10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

どの国にも民族のプロトタイプのような政治家がいる

インテリジェンス・ヒストリー(9)国民性の研究

中西輝政
歴史学者/国際政治学者/京都大学名誉教授
情報・テキスト
それぞれの国には、それぞれの国の国民性を代表するような政治家がいる。たとえばイギリスにおけるハリファックス卿などは典型的な事例といえる。インテリジェンスにとって重要なことは、そうした国民性を理解することである。(全11話中第9話)
時間:09:27
収録日:2017/11/14
追加日:2018/06/24
ジャンル:
≪全文≫

●どこの国にも民族のプロットタイプみたいな政治家がいる


中西 1930年代のイギリス保守党の政治家に、ハリファックス卿という人物がいました。ネヴィル・チェンバレン後の総理大臣になるとまで言われた人ですが、結局総理の座をウィンストン・チャーチルに譲って、自分はアメリカ大使になりました。宥和政策派として有名で、アドルフ・ヒットラーと手を結び、ヒットラーとスターリンに戦争させるのが一番だという路線でした。チェンバレンの宥和政策を共有していたのですが、チャーチルが頭角を現すと彼に譲ったのです。

 イギリスの政治貴族の世界は、そういういわゆる腹芸の世界です。何代も前にさかのぼると、名誉革命を実行した家系につながっています。自分たち貴族の階級支配を続けるためには、王様でも売り飛ばすという、それぐらいの国家観の持ち主なのです。融通無碍というのか、平気でいろんな取引ができる人でした。

 ヒットラーともすごく良い相性でした。何度も会いにいって、肝胆相照らしましたし、ヒットラーは話の分かる人物だからミュンヘンに行けとチェンバレンに勧めたのも、みんなハリファックスです。政治を裏で動かすというほどの辣腕(らつわん)ではなかったかもしれませんが、そういう哲学の持ち主でした。

 しかも、相手を説き伏せたり、引き付けたりする力がものすごくあります。チャーチルがハリファックスをアメリカ大使としてワシントンに送りましたが、フランクリン・ルーズベルトは当初、ものすごい不信感を抱いていました。こんな宥和政策派を送ってきて、どういうつもりだと感じていたのです。しかし、あっと言う間にハリファックスのとりこになってしまいました。

 アメリカのマスコミ、メディアも、最初は悪名高い人物だと評していたのに、いつの間にかすぐにハリファックスファンになっていたのです。アメリカにおけるイギリス諜報部であったBSC(ブリティッシュ・セキュリティー・コーディネーション)が活躍できたのも、ハリファックスがその地盤づくりに貢献したからです。

 確かにハリファックスは得体の知れない人間ですが、18世紀ぐらいからイギリス政治史を見てくると、大貴族の政治家にはこういったパターンが必ず登場します。二階氏のような政治家も、日本政治では典型的なパターンの一つとして、ずっと存在してきました。例えば、大野伴睦などはそうでしょう。

 彼らは、それぞれの国の文化や歴史に根差した民族のプロットタイプのような政治家です。そういう人は、どこの国にもそれぞれいます。政治はそういうことでないと動きません。


●民族の典型的な人間像をつかめば、行動が予測できる


中西 話は飛びますが、スパイゾルゲについて考えてみてください。ゾルゲが日本に来て、熱心に学ぼうとしたのは、こうしたことだったのです。ゾルゲは日本の政治に手を突っ込んで動かそうとしますから、日本人をまず研究しなければなりません。「古事記」や「日本書紀」から、日本人のメンタリティーや精神構造、人間関係の基本的な捉え方を非常に綿密に勉強しました。これはドイツ人らしいですよね。近松門左衛門の小説の翻訳がないかといって、尾崎秀実に図書館に行かせて調べさせたりもしました。

 日本人というものを理解できれば、日本民族の典型的な人間像を持つことができます。そうすると、その人の行動様式が予測できるでしょう。工作したり、スパイをしたりするのに最も効果的です。

 こうした方法をゾルゲは、カール・ラデックという人物から学んだと言われています。ラデックはエドワード・ルトワック氏と同様、ユダヤ系の大変な知識人でした。出身も同じで、西ウクライナやルーマニア、バルカンあたりのジューイッシュルーツです。頭がものすごく良くて、ソ連が生んだ最高の知性です。共産党コミンテルンのプロパガンダ部門の責任者でしたが、日本のことを唯一よく知っている人間でした。32年テーゼを書いたとも言われています。公式には来日経験はありません。日本語もちろん読めません。しかし、ゾルゲも日本語はたいして読めませんでしたが、徹底してコンセプチュアルに日本人を理解しよう、民族のプロットタイプをつかまえようとしたのです。そうすると行動が予測できるからです。


●二階氏は最も典型的な日本人性を持っている


中西 ですから、日本の政治を観察する欧米人は、今でも二階俊博氏のようなタイプの政治家に一番興味を持つでしょう。それは彼が現実を見ており、一番効果的で力があるからだけではありません。二階氏は日本人の基本構造にとって、最も代表的、典型的な日本人性を持っているからです。

 欧米の学者は戦前の政治家にしても、例えば久原房之助をよく調べます。間違えても浜口雄幸や幣原喜重郎などは調べませんね。彼らにとっては、日本の土壌の香...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。