10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイは、二重、三重スパイにならざるをえない

インテリジェンス・ヒストリー(10)情報官・杉原千畝

中西輝政
歴史学者/国際政治学者/京都大学名誉教授
情報・テキスト
かつての外務省には、情報という仕事に驚くほど熱心に取り組んだ人びとがいた。杉原千畝は命のビザで有名だが、むしろ彼は戦前の優れたインテリジェンスオフィサーだった。歴史学者で京都大学名誉教授の中西輝政氏が、情報官・杉原千畝について解説する。(全11話中第10話)
時間:07:23
収録日:2017/11/14
追加日:2018/06/27
ジャンル:
≪全文≫

●地域に全身全霊をかけてコミットする外交官が減った


質問 今と昔で日本の外交官、大使はどう変わったのでしょうか?

中西 今では大使というと、事務処理係の責任者にすぎません。しかし、戦前の外務省には赴任国に5年も6年もいて、現地の言葉で人びとと付き合っているような人がいました。いわゆる口頭試験を受けて外交官になったいわゆる「科挙組」とは違う、叩き上げの外交官です。

 今では試験制度も変わりましたし、そうした人は減りました。地域専門官や、昔で言う中級試験の人、あるいは語学研修から上がった人でも、国家公務員Ⅰ種を通過した人と変わりません。みんな、どこかサラリーマンの事務処理係みたいになってしまっていて、地域のことに全身全霊をかけてコミットしている人は減りました。日本の外務省はそうした意味で、戦前の方がやはり力があったでしょう。こうした人材が日本を大きく支えていたのだと思います。


●杉原千畝はものすごい情報官だった


質問 かつての外務省には、インテリジェンスがたくさんいたのですね。

中西 非常にレベルの高い人がいました。もちろん陸軍にもいたでしょう。彼らの情報という仕事にかける熱心な取り組みには、驚かされます。

 例えば、杉原千畝はもともとハルビン学院出身の語学外交官です。彼が偉いのは、命のビザといったことだけではありません。あれは一時の話です。むしろ本当に見るべきところは、彼がものすごい情報官だったということです。情報のインテリジェンスオフィサーです。そもそも終戦で日本に帰ってくる時に、ソ連を通って帰ってくるでしょうか。彼だけ遅れて、単身で大陸を横断しているのですが、普通はそんなことはできるはずがありません。戦前に満州国の外交官として、東支鉄道の買収などでソ連外務省と丁々発止にわたりあい、関東軍の情報部でも機密情報の面で軍と協力していました。

 彼はコーカサスの分離独立運動にまで関わっていたのです。ソ連の人民の敵です。そんな人が、いくら敗戦国になったからといって、ソ連を通過して無事に日本に帰ってこられるはずはありません。ところが正式のビザで通ってくるわけですから、不思議です。

 しかも戦後、あれほど早い時期にモスクワに何カ月も滞在していますが、もし札付きの戦犯だったら普通、商用ビザは下りません。しかし戦犯にもならないし、ソ連代表部もGHQを通じて逮捕依頼をしていません。しかし、普通なら逮捕でしょう。ハバロフスクへ引っ張っていって、C級裁判にかけられていたはずです。収容所に入れられれば、ほとんどみんな死んでしまいます。

 さらに、亡命者の自供を見ていても、杉原千畝らしき人物が登場します。日本の外務省職員として満州国に出向している中で、ロシア語がものすごく堪能な人が3人いたといったことを、亡命者が自供しているのです。誰か当てはめてみれば特定できるでしょう。

 戦後は長い間、外務省が杉原を復帰させませんでした。長い間というよりも、ずっとですね。あれは命のビザの問題ではなく、恐らくGHQを通じてなのか、戦前から外務省内にそういううわさがあったのか分かりませんが、それで避けたのだと思います。


●スパイは、二重スパイ、三重スパイにならざるをえない


中西 インテリジェンスの世界では二重スパイ、ダブルは当たり前で、トリプルもいます。野坂参三のように左翼の親玉になると、トリプルではきかないでしょう。ゾルゲだって、恐らくイギリス情報部とつながっていて、情報を流したりもらったりしていました。スターリンはそれを疑い、ゾルゲを召喚して殺そうとしたのです。だからゾルゲはロシアには帰りませんでした。最後までスターリンはゾルゲの情報を信用していませんでした。

 しかしスパイは、二重スパイ、三重スパイにならざるを得ません。自分がスパイだったら、どうするか考えてみてください。つかまってしまっても身の安全を保つためには、やはり両方と協力して、両張りするしかありません。職業スパイはほとんどダブル、トリプルなのです。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。