10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の医療制度の問題は「非効率」「不公平」

少子高齢化と財政の役割(9)医療制度の現状と問題

田中秀明
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授
情報・テキスト
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授・田中秀明氏が、「少子高齢化と財政の役割」のテーマの下、医療制度の問題にメスを入れる。医療はかけた費用と結果が必ずしも比例せず、仕組みも複雑になっているが、やはり問題は日本独自の医療制度にある。総じていえば「非効率」で「不公平」だということだ。(全12話中第9話)
時間:14:51
収録日:2017/08/28
追加日:2017/10/01
ジャンル:
タグ:
≪全文≫
●歯医者、CT、MRIの数、人工透析費用から見る医療制度問題
 
 シリーズ第9話目は、医療制度についてお話しします。

 前回の年金についてのお話同様、最初にクイズを出します。第1問は「全国の歯科診療所とコンビニは、どちらが多いか?」です。どちらだと思いますか?

 これは時々いわれていることですが、実は歯科診療所の方が多いのです。歯科医院は全国に約7万くらい(編注:厚生労働省「医療施設動態調査/平成29年6月末概数」より)で、コンビニは5万5千くらい(編注:コンビニエンスストア統計調査月報/2017年8月度より)あるそうです。私は東京に住んでいますが、本当に歯医者は多いですね。コンビニの周りには必ず歯医者があるといってもいいと思います。

 それから、「世界にあるCTやMRIのうち日本にはどのくらいあるか?」ですが、仮に世界にCTやMRIが1万台あるとして、日本にどのくらいあるか想像がつくでしょうか。おおざっぱにいって、世界の半分は日本にあるのです。MRIやCTは高いものだと1台10億円くらいします。そのように高い機器を償却するためにはとにかく検査、検査と、検査を何度も行わないといけないのです。

 次の質問は人工透析についてです。皆さん、人工透析は年間どのくらい費用がかかるか想像はつくでしょうか。ひと月におおよそ50万円ほどかかります。年間にすると600万円ですね。これは実は病院にとってはドル箱なのです。患者さんが病院に来て、機械にチューブでつないでおくだけで、年間600万円稼ぐことができるのです。日本の透析患者数は世界1です。例えば、イギリスなどでは、高齢者はもはや透析は受けられません。そうした厳しい国もあります。


●避けては通れない医療費問題

 第3の質問です。もし重篤な病気、例えばがんや白血病といった病気のため、「月に1千万円の医療費がかかった場合、ひと月にどのくらい病院の窓口でお金を払わなければならないでしょうか?」

 自己負担の割合は3割ですから、もし1千万かかったとすると、300万円になりますが、皆さんは払えるでしょうか。実はその額ではありません。所得によっても違いますが、おおざっぱにいうと、ひと月に払う自己負担の上限は10万円強です。これは、高額医療制度というものがあり、非常に高額な医療費がかかっても上限があるのです。血友病など非常に高価な治療を必要とするときは、ひと月1千万、2千万とかかります。それでもわずかな負担で済みます。まさにこれが保険のメリットなのです。

 4番目は「国民1人当たりの医療費はどれくらい使っているか?」です。平均でおおよそ40万円ほど使っています。しかし、これは高齢者と若者では全く違います。高齢者は若者の5倍くらい使っているのです。

 それから、面白いのは「都道府県別の1人当たりの医療費」で、県によって全く異なるのです。高い県と低い県がどこか分かりますか? まず、高い県は、福岡県、高知県、長崎県、佐賀県、北海道などと、大体南の方が多いのです。低い県は新潟県、千葉県、静岡県、長野県、茨城県などです。高齢化率の違いを調整しても、医療費は違います。これについてはいろいろな研究があります。なぜ、県別に医療費がこのように違うのかということなのですが、例えば病院のベッド数の違いです。ベッド数が多いと医療費も多いといわれています。


●医療はサービス-お金をかければ健康になれるわけではない

 それでは、具体的に見ていきましょう。医療は年金と少し違います。年金はお金を右から左へ移転する仕組みです。ところが、医療はサービスです。ここでは「インプット」「アウトプット」「アウトカム」といっていますが、お金を投入してお医者さんが治療する、あるいは薬を処方する、その結果、健康になったり寿命が延びたりする、こういう関係なのです。

 サービスというのは、お金をたくさん投入すればいい結果になるかというと、必ずしもそうとはいえないということです。例えば、レストランに行きます。お金をたくさん払ったからといって、必ずしもおいしいものが食べられるとは限りません。お金をたくさん使わなくても、おいしいレストランはいくつもあります。医療も同じなのです。たくさん医療費を使えば、国民がより健康になってハッピーになるかというと、必ずしもそうとはいえないのです。特に外的要因、例えば喫煙、食習慣といったことが非常に重要だといわれています。

 何がいいたいかというと、日本の平均寿命が非常に高いのは優れた医療の結果だと時々いわれていますが、私はそこに大きな疑問を持っており、必ずしもそうではないということです。日本人は欧米と違って肉はそれほど食べないですが、野菜はたくさん食べます。こういう食習慣が重要だといわれており、そうした外的要因も大きいということです。

 
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。