10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療改革の提案―情報公開、自由診療、民間保険の開放

岩盤既得権・規制分野の成長可能性(3)医療

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
出典:厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/houdou/0103/h0306-1/h0306-1d.html)より
かつて日本は、世界一医療費の低い優秀な医療国だった。しかし高齢化や技術の高度化などにより、数多くの問題を抱えることとなった日本の医療。改革のためには何をすべきか。具体的な問題点を挙げながら、方策を講じていきたい。(島田塾第109回勉強会 島田晴雄氏講演『日本経済は果たして、どこまで成長出来るのか』より:全14話中11話)
時間:08:06
収録日:2014/01/14
追加日:2014/03/20
≪全文≫

●優等生から劣等生に


それから医療の話ですが、日本の医療はかつて、とても優等生でした。
国民皆保険、皆医療で、健康保険証1枚あれば、どの医療機関にも行けるのです。そして、国民の医療費は、世界の主要国の中で一番低く、平均寿命は世界一、という立派な国でした。
しかし、今の医療はどうなっているかというと、メガトレンドが変わり、ひどくなってしまったのです。
高齢化によって社会的費用が増え、技術の高度化によって高額医療もどんどん増えました。また、低成長によって国民は担税力をなくしてしまったのです。
医療問題が非常に深刻化したことで、医療財政が破綻を起こしました。日本の医療機関としては1万の病院と10万の診療所がありますが、その経営は8割が赤字です。しかも、3時間待って3分医療、たらいまわし、医師の不在、とサービスも悪く、また、地方にいったら、高度な医療は受けられません。なぜこんなことが起きたのでしょうか。

●政府の対応の誤り:価格規制と数量規制


私の分析では、原因は政府の対応の誤りです。政府が、これは大変だということで、価格規制と数量規制をしたのです。
価格規制としては、診療報酬制度というものがあります。この医療は何点と全部決められているので、動かせません。こういうことをやっていますと、どんどん点数を下げていきますから、創薬産業は衰退してしまいます。今唯一動けそうなのは武田さんで、あとはもうダメですね。
また数量規制としては、ベッド数、医師数、パラメディカルスタッフなどを全部規制するというものです。
ただ、数量を規制したら価格を自由にする、あるいは価格を規制したら数量を自由にする、ということであれば、市場機能は生きてくるのです。
しかし、両方つぶしたら、市場機能はもちろん、誰も生きていけないだろうということで、何をやっているのだというのが今の状況です。
役人の中には素晴らしい人もいらっしゃいますが、組織としてトータルで考えて、こういうことになってしまったわけです。なぜか知りませんが、これは大間違いです。

●改革の提案 (1)情報化の強化


では、どうすればいいのでしょうか。いくつか申し上げますが、それを行うと日本の医療は目覚ましく良くなります。
一つ目ですが、診療報酬制度の改革です。現在、診療報酬制度にはコスト情報は入っていますが、アウトカム情報は入っていません。この病院でよくなったかよくならなかったのか、そのことを明らかにしないと、競争には全く使えないのです。
世界一医療費の高いアメリカでは、自主的に医療費を下げようということで、包括標準費制度を導入しました。例えば、全国から何百何千というデータを集めて、2千種類くらいある病状の分布を出します。その分布の一番高いものと低いものを除いて、下から三割ぐらいのところに合わせます。それを超えるとアメリカのNIHは保険を払いません。どうなるかというと、病院とお医者さんが自分で払わないといけないのです。お医者さんは頭がいいから、はっきりとそんな数字になるのであれば、下げようとします。そういうことで、おのずと医療費が下がるようになったというわけです。
これは、完全な情報公開とIT化をしなければできません。クリックひとつでパッと分かるようにならないといけないのです。
しかし、日本はそうなっていません。日本の病院の中は全てITなのですが、病院を一歩出たら何が行われているかというと、例えば医療費の請求制度です。医療費の支払い機構というもの...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。