10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
小泉純一郎

小泉純一郎

こいずみじゅんいちろう

第87代、第88代、第89代内閣総理大臣/元衆議院議員
<略歴>
1942年1月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。1972年衆議院議員に初当選。1988年初入閣。厚生大臣、郵政大臣などを務め、2001年第87代内閣総理大臣に就任。その後、第88代、89代と総理大臣を歴任。2009年衆院選で小泉進次郎氏(二男)を後継指名し、政界を引退。

[経歴]
1960年 神奈川県立横須賀高等学校卒業
1967年 慶応義塾大学経済学部卒業 ロンドン大学留学
1970年 衆議院議員福田赳夫氏秘書
1972年 衆議院議員初当選(30歳) 以来12期連続当選
1979年 大蔵政務次官
1980年 自由民主党財政部会長
1983年 自由民主党副幹事長
1986年 衆議院大蔵常任委員長
1987年 自由民主党国会対策筆頭副委員長
1988年 厚生大臣(竹下内閣)
1989年 厚生大臣(宇野内閣・再任) 自由民主党全国組織委員長 自由民主党医療基本問題調査会長
1991年 自由民主党筆頭副幹事長
1992年 郵政大臣(宮澤内閣)
1995年 自由民主党総裁選に立候補
1996年 厚生大臣(第二次橋本内閣)
1997年 厚生大臣(第二次橋本改造内閣)
1998年 自由民主党総裁選に立候補
2001年 第87代内閣総理大臣
2003年 第88代内閣総理大臣
2005年 第89代内閣総理大臣

[著書]
『郵政省解体論―「マルチメディア利権」の読み方』(光文社)
『官僚王国解体論―日本の危機を救う法』(光文社)
『小泉純一郎の暴論・青論―政界のイチローが語る、痛快本音エッセイ』(集英社)
『郵政民営化論―日本再生の大改革!』(松沢しげふみ氏と共著、PHP研究所)
『黙って寝てはいられない』(小泉純一郎談、吉原毅編、扶桑社)

講義リスト

小泉純一郎元総理が「脱原発」へと考えを変えた理由とは?

トモダチ作戦を忘れるな(1)原発容認から脱原発へ

収録日:2016/10/24
追加日:2017/02/04

小泉純一郎氏による「トモダチ作戦」支援基金創設の経緯

トモダチ作戦を忘れるな(2)米国で見た健康被害の実態

収録日:2016/10/24
追加日:2017/02/05

トモダチ作戦による健康被害!?日米メディアが触れない理由

トモダチ作戦を忘れるな(3)原発のコストは上がり続ける

収録日:2016/10/24
追加日:2017/02/07

再生可能エネルギーが世界的潮流の中、原発に固執する日本

トモダチ作戦を忘れるな(4)原発への固執と「核のごみ」問題

収録日:2016/10/24
追加日:2017/02/08

再生可能エネルギーの可能性は過疎地にこそある!

トモダチ作戦を忘れるな(5)再生可能エネルギーへの誤解

収録日:2016/10/24
追加日:2017/02/11

寄付文化を育て地域から原発依存の構造を変えることが重要

トモダチ作戦を忘れるな(6)子孫のための国造りに向けて

収録日:2016/10/24
追加日:2017/02/12

他の講師一覧