10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

政府も後押し! 女性起業家になるなら今がチャンス!

2020年の再出発に向けて~大きな視野で捉えるウォーミングアップの時期~

大竹美喜
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)創業者
情報・テキスト
新渡戸稲造
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、われわれはこれからの7年間をいかに取り組んでいくか。またどう捉えるべきなのか。大竹美喜氏が語る。
時間:04:32
収録日:2013/12/03
追加日:2014/06/26
≪全文≫

●女性企業家育成など人材育成は重要


大竹 米国のシカゴ大学は、今回ノーベル賞受賞者が2名出て、トータルで89名の受賞者を輩出している。90名近いわけです。一つの大学で89名がノーベル賞をもらっていて、「ノーベル王国」と言われているのです。

なぜかと調べたところ、教養教育を徹底してやっているのです。シカゴ大学は東部の大学に比べるとランクは下ってしまいますが、これほどのノーベル賞受賞者を輩出している。これがリベラルアーツのなせる技なのです。

これを日本国で、哲学者で元東京大学名誉教授の今道友信先生や東京大学教養学部名誉教授本間長世先生がやろうとなさったのですが、他界されてしまいました。次に続く人はどなたなのか分かりませんが。

もっとさかのぼれば、新渡戸稲造さんが東京女子大を作りましたが、なぜ東女を作ったかと言えば、女性のリーダーを育成しようと思ってお作りになった。しかし、戦争に突入して、また男社会に逆戻りし、今日までそれがずっと続いているというのが日本です。

ですから、今、安倍総理も日本政府も、女性の起業家を誕生させようと推進しています。旧開銀・日本政策投資銀行の橋本徹社長は、今、そこにものすごい融資の枠を作って、女性起業家を育成しようとしています。ここは未知の分野です。ここをしっかりバックアップすれば、GDPは4パーセントアップにつながるのではないかと試算している人もいます。

―― 全く手付かずのところが動き始めたら早いですね。

大竹 早いです。この国は、やり始めたら一気呵成にやると思います。やはりこれは政策なのです。政治の力というのは、非常に大事です。

―― でも、女性起業家に今からなりたいと思っている人は、すごく有利ですね。


●オリンピックまでの7年間はウォーミングアップの時期


大竹 ええ。それと、東京オリンピック・パラリンピック開催も決定しましたので、この7年間に、若者もかなり活気付くと思います。

―― やはり日本にとっては最後のチャンスですよね。

大竹 はい、これは信じられないほどです。「明治維新と戦後と、今。大きく分ければ三つの時代の変革期」というように捉えたらどうなのでしょうか。

2020年から再出発する。この7年間はそのためのウォーミングアップです。オリンピック開催と同時に、一気呵成に国が繁栄する。もちろん日本だけが繁栄するのではなくて、諸外国に恩恵を与えなくてはなりません。一国繁栄主義などというのは、あり得ないことですから。変革、そして再生のための3回目のチャンスではないでしょうか。ですから、今はとても大切な、大切な時代なのです。そこに私たちがいるということは幸せなことだと思います。この7年間は再生のラストチャンスであると、私はそのように思います。

本当に、この15年間、あるいは20年と言ってもいいかもしれませんが、空白となりました。これを取り戻すときに入りつつあるのではないでしょうか。

―― そういう意味で、マインドが変わってくるというのは大きいですね。

大竹 大きいと思います。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。