10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本には国として稼ぐシステムが欠けている!

国を豊かにする方法~今の行政に欠けていること~

澤田秀雄
株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長兼社長 最高経営責任者(CEO)
情報・テキスト
 国の仕事は、税金を取ることではなく、国を豊かにすることであると語り、経済力をつけ、産業を発達させ、税金を減らすことの重要性を説く澤田秀雄氏。そのための方法論として、今の行政に欠けている問題点を指摘する。
時間:06:58
収録日:2014/03/31
追加日:2014/05/22
≪全文≫

●国の仕事は税金を取ることではなく、国を豊かにすること


---- 澤田さんのユニークなところは、政治についてもですが、民を豊かにするといい代官で、民から収奪すると悪い代官だと言うところですね。

澤田 僕はそう思います。だいたい悪代官というのは、昔の本を読むと、いっぱい税金を取るではないですか。

---- それは、今の話でいうと、所得税が上がります、相続税も上がります、消費税も上がります、そして、あらゆる控除がなくなります、ということですよね。結構、悪代官そのものになっているのかなと思いますが、いかがですか?

澤田 そうなりつつあると思います。けれども、悪代官の国が栄えた試しはあまりないですし、栄えてもじわじわと落ちてきますよね。だって国民の年貢をいっぱい取るわけですから。

---- 年貢をいっぱい取ったら悪代官ですよね。

澤田 あまり取りすぎるとそうですね。国を治めるためには、ある程度は仕方ないと思います。けれども、何でも「過ぎたるは及ばざるが如し」で、やはり取りすぎると悪代官だと思います。

---- 五公五民で限界だと思うのです。その限界を今、超え始めています。

澤田 超えると、農民だったら逃げますね。

---- 逃散するか一揆ですよね。

澤田 それか、新しいことを考えて、努力しなくなりますよね。

---- 民を味方にしたほうが、国は栄えますよね。

澤田 僕はそう思います。いかに民を豊かにするか。経済力もそうですし、文化もそうですが、それを上げていくためにお手伝いすることが国の仕事であって、税金を取ることが仕事ではありません。最低限の税金は必要だけれども、どんどん税金を上げてやっていくことは、僕は間違いだと思います。こういうことをあまり言うと嫌われるかもわかりませんけれども。

---- 松下幸之助さんが言っていた「無税国家」ですが、僕は澤田さんにその話を聞いたとき、まったく同じ中身だなと感じました。彼が一貫して言い続けていたことは、「民を豊かにしてあげれば、結果として国は栄えていく」ということでした。「民からたくさんむしり取ると、逃げてしまう、国として滅んでいく」ということです。彼の本にはいろいろなことが書いてありますが、エッセンスはそこです。表現が少し変わりタイトルも違うけれども、澤田さんの言っていることと中身は同じで、彼が言わんとしていたことはそういうことだったのだと、今、非常にわかりやすいと思い聞いていました。

●今の行政に欠けているのは稼ぐためのシステム


澤田 僕は、できる、できないは置いておいて、経済力をつける、もしくは産業を発達させる、そして国を豊かにすることが大事だと思います。ここまで日本は頑張ってきたわけだし、これからも頑張らなくてはいけない。それと当時に税金を減らすことです。そうすると国民も喜ぶ。だから、税金をどんどん減らす。極端にはゼロにしてもいいと思います。もしそれがだめでも、10パーセントか5パーセントにする。
では、その財源をどうするかですが、国を豊かにすれば、所得税や、企業の税金が増えていきます。ただ、それだけでは足らないので、やはり国が稼ぐことです。
今、国で一番良くないのは、行政にはすばらしく優秀な方が多いけれども、その方々は稼ぐことを教えられていません。税金を取ることと使うことは教えられています。それゆえ、行政が、いかに国に分配して、いかに使っていくか、もしくはいかに税金を取るかを考えることはできます。...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。