10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

生前退位の問題は摂政を置くことでは解決しない

天皇陛下のおことば(1)天皇の「老い」と「終焉」

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
皇居
2016年8月8日、象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことばが公表された。歴史学者で皇室制度に関する有識者ヒアリングのメンバーでもある山内昌之氏が、そのおことばのポイントが何であり、それを私たち日本国民はどう受け止めるべきなのかを解説する。今回のメッセージで特徴的だったのは、在世中の譲位を言外に含めつつ、「天皇の終焉」や「老い」による公務の難しさに触れたことだった。(全3話中第1話)
時間:11:28
収録日:2016/08/09
追加日:2016/08/12
タグ:
≪全文≫

●8月8日のビデオメッセージ


 皆さん、こんにちは。皆さんもご存知のように、2016(平成28)年8月8日月曜日の午後3時に、今上天皇、すなわち現在の天皇陛下は、今の心の内をビデオメッセージとして、国民に対し広くお語りになりました。天皇陛下のこのおことばは、平成という時代を次の時代へと区切り、そして次の時代へと継承することになるような、大きな節目になるおことばではなかったかと思います。そしてそこでは、将来のご退位、あるいはご譲位に関わる可能性を含むおことばも、事実上含まれていたかのように思われます。

 今上天皇の28年間にわたるご在位の間のご苦労について、ほとんどの国民が実感をもって理解あるいは共感できるようなお気持ちの表明ではなかったかと私には思われます。天皇陛下は、憲法に規定された象徴としてのお立場を忘れずに、「個人的に」という限定の下で、人間天皇の心の内面を、個人として率直にお語りになりました。私はこのおことばを伺っていて、2011(平成23)年の東北地方・太平洋沖大震災の折のビデオメッセージ以来の感動・感銘を受け、かつ緊張感を覚えました。


●「象徴としての天皇」の到達点


 象徴天皇の地位に関わるご発言には、大変重いものがありました。天皇陛下が仰ったのは次のことです。まず個人として、二度の外科手術を経験し、加えて高齢化によって体力の低下を覚えるようになったということについて、率直に言及されました。そして「齢80を超え、健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時」という表現を使い、これまでのように、全身全霊をもって象徴天皇のお務めを果たしていくことが難しいのではないかということを、国民に向かって語られたのです。

 さらに天皇陛下は、これまで国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えてきたと同時に、国民の悲しみの時も、あるいは喜びの時も共に過ごしてきたというおことばを私たちに与えてくださいました。天皇の、象徴としてのこうしたご活動やご努力は、とりわけ日本各地、特に遠隔の地や島々への旅も、ご自身にとっては天皇の象徴的行為として大事であり、大切なものだとお感じになったがゆえのものです。皇后陛下とご一緒に、「象徴天皇とは何か」、「象徴としての行為をいかにすべきか」ということを、日々重ねられるようにして経験され、そして実践してこられました。

 その結果として、形式や姿だけではなく、象徴天皇の具体的な内容、そしてさらにそこに魂というものが吹き込まれることで、その存在は今でも、私たち自身の日常生活に欠かすことのできないものとして、広く敬愛と尊敬の対象になってきました。天皇陛下ご自身が、国内のどこにおいてもその地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人たちがいることを認識したと仰っていることは、非常に大事なことです。

 私たちを含め、地域を一生懸命支える市井の人間たちが、それぞれの生活の場所や勤労の空間において、社会を支え、社会のために働いている。そういう人間がいるということを、天皇陛下はつぶさにご覧になりました。そうしたご行為との関連で、国民のためを思い、国民のために祈るという役目を、天皇陛下は担ってきました。だからこそ天皇陛下は、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは「幸せなことであった」という、ある種の達成感、ご自分が象徴天皇として目指してきたことの到達点を、率直に披瀝されたわけです。


●天皇の「高齢化」問題


 問題は、天皇が高齢化することで、「老い」というものを等しく国民と同じように迎えられている点にあると思います。平均寿命は、男女共に平均して83.7歳になりました。現代社会の最大の問題である高齢化の状況において、天皇陛下もまた人間であり、その高齢化の中で、象徴天皇としてのお務めを十二分に果たすことができるかどうかについて、率直にかつ真摯に向かい合った。生涯の終わりに至るまで天皇を務めることが、どういう意味を持つのかを考えてきたのだと拝察します。

 摂政を置けばいいのではないか、という説もありますが、その場合でも、天皇はその地位にとどまります。そしてそのお立場でずっと仕事をしていくということが変わらない以上、摂政が置かれたからといって、責任感と義務感の強いお方が「ご自分の公務が軽減される」、あるいは「終わる」などと考えるわけはないことを、私たちは理解することができました。天皇という地位にとどまる限り、そこでは必ずや将来も、責任感と義務感が付随することを、私たちは今や思い知ったわけです。


●「天皇の終焉」を危惧する


 また天皇陛下は、「天皇の終焉」という表現を使われました。そうした事態が生じれば、大変重い殯(もがり)の行事がほぼ2カ月にわたって連日続き、その後葬儀に関連する行事が1...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。