テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
岡島礼奈

岡島礼奈

おかじまれな

株式会社ALE 代表取締役社長/CEO
在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を代表取締役として設立。
ゲーム、産学連携のサービスなどを立ち上げる。
JAXA宇宙オープンラボ採択。
卒業後、ゴールドマン・サックス証券戦略投資部にて、債券投資事業、PE業務等に従事。
2009年より、新興国ビジネスコンサルティング会社を設立、取締役。
2011年9月に株式会社ALE設立。
現在、株式会社ALE 代表取締役社長。

宇宙ビジネスの現在と未来 (全5話)

対談 | 岡島礼奈/柳川範之
収録日:2019/09/10
追加日:2019/11/28

人工流れ星の実現を目指す宇宙ベンチャー起業への経緯

宇宙ビジネスの現在と未来(1)人工流れ星が果たす役割

追加日:2019/11/28
これまでは「宇宙への進出」といえば、国を挙げての一大プロジェクトという印象が強かったが、ここにきて民間企業の「宇宙ビジネス」への投資が加速している。人工流れ星の実現を目指す宇宙ベンチャー・ALEの代表取締役社長である岡島...

宇宙ビジネスでイノベーションを起こすには基礎科学が重要

宇宙ビジネスの現在と未来(2)基礎科学の重要性

追加日:2019/11/28
基礎科学がおろそかにされている――。そういった危機感に背中を押され、株式会社ALE(エール)が実用化を目指す人工流れ星。そして、社長の岡島礼奈氏は「宇宙ビジネスは大きくなるしかない領域だ」という。このプロジェクトが実現すれ...

宇宙ビジネスの鍵を握る3つの事業とは?

宇宙ビジネスの現在と未来(3)資金調達と事業の3本柱

追加日:2019/11/28
ビジネスにはもちろんお金がかかる。それが「宇宙」を舞台にしたプロジェクトであればなおさらだ。エンジェル投資家やベンチャーキャピタルから数十億円を調達するため、流れ星というユニークな取り組みをどのようにプレゼンテーショ...

「30人の壁」に直面して感じたビジョン共有の大事さ

宇宙ビジネスの現在と未来(4)ベンチャー企業の人材論

追加日:2019/12/05
大企業でもベンチャーでも、悩みの種となるのが、「人材」ではないだろうか。中でも前人未到のプロジェクトに挑むメンバーには、本当の意味でのミッション、ビジョンの共有が求められるという。いかに思いを共有し、熱量を維持するか...

新しい技術を載せた人工流れ星で技術革新を起こす

宇宙ビジネスの現在と未来(5)技術革新への挑戦

追加日:2019/12/12
未知なるものへの好奇心が人類を新たな挑戦に向かわせ、結果としてそこにビジネスチャンスが生まれる。そう考えるなら、宇宙ビジネスにチャレンジをする人たちと共に働き、応援することが、人類に新たな可能性をもたらす一歩となると...

近いテーマの講師一覧

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

田島木綿子

国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹

浦環

九州工業大学社会ロボット具現化センター長・特別教授東京大学名誉教授

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

中尾彰宏

東京大学大学院情報学環 教授

伊藤元重

東京大学名誉教授学習院大学国際社会科学部教授

松尾豊

東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター 技術経営戦略学専攻 教授

谷口和弘

慶應義塾大学商学部教授南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

遠山亮子

中央大学 ビジネススクール大学院 戦略経営研究科 教授