10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

監督の仕事は、自分の言葉で伝えること

清宮克幸の「監督術」(6)伝える力でチームを変える

清宮克幸
ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロ 監督
情報・テキスト
早稲田大学ラグビー部でも、ヤマハ発動機ジュビロでも、監督としてチームをどん底から頂点に導いた清宮克幸氏。この一年でその指導の仕方は大きく変わったという。選手やコーチという人材を生かしてチームを育てる。そのために清宮氏が監督として心掛けたこととは。清宮氏による「監督術」シリーズ第6回。
時間:08:42
収録日:2015/04/09
追加日:2015/07/23
早稲田大学ラグビー部でも、ヤマハ発動機ジュビロでも、監督としてチームをどん底から頂点に導いた清宮克幸氏。この一年でその指導の仕方は大きく変わったという。選手やコーチという人材を生かしてチームを育てる。そのために清宮氏が監督として心掛けたこととは。清宮氏による「監督術」シリーズ第6回。
時間:08:42
収録日:2015/04/09
追加日:2015/07/23
≪全文≫

●監督の仕事は、自分の言葉で伝えること


── 清宮さんは、当時どん底だった早稲田大学のラグビーをよみがえらせ、今回、やはりどん底で入替戦をしなければいけなかったヤマハ発動機ジュビロというチームを変えていかれました。その中で培われたプロフェッショナルとしての監督業を通して、リーダーとはどういうものを持っていなければいけないと思われますか。

清宮 僕もよく考えるのですが、今年のチームで、僕が選手たちに与えたものの中で一番大きなものは、やはり「伝える力」ですね。「俺たちは、こうしたいんだ」「こうするためには、ここが必要なんだ」、そして「これがこうなったら、こういうことができるんだ」ということを、本当に選手に分かりやすく伝えていくことが、僕の仕事だったのだなと思います。

 例えば、まずい試合をしたとき、終わってから「お前、何やってんだ」と言って、これがどうした、こうした、ああしたなどと注意することは誰でもできます。ただ、「これは悪いプレーだ、これをよくしよう」と言っている限り、永遠と同じことを繰り返すだけなのです。自分たちはどうなりたいのかというところをしっかり伝えることで、本当に選手たちの根っこから変えられるのではないでしょうか。

── 現象面だけで、これが駄目だ、あれが駄目だと言っている限りは、いつまでたっても進展せず、根っこから変えることはできない。どうなりたいのか。どういう方向で俺たちはやっていくのか。そういうことを伝えるのが、非常に大事なのですね。

清宮 そう思います。僕以外にも優秀なコーチが居て、テクニカルな部分では、そういうコーチたちも発言をしますし、指導もして改善をします。そのような中で、僕が僕である理由、必然とは、そういうコーチたちが伝えようとしていることを自分の言葉に換えて、分かりやすく選手に伝えることなのかな、と一年かけて思いました。

── そういう思いがないと、「伝える」という形の集中力がどっと出てこないわけですね。つまり、コーチたちが教えていることを、トータル的に分かりやすく言い換えるときの言葉が出てこないということですね。

清宮 それが、僕の今年一年の仕事だったかなと思います。


●コーチたちの話を短くまとめるスタイルに


── 早稲田の時もそうしていたのでしょうか。

清宮 いや、早稲田の時は、もっと自分でやっていましたね。

── スタッフが居ないから、やはり自分でやっていたのですね。

清宮 スタッフは居ましたけれども、そこまでコーチたちに責任を与えていなかったのですね。

── ましてや、ヤマハと早稲田ではプロの組織と大学ですから、全然違いますよね。

清宮 例えば、ハーフタイムでロッカーに戻ってきた選手に、前半戦を終えて後半戦で何をどう変えていくのか、それを伝えるための時間が10分間あります。この時が、監督やコーチたちの仕事で、見せ場なのです。過去の僕なら、おそらくいろいろな選手に声を掛けたことで情報を伝えたつもりになり、10分間本当に働いたつもりになっていたのですが、今はそうではありません。

 今、僕が出ていくのは、各コーチやリーダーたちが話していることを聞いてから、それをまとめて伝えるための30秒ぐらいだけなのです。ハーフタイムに僕が伝えることは、本当にシンプルに「これだけはやろう」といったことを一つか二つだけです。そのように変わったのも、今年からかもしれません。

── 長谷川慎さんがフォワードコ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。