テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
いまこそ学ぶべき「昭和の戦争」の教訓
「昭和の戦争」に突入したとき、日本人は何を考えていたのか。なぜ悲劇を回避できなかったのか。そのことを深く考えていけば、現在のわれわれが教訓とすべきことが、数多く見えてくる。「あの失敗」を繰り返さないために、ぜひ学んでおきたい名作講義。
更新日:2021/8/13

現代の「担当大臣」の是非は戦前の「無任所大臣」でわかる

近現代史に学ぶ、日本の成功・失敗の本質(1)「無任所大臣」が生まれた経緯

コロナ禍において、日本では「新型コロナウイルス感染症対策担当大臣」「ワクチン接種担当大臣」などの特命担当大臣が設けられた。これらは果たして機能しているのか。この問題をひも解くために、日本政治における戦前の「無任...
収録日:2021/05/31
追加日:2021/08/04
片山杜秀
慶應義塾大学法学部教授

上原勇作がいなければ昭和10年代の危機はなかった?

本当のことがわかる昭和史《3》社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(13)陸軍大将・上原勇作という人物

陸軍参謀本部を創設した長州出身の山県有朋元帥の後継者は桂太郎大将で、その跡を継いだのは田中義一大将だった。彼らは長州閥だが、これに猛烈に反対したのが、のちに元帥になった上原勇作大将である。そして、彼の形成した閥...
収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27
渡部昇一
上智大学名誉教授

『昭和16年夏の敗戦』『昭和23年冬の暗号』が映す未来とは

『昭和16年夏の敗戦』と『昭和23年冬の暗号』

猪瀬直樹氏が、自身が書いた『昭和16年夏の敗戦』と『昭和23年冬の暗号』の現代的な意味について語る。1983年に出版された『昭和16年夏の敗戦』は、昭和16年当時に日本の若き俊英たちが、3~4年後の日本の敗戦を正確にシミュレ...
収録日:2021/06/25
追加日:2021/07/20

10分でわかる「明治憲法の真実」

戦前日本の「未完のファシズム」と現代(1)シラス論と日本の政治

第一次世界大戦に、日本はいかに対処したのか。手がかりとなるのは、天皇による統治としての「シラス」である。明治憲法体制で目指されたのは「シラス」による王政復古と文明開化の両立である。(2020年2月26日開催:日本ビジネ...
収録日:2020/02/26
追加日:2020/06/16
片山杜秀
慶應義塾大学法学部教授

関連特集

更新

「日本人」らしさの本質を読み解く

「日本人とは何か」。この大問題に様々なアプローチで迫る。世界の神話と日本の神話の比較からわかること。縄文文明からのメッセージ。日…

更新日:2021/10/22

定年不安を乗り越える

役職定年、出向、定年、雇用延長、退職……。50歳を過ぎると、働き方も会社のなかの立場も大きく変わっていく。しかし定年後も人生は長い。…

更新日:2021/10/8

次代を育てる~子育てで大切なこと

子育てに正解はない。しかし、方法はある。それはどんなことか。脳の仕組みから、また貴重な経験から、そして医学的、あるいは教育的知見…

更新日:2021/9/17

満洲事変から90年~その歴史的意味とは

満洲事変が勃発したのは1931年(昭和6年)9月18日。いまからちょうど90年前のことである。なぜ満洲事変は起きたのか? この事変が歴史に…

更新日:2021/9/10

知れば知るほど不思議な「生物の仕組み」

「実は『性』があるのは不思議なことで、いくつもの謎がある」から始まる長谷川眞理子先生の講義。これを聴いただけで生物の不思議を感じ…

更新日:2021/9/3

ビッグヒストリー的視点で人類を考える

ビッグバンから現在まで悠久の歴史を理解するための枠組みであり、いま世界中から注目を集める「ビッグヒストリー」。このような視点を持…

更新日:2021/8/6

その他の特集

「10分でわかる」講義セレクション

コンパクトに様々な物事を学べる「10分でわかる」講義のうち、おすすめをセレクトしました。まずはこれを視聴して、さらに詳しく知りたい…

更新日:2021/9/27

バイデン大統領のアメリカはどうなる

バイデン大統領が就任してから1年が経とうとしている。はたしてバイデン大統領はどのようなリーダーなのか? その政策は? 歴史的な位置…

更新日:2021/10/15

「学び方」を学ぶ

学びには方法があり、学び方にはスタイルがある。大人と学生では学び方が違い、それは時代によっても変わってくる。今回の特集では、大人…

更新日:2021/10/1