10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
臼井二美男

臼井二美男

うすいふみお

義肢装具士/切断者スポーツクラブ「ヘルス・エンジェルス」代表
<プロフィール>
1955年群馬県生まれ。
義肢装具士。公益財団法人 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター義肢装具研究室長・義肢装具製作担当課長。
89年スポーツ義足の製作を始め、91年に切断障害者の陸上クラブ・ヘルスエンジェルスを創設。
2000年のシドニー、2004年のアテネ、2008年北京、2012年ロンドンでのパラリンピックには日本代表選手のメカニックスタッフとして同行。
そして、2016年リオパラリンピックにも同行する。

義肢装具製作の第一人者として、一般的義足をはじめスポーツ用義足の研究、開発、製作に日々尽力している。
その真摯な義足製作の姿勢を取材した関連書も多数刊行されており、新聞、テレビなどでも数多く取り上げられている。
また、中能登町(能登半島、石川県鹿島郡)の夏祭りでの「切断ヴィーナスショー」など、義足モデルによるファッションショーを企画し、世界に発信している。

講義リスト

普通の足の形で速く走れる義足を目指して!

義肢装具士の世界と義足作り(1)義肢とは何か?

“手や足を失った人に、健常者と同じ生活を”―義肢装具士で切断者スポーツクラブ「ヘルスエンジェルス」代表を務める臼井二美男氏が、義肢装具士の世界と進化し続ける義足作りの...
収録日:2016/07/19
追加日:2016/08/26

東京パラリンピックまであと4年、支援体制の整備が急務

義肢装具士の世界と義足作り(2)リハビリと支援の充実

義足の製作で最も苦労するのは、義足と足をつなぐ連結部の調整だ。生身の足は、その特徴が千差万別だし、状態も変化する。その個性や変化を見越し、さらに知識の提供やリハビ...
収録日:2016/07/19
追加日:2016/09/02

リオでの奮闘に注目!パラリンピック選手を支える義肢技術

パラリンピックでの衝撃と「ヘルスエンジェルス」の挑戦

「義足をつけた人でもスポーツができる社会にしたい」―義肢装具士として義肢装具サポートセンターで義足の製作を行いながら、切断者スポーツクラブ「ヘルスエンジェルス」の代...
収録日:2016/07/19
追加日:2016/09/05

「義足をチャームポイントに」を日本から世界に発信する

義足を魅せる!ー義足モデルによるファッションショー開催

義肢装具士・臼井二美男氏の活動はスポーツだけでなく、ファッションの分野にも広がっている。今年7月には、昨年に続き能登半島の中能登町で「切断ビーナスショー」と題した...
収録日:2016/07/19
追加日:2016/09/08

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧