10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
普天間朝佳

普天間朝佳

ふてんまちょうけい

ひめゆり平和祈念資料館館長
1959年沖縄県生まれ。
琉球大学法文学部卒。
1989年採用、学芸課長、副館長を経て、2018年4月より現職。

ひめゆり平和祈念資料館は、日本軍の看護要員として沖縄戦に動員された「ひめゆり学徒隊」の資料館。
元ひめゆり学徒ら戦争体験者が設立・運営してきた資料館で、初めての戦後生まれの館長となる。
沖縄のすべての学徒隊を取り上げた「沖縄戦の全学徒たち」展(1999年)、「ひめゆり学徒の戦後」展(2003年)など、非体験者の視点で展示会を企画・開催。2000年以降、元ひめゆり学徒とともに、戦争体験を伝える活動を体験者から非体験者へ引き継ぐ「次世代プロジェクト」に取り組んできた。
『ひめゆり平和祈念資料館資料集4 沖縄戦の全学徒隊』(2008年)、「ひめゆりの心―ひめゆりが伝えてきたもの、伝えていくもの」『思想』2015年8月号岩波書店、『沖縄県史 各論編6 沖縄戦』の「学徒隊」を執筆(2017年)。

講義

沖縄戦に動員された「ひめゆり学徒隊」の記録

ひめゆり学徒隊と沖縄戦、その記憶と記録(1)学園生活

1989(平成元)年6月に開館したひめゆり平和祈念資料館(沖縄県糸満市)は、太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、多くの女学生が亡くなった「ひめゆり学徒隊」の体験を伝...
収録日:2018/06/28
追加日:2018/08/01

ひめゆり学徒隊の生徒たちが戦場で体験したこと

ひめゆり学徒隊と沖縄戦、その記憶と記録(2)陸軍病院への動員

ひめゆり学徒隊の構成員は15歳から19歳の女学生。今と変わらない学園生活を送っていた彼女たちが、戦争が始まると戦場の病院に駆り出される。そこに建物はなく、地下の...
収録日:2018/06/28
追加日:2018/08/01

戦争の記憶と記録を語り継いでいくことの大切さ

ひめゆり学徒隊と沖縄戦、その記憶と記録(3)理念の継承

元ひめゆり学徒隊の生存者を中心に設立・運営されてきたひめゆり平和祈念資料館は今、世代交代の時期を迎えている。今年(2018年)4月に戦後世代として初めてひめゆり平...
収録日:2018/06/28
追加日:2018/08/01

近いテーマの講師一覧

本村凌二

東京大学名誉教授博士(文学)

渡邉義浩

早稲田大学文学学術院 教授

早乙女勝元

東京大空襲・戦災資料センター館長/作家

山内昌之

東京大学名誉教授歴史学者武蔵野大学国際総合研究所特任教授

田口佳史

老荘思想研究者

鈴木康友

浜松市長