テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
大鹿哲郎

大鹿哲郎

おおしかてつろう

筑波大学眼科教授
<略歴>
1985年、東京大学医学部卒、同大学眼科学教室入局
1988年、東京厚生年金病院眼科
1995年、東京大学医学部講師
1998年、東京大学医学部助教授
2002年、筑波大学眼科教授     
日本眼科学会専門医・指導医

<専門分野>
白内障手術,眼光学,角膜疾患

<受賞歴>
1989年、平成元年度財団法人日本眼科学会学術奨励賞
1992年、ASCRS Film Festival "Intraocular Lens" second prize
2000年、ロートアワード
2002年、財団法人桐仁会設立10周年記念臨床医学研究助成受賞
2004年、日本医師会医学研究助成受賞
2004年、日本眼科学会総会宿題報告
2007年、日本眼科学会評議員会賞

<監修>
『目の病気がよくわかる本 緑内障・白内障・加齢黄斑変性と網膜の病気 (健康ライブラリーイラスト版)』(講談社、2016/5/11)
『くわしく知りたい目の病気―白内障・緑内障・加齢黄斑変性 (別冊NHKきょうの健康) 』(NHK出版 、2013/2/19)

目の健康と医療・最前線 (全5話)

収録日:2017/02/25
追加日:2017/03/03

ブルーライトは本当に目に悪いのか?

目の健康と医療・最前線(1)ブルーライトは目に悪いのか

追加日:2017/03/03
目の健康は、私たちの生活を大きく左右する、一大関心事である。筑波大学眼科教授・大鹿哲郎氏が、最新の研究成果を踏まえ、目の健康に関する最前線の情報をお伝えする。第1回目の今回はブルーライトが与える目への影響についてだ。(...

子どもの近視を予防するには?

目の健康と医療・最前線(2)近視の進行予防

追加日:2017/03/12
スマートフォンや携帯ゲーム機の普及で、かつてないスピードで近視の子どもが増えているという。わが子の近視予防は、日本のみならず多くの国の親にとって大切な問題である。最新の研究成果では、「外で遊ぶ」ことが近視予防として効...

「プールの後に目を洗う」ことはやってはいけない

目の健康と医療・最前線(3)目に関する常識の今と昔

追加日:2017/03/19
一昔前の学校では、プールに入った後に目を洗うよう指導していた。ところが、筑波大学眼科教授・大鹿哲郎氏によれば、これは目に必要な涙も洗い流してしまうため、医学的にはお勧めできない「非常識」となっている。子どもの頃の常識...

遠くが見えるのは必ずしも「目が良い」ことではない

目の健康と医療・最前線(4)目が良い・目が悪いとは?

追加日:2017/03/26
遠くが見える人は「目が良い」のか。この当たり前のように思えることに、筑波大学眼科教授・大鹿哲郎氏は疑問を呈する。例えば、子どもの頃は遠くが見えた方が何かと好都合だが、年齢を重ねて老眼になれば、近くが見えることの方が自...

老眼鏡は複数用意すべき!疲れ目の原因と対策

目の健康と医療・最前線(5)VDT症候群とその対策

追加日:2017/04/02
パソコンやスマートフォンの影響などで身近になった「疲れ目」だが、実はこれはVDT症候群によるものだという。同じ画面を見続ければ、目の筋肉は固まるし、乾いて傷つきやすくなる。筑波大学眼科教授・大鹿哲郎氏は、ちょっとした工夫...

近いテーマの講師一覧

遠藤英俊

元・国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長

黒澤尚

順天堂大学医学部整形外科学 特任教授

髙森建二

順天堂大学 名誉教授順天堂大学大学院医学研究科皮膚科学 特任教授

片岡一則

ナノ医療イノベーションセンター センター長東京大学名誉教授

今村聡

公益社団法人日本医師会 副会長

菊地臣一

一般財団法人脳神経疾患研究所 常任顧問

堀江重郎

順天堂大学医学部大学院医学研究科 教授

橋本英樹

東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 保険社会行動学分野 教授

鄭雄一

東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻教授