10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアが中東問題で主導権を握るようになった経緯

中東和平とロシア・トルコ・イラン(1)米国抜きの調停へ

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
カザフスタンのアスタナで行われたシリア和平国際会議(2017年1月)
中東和平に向けて、ロシア・トルコ・イランの三国が協力関係を取っている。いったいいつから、中東問題においてロシアが主導権を握るようになったのか。その思惑と今後の展望は何なのか。歴史学者・山内昌之氏に解説いただく。(全2話中第1話)
時間:11:15
収録日:2017/02/09
追加日:2017/03/11
カザフスタンのアスタナで行われたシリア和平国際会議(2017年1月)
中東和平に向けて、ロシア・トルコ・イランの三国が協力関係を取っている。いったいいつから、中東問題においてロシアが主導権を握るようになったのか。その思惑と今後の展望は何なのか。歴史学者・山内昌之氏に解説いただく。(全2話中第1話)
時間:11:15
収録日:2017/02/09
追加日:2017/03/11
≪全文≫

●ロシア・トルコ・イランがシリア停戦を合意した


 皆さん、こんにちは。今日は、最近、ロシアとトルコとイランという三つの国の間にできている誠に不思議な協力関係、あるいは準同盟関係ともいうべき問題についてお話ししてみたいと思います。

 2017年の1月23日から24日にかけて、カザフスタンの首都アスタナにおいて、シリア和平国際会議が開かれました。そこでロシアとトルコは、最近のシリアについての情勢を分析し、イランとともに協力することを約束しました。一年(と数カ月)ほど前に起こったトルコ軍機によるロシア軍機撃墜事件を考えると、隔世の感があります。

 アスタナで開かれたシリア問題についての会議は、武力衝突(内戦)の停止と停戦違反を防ぐことを目的とし、ロシア・トルコ・イランの間で合意が得られたということになっています。

 ロシアがこうしたデリケートな関係性を維持し、シリアの将来における主なアーキテクト(建設者、設計者)になったのは、いかなる思惑なのでしょうか。これについては、過去と現在のパターンをよくよく並べてみますと、ロシアの成功した事例、あるいはそのやり方というものが見えてきます。


●矛盾した政策でグローバル・リーダーシップに向かうロシア


 現在のシリアで、アサド政権に代わって軍事状況を動かしているのはイラン革命防衛隊、実際に戦争の指揮を行っているのはクドゥス(アル=クドゥスはエルサレムの意)軍団だといわれています。2015年7月、このクドゥス軍団長であるガーセム・ソライマーニー氏がモスクワを訪れました。その後にロシアが本格的にシリア戦線に突入することになったわけです。

 ロシアはこれ以降、非常に大胆なシリア政策と戦略を展開しました。オバマ政権に向けて「何よりも休戦に向けて努力しよう」と言うと同時に、オバマ政権の外交努力を無視して戦争の当事国になるという、すこぶる矛盾した政策を取り出したのです。国際関係において、ロシア以外の国はなかなか取ることができない(または、取らない)不思議な政策ですが、ロシアにとっては思惑があります。

 国際連合や国連が支援する「ジュネーヴ・プロセス」、あるいはシリアへの国際支援グループなどをロシアは決して無視したわけではない、そして国連安保理の常任理事国としても国連やアメリカと協力をしている、というポーズを、端的にいえば見せかけ、あるいは装いとして示すことが、第一義にあります。

 第二には、こうしたプロセスを、政治・外交・軍事において同時に進めることによって、「ロシアは、グローバルなレベルにおいて、アメリカと対等な国家である(または、対等な国家に戻った)」ことを(日本も含め)国際世論に見せつけて、それを強く印象付けることが、ロシアの目標であったということです。

 ロシアの戦略はこの間、一貫して成功してきています。ロシアの強い「グローバル・パートナーシップ」ないし「グローバル・リーダーシップ」への復帰を前提にして、中東問題は今、ロシア主導下で進められているのです。アメリカは、オバマ政権末期において、中東における当事者能力をまったく失い、EUもブレグジットや内部対立、ギリシャ問題等々によって当事者たりえない。つまり、中東においてはロシアが独擅場になったということで、それはウクライナ問題においても同様であったのです。

 こうしたグローバル・リーダーシップを背景に、ロシアは日本とも関係調整に入りました。2016年12月から2017年にかけて、ロシアは新しい戦...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。