10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

決断主義的な主権者性を天皇に期待していたことの矛盾

吉田松陰の思想(下)松陰の思想の中核(2)国体と天皇

中島隆博
東京大学東洋文化研究所 副所長 教授
情報・テキスト
松陰神社
吉田松陰の『講孟余話』は、孟子の革命観を否定しつつも、当時の徳川政権を批判する可能性を残していた。さらに松陰は、天皇に決断主義的な「主権者」像を提示した。守旧的な「国体」論者から積極的な政治的統治者へというラディカルな松陰像の転換を、野口武彦氏の著作を手引きに、東京大学東洋文化研究所教授・中島隆博氏が描く。シリーズ「吉田松陰の思想」第7回。
時間:10:16
収録日:2015/02/26
追加日:2015/08/03
≪全文≫

●松陰の兵学眼があってこそ


 それでは『講孟余話』に入りたいと思います。吉田松陰は、安政2(1855)年6月に野山獄で『孟子』の輪講を開始し、翌安政3(1856)年3月に講読を終了したそうです。『講孟余話』、別名『講孟箚記』は、安政3年6月に完成していますので、読み始めてわずか1年で書き切った本ということになります。

 管見の限りでこの『講孟余話』について深く切り込んだのは、野口武彦先生の本だろうと思います。『王道と革命の間 日本思想と孟子問題』(1986年)という本です。この中で野口先生は、松陰にとって孟子の思想とは何だったのかということに相当深く踏み込んでいます。野口先生の議論を簡単に紹介したいと思います。

 “松陰が『孟子』を読みやぶったのは、よくいわれるように国体論の一点にあったのではない。その炯々(けいけい)たる兵学眼(※1)が『孟子』の行間紙背をつらぬいたところにこそ、この経学書(※2)をそれ以上にアクチュアルな書物として読みぬいた秘密があったのである。”
 ※1:吉田家を継ぐ時、吉田松陰は兵学を修めていたが、それに触れて「その炯々たる兵学眼」と言っている。
 ※2:『孟子』のこと

 これは非常に面白い捉え方だと思います。野口先生は他にも、『江戸の兵学思想』(1991年)という本を書いていて、そこでも松陰を扱っていますので、詳細はそちらをお読みいただければと思います。


●新しい性質の「革命」の問題提起


 あと二つ、読みたいと思います。国体の問題、そして革命の問題に触れたところで、野口先生はこんなことを言っています。

 “日本の朝廷は、天照大神の子孫が天壌無窮に皇統を伝えているものであって、天が命じ、また天の廃した前王朝を討って易姓革命を行う中国とは異なる。ここまでの主張は、同時代の水戸学にもあった皇朝主義的歴史観の考え方である。しかし、松陰の思考の特色は、彼我の差異(※1)をもはや普遍的な可否の問題としては考えず、漢土(※2)の易姓革命論のことは当初から議論の埒外におくというかたちで、比較それ自体を拒否しながら出発した点にある。そして、そのことは、松陰がここにまったく新しい性質の「革命」の問題を提起しつつあることを意味している。「征夷をして足利氏の曠職(こうしょく)(※3)の如くならしめば、直ちに是れを廃するも可なり」。これは明らかに、現徳川政権に対する討伐権保留の言説ではないか。「国体」の異同を論じつつ、実質的な支配権力の廃絶もまた可なりとする思想。これがすでに討幕の論理を萌芽的に内在させていることは、疑いを容れない。”
 ※1:中国と日本の差異のこと。
 ※2:中国のこと。
 ※3:職務怠慢のこと。

 やや分かりにくい言い方だと思いますが、後で詳しく見るように、一方で松陰は、孟子が予想している易姓革命を否定します。それは、日本には当てはまらないというのです。ここには、水戸学の影響が見られます。水戸学では皇統が天壌無窮に連なっていることを前提にしていますので、易姓革命を持ち出してくるのは具合が悪いわけです。

 しかし、革命に関して松陰が全く触れていないかというとそうではありません。引用にもあった通り、天皇の統治という大きな正統性の中での革命は可能であるという言い方をしています。野口先生はその点を指摘しているのですが、先ほど述べたように、もしかすると松陰はその考え方にもとどまっていないのではないかと私は思います。最終的には、天皇の皇統に支えられた...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。