10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

直江津沖のメタンハイドレート調査でカニの世界を見る!

「ツナサンド」の日本近海調査(1)日本海沖の海底資源

浦環
九州工業大学社会ロボット具現化センター長・特別教授/東京大学名誉教授
情報・テキスト
深海1,000メートルの海の底に、宝の山が眠っている?! 日本海のメタンハイドレートから北海道沖のズワイガニまで。これまで知り得なかった日本近海の海底資源を、ロボットが明らかにした。九州工業大学社会ロボット具現化センター長・浦環氏が語る、ロボット探査の画期的な成果と活用の可能性。(全2話中第1話)
時間:11:00
収録日:2016/05/17
追加日:2016/10/26
≪全文≫

●深海の海底を連続撮影できるツナサンド


 続いてツナサンド(Tuna-Sand)の活躍についてご紹介します。ツナサンドは2007年に完成していますが、トライドッグ1号の後継機です。ツナサンドが行った仕事として非常にエポックメイキングなのは、2010年に日本海のメタンハイドレート地帯に潜航して、海底の様子とベニズワイガニの生態を調べたことです。

 トライドッグ1号は琵琶湖を考えていたので深さ100メートルそこそこしか潜れません。しかし、それではやはり面白味がないので1,500メートル潜れるロボットを同じようなコンセプトでつくろうと考えました。それによって、先ほどのサツマハオリムシ地帯のモザイクのような写真が、他の深い場所でも撮影できる。特に熱水地帯でできれば、いろいろな新しいことが分かるのではないか、というわけです。

 これがツナサンドです。トライドッグ1号と見た目は全然違いますが、耐圧容器が三つあり、電池用が2本、メインが1本。メインにカメラがあり、下にもカメラが付いていて、それで海底を観測する。そういうコンセプトです。カメラは前方に、耐圧容器に入った観測用のスチール・カメラがあります。そのライティング用ストロボがここにあります。スチール・カメラは市販のカメラで、高価なものではありません。それを圧力容器の中に入れます。ストロボも自作で、市販のストロボを容器に入れます。それから、海底の細かい地形を調べるためにプロファイリング・ソナーというソナーを付けています。この三つの道具を使って海底を観測しようとするわけです。実際はかなり海底に接近するので、でこぼこにぶつかってしまってはいけないので、レーザーを使った新しい衝突防止用システムも搭載しています。


●日本海の直江津沖でメタンハイドレートを調査


 出かけていくところはここ(日本海・直江津沖)です。なぜここに行くことにしたかというと、実はこの辺りは表層型メタンハイドレートがあります。これは当時東大理学部の松本良先生が研究されていたのですが、この辺りはメタンハイドレートが海底にそのまま見えるように出ているのです。そのメタンハイドレートがどこにどう見えているかの分布を調べるのが第一の目的です。それから、どこからあぶくが出ているのか、メタンが湧いているのかを調べようと考えて出かけていきました。それが当初の目的でした。しかしながら、後にわれわれはそれもいいけどカニの方が楽しいということになって、最近はカニの研究ばかりしています。

 直江津沖合に表層型メタンハイドレートがあることはとうに知られています。左上の色の薄いところが上越海丘で、水深1,000メートル。右下の半島のようになっているところは海鷹海脚(うみたかかいきゃく)と松本先生が名前を付けています。そこに12回潜ったうちの一つの潜航についてご紹介したいと思います。

 場所は、上越海丘の一番高いトップの辺りです。この部分を拡大した地形図がこれで、左はスケールが5キロメートル、右は500メートル。ご覧のように、へこんでいたり、出っぱっていたりしています。青い点が描いてあるのは、遠隔操縦機で潜って調べたところです。この緑の点もそういうところです。赤い点は松本先生がそこからメタンが吹いていると言っているところです。われわれはこの山を松本先生の名前を取って松本山、こちらの山を弘松くんという研究者の名前を取って弘松山と勝手に名付けました。弘松山の図示した辺りは、松本先生が割とよく潜って調べているところなのですが、ここに潜ったデータをお見せ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。