10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

東大寺建立は、日本人の約半分を巻き込んだ一大事業だった

東大寺建立に込められた思い(6)大国家プロジェクト

北河原公敬
東大寺長老
情報・テキスト
東大寺の建立には、なんと当時の日本人の約半数が関わっていた。これほどの一大プロジェクトはそうあるものではない。東大寺長老・北河原公敬氏の解説が物語るように、東大寺はまさに国力を結集して完成したものだった。多くの人が自ら関わり、そして他者と共に幸福を願う。これこそが、聖武天皇が込めた思いだった。(全7話中第6話)
時間:08:25
収録日:2016/03/08
追加日:2016/12/31
東大寺の建立には、なんと当時の日本人の約半数が関わっていた。これほどの一大プロジェクトはそうあるものではない。東大寺長老・北河原公敬氏の解説が物語るように、東大寺はまさに国力を結集して完成したものだった。多くの人が自ら関わり、そして他者と共に幸福を願う。これこそが、聖武天皇が込めた思いだった。(全7話中第6話)
時間:08:25
収録日:2016/03/08
追加日:2016/12/31
≪全文≫

●鎌倉時代以降も「一枝の草」の精神は維持された


 東大寺は鎌倉時代に復興されたのに、戦国時代になってまた灰燼に帰すのです。ご承知のように、戦国時代には幾つもの大名があちこちにいましたが、その戦乱に巻き込まれます。中でも、三好・松永の乱で戦に巻き込まれ、東大寺は焼けてしまうのです。

 すると、江戸時代に公慶上人という方が復興に携わります。資料に書いてあるように、この方も「一針一草を喜捨するは」という言い方をします。やはりこれも、微々たるものであっても良いということです。そういう表現の仕方をしました。

 もちろん東大寺には、有力なところからの勧進なり喜捨なりもありますが、こうやって大勢の人たちの知識や勧進を集めて大仏さまを造られ、そして復興もされてきたのです。皆さまの中でご存知の方がいるか分かりませんが、近年でも、昭和大修理といって、大仏殿の屋根瓦の葺き替え工事をやりました。完成したのは、昭和55年です。その時も、内外を問わず大勢の方々に、ご協力をいただいています。それもやはり、大勢の方々との力を結集してやり遂げるという、聖武天皇からの精神を引き継いできたからなのです。


●当時の日本人の約半数が、東大寺建立に協力をした


 ちなみに、聖武天皇が大仏さまを造られた時の知識の数、すなわち何人が携わったかが、東大寺の上院の「修中過去帳」に載っています。これは、修二会、お水取りの行法でも、毎年読み上げます。ただし、この修二会の行法中で過去帳が読み上げられるのは、5日と12日です。聖武天皇から始まり、そこからずっときて現代、平成まで書き込まれています。それを読み上げるのですね。

 もちろん、それら全てを読んでいたのでは数時間では済みませんから、かなり早く読んでいく部分もありますし、箇所によっては飛ばし読みにもなります。そうでなかったら、とてもではないですが時間内に収まりません。非常に分厚いものですから。ただし飛ばし読みといっても、「これは」という人は必ず読まないといけないことになっています。それまで飛ばしてしまうわけにはいきません。

 ここにも書いてありますように、その中に、材木の協力者、それから人夫やお金といったことが書いてあります。全部で約260万人です。奈良時代で、それだけの「知識」が協力したのです。260万人とは、当時の人口の約半数です。これを聞いたある国会議員の方は「今の時代、日本の人口の約半数が携わる事業など考えられない」と言っていました。当時の人口の半数の人が、呼び掛けに応じてこの事業に関わったのです。それだけご縁がたくさんあるということになります。


●聖武天皇の思いは、全国に「拡散」した


 「一枝の草、一把の土を持て、像を助け造らんと情に願わば、恣に之を聴せ」、そして「国郡等の司」ですが、これは国司、地方の郡司という役人のことです。「此の事に因りて、百姓を侵し擾して、強いて収斂せしむること莫れ」、つまり、国司や郡司が大仏造立を理由に、人々の財産を侵害したり、あるいは税金を高く上げたりなど、そういうことをしてはいけないと、聖武天皇は言われます。大仏を理由にしてそんなことをしたらいけない、ということです。

 そして、「遐邇(かじ)に布告して、朕が意を知らしめよ」ですが、「遐邇」とは、遠く近く、要するに日本全国に、ということで、遠いところにも近いところにも布告して(知らせて)、自分の意を知らしめよ、自分の思っていることを知らせよ、ということです。そこまで天皇は、自...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。