テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
太田差惠子

太田差惠子

おおたさえこ

介護・暮らしジャーナリスト/ファイナンシャルプランナー(AFP)
京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。
取材活動より得た豊富な事例をもとに「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」 等の視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。
企業、組合、行政での講演実績も多数。
AFP(ファイナンシャルプランナー)の資格も持つ。

一方、1996年親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年法人化した。現理事長。

2012年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了(社会デザイン学修士)。

<主な著書>
『親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと第2版』
『高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本第2版』(共に翔泳社)、
『親の介護で自滅しない選択』(日経ビジネス人文庫)、
『遠距離介護で自滅しない選択』(日本経済新聞出版)など多数。

50代からの親の介護~その課題と準備 (全5話・3話配信中)

収録日:2021/08/26
追加日:2021/10/06

10分でわかる「親の介護問題」

50代からの親の介護~その課題と準備(1)突然やってくる介護の問題

追加日:2021/10/06
親の介護は突然やってくる。そのときに右往左往しないために、今のうちに備えておくべきことがある。2020年、日本の百歳以上の人口は8万人を超えている。長寿ということで喜ばしいことだが、その反面、介護期間は長くなっているのだ。...

親の介護を「プロジェクト」と捉え、マネジャーに徹すべし

50代からの親の介護~その課題と準備(2)マネジメントとしての介護

追加日:2021/10/13
元気だと思っていた地方に住む親が突然倒れた。そのとき、子どもには何ができるのか。介護を一つの「プロジェクト」と考え、子どもはそのマネジメントに徹するべきだと太田氏は言う。直接の介護はプロの手を借り、介護保険を始めとす...

介護離職は最後の手段、介護休業制度を上手に活用すべし

50代からの親の介護~その課題と準備(3)仕事と介護の両立のために

追加日:2021/10/20
介護や看護を理由に離職する人の数は、総務省の調査(2017年度のデータ)によると10万人近くに上っている。そうなると、その後の生活設計を崩してしまうため、離職は最後の手段と考えたほうがいい。そこで今回は、離職をせずに仕事と...

近いテーマの講師一覧

神代雅晴

一般財団法人日本予防医学協会理事長産業医科大学名誉教授学術博士

高橋孝雄

慶應義塾大学医学部 小児科主任教授

楠木新

神戸松蔭女子学院大学教授

為末大

一般社団法人アスリートソサエティ代表理事元陸上選手

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

川上浩司

京都先端科学大学教授

中尾彰宏

東京大学大学院情報学環 教授

加藤真平

東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授

藤井輝夫

東京大学 総長