テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
高橋孝雄

高橋孝雄

たかはしたかお

慶應義塾大学医学部 小児科主任教授
1982年3月 慶應義塾大学医学部卒業
1982年5月 慶應義塾大学医学部研修医(小児科)
1988年9月 米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科
1992年6月 ハーバード大学医学部、Instructor in Neurology
1994年6月 マサチューセッツ総合病院神経科、Assistant in Neurology
1994年8月 慶應義塾大学助手(医学部小児科学)
1996年10月 慶應義塾大学専任講師(医学部小児科学)
1999年4月 慶應義塾大学助教授(医学部小児科学)
2002年4月 慶應義塾大学教授(医学部小児科学)
2007年10月 慶應義塾大学病院副病院長
2015年10月 慶應義塾大学医学部 医学部長補佐

【学位】
医学博士

【専門】
小児科一般と小児神経

【主な研究領域】
大脳皮質発生、神経前駆細胞、高次脳機能発達、環境因子、エピジェネティクス

【主な著書】
『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』(マガジンハウス、2018/9)
『子どものチカラを信じましょう 小児科医のぼくが伝えたい 子育ての悩み解決法』(マガジンハウス、2020/6)

現代の小児科学と最高の子育て (全7話・3話配信中)

収録日:2021/07/14
追加日:2021/09/04

困難の克服と幸せな人生の獲得、それが小児科学の目的

現代の小児科学と最高の子育て(1)現代の小児科学の役割

追加日:2021/09/04
現代の小児科学が果たす役割とは何か。医療水準が数十年前から急激な進歩を遂げている現在、小児科学が目指すのは、子どもがどんな困難も克服し、幸せな人生を手にすることである。(全7話中第1話)

過度の「負」のストレスは遺伝子に悪影響を及ぼす

現代の小児科学と最高の子育て(2)遺伝子と環境の相互関係

追加日:2021/09/11
「子どもが育つ」と一口にいっても、そこには人としてのかたちが変化する「成長」と、機能が向上する「発達」という両方の側面がある。そもそもかたちがあってこそ、そこに「機能」は宿るが、出発点となるかたちを設計するのが遺伝子...

遺伝の力を示す3つの特徴とは何か

現代の小児科学と最高の子育て(3)遺伝の力と個性の存在

追加日:2021/09/18
遺伝というと「努力しても所詮ムダ」という限界のように言われることがあるが、それは逆である。遺伝子は常に変わらない力としてわれわれとともにあり、多少のばらつきによってそれぞれの個性を生んでいる。人間にとって本当に必要な...

近いテーマの講師一覧

黒澤尚

順天堂大学医学部整形外科学 特任教授

堀江重郎

順天堂大学医学部大学院医学研究科 教授

田島木綿子

国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹

大内尉義

国家公務員共済組合連合会虎の門病院 顧問東京大学名誉教授医学博士

遠藤英俊

元・国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長

西野精治

スタンフォード大学医学部精神科教授

為末大

一般社団法人アスリートソサエティ代表理事元陸上選手

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

片岡一則

ナノ医療イノベーションセンター センター長東京大学名誉教授