10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

丸山眞男が吉田松陰に見出したナショナリズム

吉田松陰の思想(上)松陰像の変遷(4)宗教性とナショナリズム

中島隆博
東京大学東洋文化研究所 副所長 教授
情報・テキスト
さまざまな吉田松陰像に共通するのは、絶対的な者に対する没我、すなわち宗教性である。それが戦前では熱狂的な国家主義に「悪用」されたが、それを超えた「健全なナショナリズム」へと進む可能性もあったのではないか。奈良本辰也氏の著作、丸山眞男氏の論文を手引きに、東京大学東洋文化研究所教授・中島隆博氏が、松陰の思想の知られざる潜在性を明らかにする。シリーズ「吉田松陰の思想」第4回。
時間:13:00
収録日:2015/02/26
追加日:2015/07/23
タグ:
≪全文≫

●奈良本辰也の松陰像(2)松陰の中の宗教性


 ところが、奈良本辰也先生が『日本の思想 吉田松陰集』(1969年)をまとめた際に出された松陰像は、それまでとはまた違う松陰です。これは非常に面白い松陰像ですので、紹介したいと思います。こんなことを言っています。

 “むしろ非合理的なもの、神秘的なものこそが、その中心にこなければならないのである。ヨーロッパならば、キリスト教の神がその中心に座を占めることができた。しかし、わが国では宗教はあまりにみじめにたたきのめされていたのだ。近世の儒教的インテリゲンチャーは、すべて無神論であり、排仏論者であった。人々が頼るべき神々の多くは、ただ世俗の信仰として、大衆のなかに眠っていたのである。

 だから、松陰の思想が人々の上に絶対的な統一の原理を探り出そうとすれば、そのような神話であり、天皇の絶対的な信仰であった。”

 もちろん、松陰の国体の思想は喧伝されていくわけですが、その松陰の中にある種の宗教性を見ると言っているのです。それが、ある方向に強調されることで、熱狂的な国家主義につながっていったのだと書かれています。しかし、同時に、別の方向に行くこともできたのではないか。おそらくそういう感覚を、奈良本先生は持っていたのだろうと思います。

 私は、これが非常に大事なポイントだと思っています。時務を論じたり、教育家であったり、歴史家であったりする、それはそれで、松陰の像を表していると思うのですが、だとすれば松陰がなぜあそこまでパッショネイト(熱狂的)な仕方で状況に介入していくのかという疑問に対する根拠がないといけないと思うのです。

 奈良本先生が考えたのは、ここではキリスト教の神に匹敵するものだと言っていますが、何らかの宗教性が松陰にはあったのだろうということです。ところが、その宗教性を、日本は江戸の末期や明治でもそうでしたが、抑圧をしていました。松陰はそこに触れていたのではないか。それが悪い方向に行ってしまうと国家主義になってしまうが、そうならないやり方もあったのではないのかということです。これは、重要な指摘だと思っています。


●丸山眞男の松陰論─ナショナリズムとして読む


 このことは、実は丸山眞男の松陰論にも関わってきます。あるいは、丸山の松陰論から奈良本先生が影響を受けた可能性の方が、私は大きいのではないかという気もしています。というのも、丸山は『忠誠と反逆』(1960年)という論文で、このようなことを書いているからです。

 “本来の封建的忠誠と天皇に転移した忠誠とが一つの魂の中でせめぎ合っている苦悩”

 丸山は、「本来の封建的忠誠と天皇に転移した忠誠」、松陰の場合は長州藩、すなわち毛利に対する忠誠と、天皇に対する忠誠の二つが、「一つの魂の中でせめぎ合っている苦悩」というものがあったのだと言っています。最終的に松陰の場合は、その忠誠の相克というものが突破されていき、天皇への忠誠に一元化されていくという話なのですが、そこで丸山はこう言っています。

 “天皇への忠誠は「どこまでも生き生きとした人格的忠誠」であり、そして「宗教的絶対者に対するような没我的傾倒」がある。”

 丸山は、このように松陰を論じているのです。この論文が発表されたのは1960年で、奈良本の最初の松陰論は1951年のものです。そして『日本の思想 吉田松陰集』の出版が1969年ですから、丸山の論文はその中間期に当たります。ですから、丸山が提示した松陰像が奈良本とも共有されていったのではないか。そんな気もするのです。

 せっかく丸山に触れましたので、丸山の松陰像をもう少しお話ししたいと思います。実は丸山は若い頃、『国民主義の「前期的」形成』(1944年)という論文で、ナショナリズムとして松陰の思想を読むという議論を展開しています。これは非常に丸山らしく、目の付けどころが良い論文だと思います。丸山が言っているのは、次のようなアイデアだと思います。

 つまり松陰は、公武合体的な挙国一致を考えていたということです。そういう意味で松陰は穏健、穏当な時務論を展開していたということなのでしょうが、丸山はとりわけ「挙国一致」ということを強調し、ある種のナショナリズムを松陰に見ます。丸山は、必ずしもナショナリズムのことを悪く言っているわけではありません。反対に、健全なナショナリズムこそ大事だと擁護する人なので、国家主義的なものとは少し違います。丸山は松陰に、そういうナショナリズムの前期的形成を見ようとしていたのです。

 ところが、井伊直弼がタウンゼント・ハリスとの間で勝手に日米修好通商条約を調印してしまったため、松陰は一挙に...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。