりの力を失ってしまったのか。そこには、今の日本企業が抱える問題が凝縮していると大上二三雄氏は分析する。その問題とは一体何なのか。

企業が企業をつくっていく古河グループ

外資系グローバル企業と日本企業の比較から読み解く日本企業の戦略(2)古河グループ5代の...

追加日:2014/06/12
なぜ、かつての日本では新しいイノベーションを次々に生み出し、世界を変えていく企業がたくさん出てきたのか。今はなぜそのような企業が出てこないのか。大上二三雄氏が古河グループ、中でも富士通に注目してその理由を分析する。

ファナックは親を助けた孝行息子?

外資系グローバル企業と日本企業の比較から読み解く日本企業の戦略(3)ファナックに学ぶ

追加日:2014/06/12
企業価値が4兆円を超える世界的優良企業・ファナックは、なぜこれほどの成功を収めているのか。なぜイノベーションを起こし続けているのか。創業社長・稲葉氏の姿勢や言葉に触れながら、大上氏がその理由に迫る。

欧米の老舗大企業は軸足を維持しつつ大転換を遂げている

外資系グローバル企業と日本企業の比較から読み解く日本企業の戦略(4)デュポンのしなやか...

追加日:2014/06/19
GE、IBM、BASFなどの欧米老舗企業は、自ら再生して新しい企業に生まれ変わっていく。その典型例として、大上二三雄氏は今回、200年以上の歴史を持ち、今も革新的な企業として知られるデュポンを取り上げる。

新しい「宮大工システム」を構築すべき?

外資系グローバル企業と日本企業の比較から読み解く日本企業の戦略(5)日本企業の課題と解決策

追加日:2014/06/19
これまでに語ってきたソニー、富士通、ファナック、デュポンなどの具体例を踏まえて、「宮大工システム」「知足安分」などのキーワードを縦横に使い、大上二三雄氏が平均的な日本企業が現在抱える課題とその解決策を分析する。

近いテーマの講師一覧

新浪剛史

サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長

伊藤元重

東京大学名誉教授学習院大学国際社会科学部教授

島田晴雄

東京都公立大学法人理事長テンミニッツTV副座長

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

谷口和弘

慶應義塾大学商学部教授南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

遠山亮子

中央大学 ビジネススクール大学院 戦略経営研究科 教授

高島修

シティグループ証券 チーフFXストラテジスト

佐々木健一

NHKエデュケーショナル シニアプロデューサー(TVディレクター/ノンフィクション作家)

真野俊樹

中央大学大学院戦略経営研究科 教授多摩大学大学院 特任教授医師