10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
ブラジルの繁栄と転落

ブラジルの繁栄と転落

The Ups and Downs of Brazil
BRICsのトップを走っていたブラジルが今、低迷期に入ったといわれている。アメリカによる金融緩和縮小の影響もあり、貯蓄率が低下、海外から大規模な直接投資が必要となっているからだ。ブラジル初の女性大統領ジルマ・ルセフ氏に構造改革への期待が高まったが、いまだ進展は見られない。ブラジルはこのまま衰退していくのか。いや、決してそんなことはない。ブラジルには依然として大きな可能性があると、千葉商科大学学長・島田晴雄氏は明言する。その理由は、転落しても必ず復活してきた歴史を持つブラジルの復元力にある。では、長年深い関係を築いてきた日本はどんな役割を果たすべきなのか。島田氏が、ブラジルの歴史をたどりながら、両国の将来を展望する。  また、この特集では、島田氏が実際に訪問して感じたブラジルについて語る講義も収録。不況にあえぎ、「犯罪立国」というジレンマをかかえる問題だらけのブラジルも、島田教授の眼を通せば、可能性に満ちた学ぶべき国になる。

クビチェック大統領が築いた「ブラジリア」は人類史的偉業

ブラジルの繁栄と転落(1)ブラジリアと軍政時代

収録日:2014/04/10
追加日:2014/06/12
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

カルドーゾ、ルーラ政権と続いたブラジルの繁栄

ブラジルの繁栄と転落(2)民政移管後の大復活と債権国への道

収録日:2014/04/10
追加日:2014/06/12
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

元ペトロブラス社長が憂慮する日伯相互理解の欠如

ブラジルと日本の問題点~ブラジル2世・植木茂彬氏からの進言~

収録日:2014/04/10
追加日:2014/06/19
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

ブラジル的楽観性をもって将来を展望せよ!

日本とブラジルの将来に向けて~何を学び合えるか?

収録日:2014/04/10
追加日:2014/06/19
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

ブラジルは21世紀を代表する成長国で非先進国のリーダー

ブラジル訪問に学ぶ(1)「犯罪立国」ブラジルの問題と底力

収録日:2014/10/02
追加日:2014/12/05
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

カルドーゾ大統領とルーラ大統領によるブラジルの発展

ブラジル訪問に学ぶ(2)ブラジルを頂点に導いた二人の大統領

収録日:2014/10/02
追加日:2014/12/23
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

エンブラエルやペトロブラスにみるブラジル企業の多様性

ブラジル訪問に学ぶ(3)ブラジルの復元力の源は「多様性」と「明るさ」

収録日:2014/10/02
追加日:2015/01/05
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

その他の特集

謎解き日本史の旅~『古事記』から太平洋戦争まで~

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ 」とはドイツの名宰相ビスマルクの言葉だという。これは歴史に学ぶことの重要性を説いているのだが、実は歴史には謎も多い。そこには秘…

厳選!2017年を占う重要キーワード10

2017年は世界の枠組みが一気に変わってしまうほど大転換の年になるかもしれない。「ブレグジッド」やアメリカ大統領選でのトランプ氏勝利など、「反グローバリズム」のうねり…

2017年、激動の「トランプ時代」へ!

2016年のアメリカ大統領選挙は世界を大きく変革させる契機となるかもしれない。それほど「トランプ勝利」は予想外であり、衝撃的であり、その影響は計り知れないものがある。…

2016年アメリカ大統領選挙の不思議と真実~トランプvsヒラリー~

 「いまだかつてなく多くの人の予想を裏切った」と慶應義塾大学大学院教授・曽根泰教氏が形容するように、2016年アメリカ大統領選挙は過去に例を見ない「不思議」なことが数…

大人の課題図書10選~2016年夏

気がつけば世の中は夏休み。外にも行くのも、ゴロゴロするのもいいけれど、まとまった時間があるときこそ、遠い夏の記憶を呼び起こし、じっくりのんびり本でも読みたいですよ…

山内昌之が語る「中東複合危機」

国家間の衝突や宗派の対立、テロや新勢力の台頭――中東では一体いま何が起こっているのか? 中東・イスラーム史研究の第一人者である歴史学者・山内昌之氏の各シリーズ講義の…

治療から予防へ!10年後の健康にコミットする。

WHOが2000年に提唱した「健康寿命」という概念があります。日本でもかなり広まっている考え方ですが、いわゆる平均寿命との差は、厚生労働省の定義では10年ほどある…

ロボット・人工知能と共生する近未来社会の姿

人工知能が人間の能力を超え、テクノロジーが急速に発展することにより、2045年ごろには、これまでとは全く異なる不連続な世界が到来すると予測した仮説「シンギュラリティ」…

BREXIT~国際政治経済への影響

2016年6月23日に行われた国民投票で選択されたイギリスのEU離脱は、 世界中に衝撃を与えた。注目されるこの問題について、国際政治や国際金融経 済、為替相場の見…