10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが皆、菩薩になれる!大事なのは布施を心掛けること

東大寺建立に込められた思い(7)「無財の七施」

北河原公敬
東大寺長老
情報・テキスト
聖武天皇が目指した菩薩は、現代でも可能なものだ。東大寺長老・北河原公敬氏はそう語る。そのために必要なのは、見返りなど期待せず、他者に手を差し伸べることだ。それは毎日の、ほんの少しの心掛けでよい。東大寺建立の思いを語ってきた北河原氏が、現代にも通じる「施し」の極意を伝授する。(全7話中第7話)
時間:14:15
収録日:2016/03/08
追加日:2017/01/07
タグ:
≪全文≫

●手の差し伸べるときに大切なのは、「見返りを求めない」ことだ


 われわれも皆、菩薩になれるのです。誰でもなれるのです。それは、心掛け次第です。東北の震災から5年たちましたが、あの時に、あれだけの大勢の人々が菩薩の心を発揮され、ボランティアという形で活動されました。自分とは本当は関係ないけれども、被害に遭った人たちに手を差し伸べられて活動をされました。あの思い、あの心は、素晴らしいことだと思います。そのことを、日頃の行いにも活用していただく。

 そのことで皆さまにお勧めするのは、簡単なことです。菩薩とは手を差し伸べるものだと言いました。あるいは、相手を思いやることです。一方で「施し」という字がありますが、あれは布施行、布施なのです。

 布施とは、町寺さんだったら「お布施」という言葉もあり、もちろん金品のことも言いますが、元来は施しのことです。つまり施すとは、手を差し伸べるということなのです。相手の立場に立って、何かをすることです。

 施しは、決して見返りを求めるものではありません。見返りを期待してするものではないのです。対価を期待してするものではないのです。施しは、捨て去ることと同じです。「これをしてやるから、何かをくれよ」とか「お前が何かしろよ」というものではないのですね。あくまでも布施、施しは、対価を期待するものではないのです。

 ボランティア活動もそうですね。見返りを得るためにボランティアに行くわけではありません。助けに行く、手助けするのも、菩薩であり、布施行なのです。この布施行を普段から心掛けるということが大切です。そうすれば、菩薩の心、菩薩の精神、そういうものも、自ずと身に付くといわれます。


●「無財の七施」のススメ


 そのために、よく勧められることがあります。それが「無財の七施」といわれるものです。「七つの施し」ともいいますが、無財とある通り、お金は要りません。心掛けでできる施しです。それを日頃から、私たちが心掛けていれば、自然と菩薩の気持ち、心、菩薩の道、それが養われるといわれます。眼施、和顔施、言辞施、身施、心施、床座施、房舎施の七つです。これを普段から実践していれば、菩薩の心が養われるのです。

 最初は、眼施(げんせ)。眼です。もうお分かりの通りだと思いますが、人と接したとき、相手を睨みつけていたのでは、相手だって睨み返してきます。しかし優しい眼差しで人と接すれば、相手も優しい眼差しで返してくれます。それはお分かりになると思います。当然ですね。自分が睨みつけたら、相手だって睨み返します。睨みつけられてニコニコしているわけはありません。これはそういう施しです。

 和顔施(わがんせ)。これもお分かりでしょう。和顔施とは、人と会うときにはにこやかな顔、笑顔で接するということです。怖い顔をして接したら、相手も怖い顔になります。あるいは、難しい顔をしても同じです。もちろん、自分自身、気分の悪いときもあります。上司に叱られたという場合もあるかもしれません。だからといって、それに関わっていない相手にとって、そんなことは全く関係ありません。そこで難しい顔をしたり、怖い顔をしたりしていたのでは、相手も気分を悪くします。そういうときにこそ、笑顔で、あるいは柔和な顔で接する。そういう施しです。これを和顔施といいます。

 言辞施(ごんじせ)も、お分かりでしょう。言葉、言葉遣い、言葉掛けです。コマーシャルも出すような、ある大きな会社の社長さんが、たまたま私に言われました。電話の応対のことです。会社にかかってきた電話の応対で、非常に失礼な応対があったそうです。そうすると、相手の方はその会社の印象を悪く持たれます。先ほどの話ではないですが、「もちろん気分が悪いときもあるかもしれない。体調が優れないときもあるかもしれない。でも相手の人は、そんなことは全然分かりません。それで電話で応対したときに、相手に非常に不愉快な思いをさせてしまった。いくら立派なコマーシャルを出していても、それで一気に会社の信用がなくなる」と言っていました。電話の応対が、コマーシャルの一番だというような言い方をされていました。とにかく、(肝心なのは、)そうした言葉掛け、言葉遣いのことで、優しい言葉遣い、あるいは丁寧な言葉遣い(が大事だということ)です。乱暴な言葉遣いをしていたら、売り言葉に買い言葉で話にもなりません。そこに気を付けるのが、言辞施という施しなのです。

 それから身施(しんせ)とは、正しい行い、行為のことです。正しい行動です。それからもう一つの心施(しんせ)、これも正しい心持ちのことです。曲がったことや邪なことではなく、善良な心持ちを持つということです。


●もう一度、施しの「思い」を取り戻すべきだ


 床座施(しょうざせ)とは...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。