10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクワクに向かうエネルギーには「引き寄せの法則」が働く

感じる力(2)直感の育て方

情報・テキスト
『だから、本音がいちばん! 本音こそ直感、宇宙からのメッセージ』
(浅見帆帆子著、朝日新聞出版)
「ワクワクできることだけがうまくいく」という。それはなぜなのか?そして、直感力を磨く方法である「宣言」と「お試し」とは?作家・浅見帆帆子氏が独自の成功メソッドを伸びやかに語る。
時間:13:56
収録日:2015/01/27
追加日:2015/03/14
『だから、本音がいちばん! 本音こそ直感、宇宙からのメッセージ』
(浅見帆帆子著、朝日新聞出版)
「ワクワクできることだけがうまくいく」という。それはなぜなのか?そして、直感力を磨く方法である「宣言」と「お試し」とは?作家・浅見帆帆子氏が独自の成功メソッドを伸びやかに語る。
時間:13:56
収録日:2015/01/27
追加日:2015/03/14
≪全文≫

●日常の小さなことから試していく


浅見 皆さんに直感の話をすると、いきなり大きなことから試そうとします。例えば、直感で会社を辞めるか辞めないかだとか、新しいことを起こすか起こさないかとか。いきなりそんなことができるわけはなく、もっと日常生活で練習した方がいいと思います。

 極端なことを言うと、今日は何を食べるか、ぐらいの小さなことから、「皆がこっちを選んでいるけど、私は今日はこれがいいな」とか、そういう自分の感覚の通りにしてみる。最初は練習なので、ばかにせず、試しにやっていってみると、「あ、自分の本音の通りに生きるってこんなに気持ちいいんだ」ということが分かってきます。

 その小さなことを普段からやっていると、結構大きな仕事の話がきたときも、「いや、こっちが好きだから」で選べるのですね。

── 直感力も育てていかないといけないのですね。普段使っていないから埋もれてしまっているわけですね。

浅見 もう日常生活が勝負だと思います。

── 小さいときから学習塾に行ったりして、受験勉強から入っているために、本来あったはずの「感じる力」がものすごく弱まっているということですね。

浅見 弱まっていますね。それはやはり、親がその感じる力を失っているからです。そういう親にそのように言われれば、子どもはそうするしか仕方がありませんよね。

── 人生に正解はないわけですよね。センター試験ではありませんから、正解なんてないのに、「これが正解ですよ」と言われてきてしまっているので、一生懸命、正解を頭で考えようとする。そうすると、感性の方がつぶされてきているというのが今の状況ですね。

浅見 そうです。ですから、皆さんによく夢や望みを実現させるイメージトレーニングの話をするときでも、まず「夢を設定する」と言うと、本当に自分のワクワクすることを夢に設定していないお子さんが多いのです。

 なぜそれがやりたいのかを探っていくと、結局、親からそれが幸せだと言われていたから、自分はそれが好きなのだろう、と思い込んでいるのです。夢を実現させるとき、やはり最初のイメージトレーニングがすごく大事なのですが、そのイメトレをやるときに、ワクワクしていません。苦しいわけです。ですから、イメージも鮮明ではありませんし、いざ進み出すと苦しくなってくるのです。その状態でも、頭のいい子は達成できてしまいます。しかし、達成できても、本当にワクワクすることではないから、社会に出て何年か経ってから、「これは自分の本当にやりたいことじゃない」となって、次の幸せ探しを始めてしまいます。ですから、本当に自分の心がワクワクすることを選んでいくことがすごく重要です。


●ワクワクすることだけがうまくいく


── それにはやはりトレーニングが必要なのですね。「ワクワクすることを言ったら恥ずかしい」とか、「こんなことを言ったらばかにされるんじゃないか」と、最初から抑えているわけですよね。ですから、「夢」と言われたときに、とりあえずこのくらいだったらいいだろうと、ずば抜けて天井を高くして描く夢はなかなかない、となる。それはやはり、潜在能力、潜在意思の本能から出ていないから、その段階でもうすでに自分をごまかしてしまっているのですね。

浅見 本当にそうだと思います。自分の潜在意識や本音から出た夢は、ものすごく巨大なことでも、妙にワクワクするじゃないですか。方法など分からないし、どこから手をつけていいかも分からないのです。...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。