テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
宮脇淳子

宮脇淳子

みやわきじゅんこ

公益財団法人東洋文庫研究員
1952年和歌山県生まれ。本名 岡田淳子。京都大学文学部卒業、大阪大学大学院博士課程修了。博士(学術)。専攻は東洋史。公益財団法人東洋文庫研究員。

大学院在学中から、岡田英弘・東京外国語大学名誉教授からモンゴル語・満洲語・中国史を、山口瑞鳳・東京大学名誉教授からチベット語・チベット史を学ぶ。

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員、常磐大学、国士舘大学、東京大学などの非常勤講師を歴任。

著書に『満洲国から見た近現代史の真実』『世界史のなかの蒙古襲来』『中国・韓国の正体』『どの教科書にも書かれていない日本人のための世界史』『日本人が教えたい新しい世界史』『封印された中国近現代史』『真実の中国史[1840-1949]』『真実の満洲史[1894-1956]』『韓流時代劇と朝鮮史の真実』『モンゴルの歴史』『世界史のなかの満洲帝国と日本』『最後の遊牧帝国』など、共著も多数ある。

【履歴】
昭和27年(1952) 和歌山県に生まれる。
昭和43年(1968) 三重県立伊勢高校入学。
昭和46年(1971) 鳥取県立米子東高校卒業。
昭和51年(1976) 京都大学文学部史学科(東洋史学専攻)卒業。
昭和54年(1979) 大阪大学大学院文学研究科博士前期課程修了(文学修士号取得)
昭和54-56年(1979-81) 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所公募共同研究員
昭和57年(1982) 大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
昭和57-58年(1982-83) 日本学術振興会奨励研究員。
昭和58-平成8年(1983-96) 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員。
昭和61-63年(1986-88) 日本学術振興会特別研究員
平成5-13年(1993-2001) (株)国際関係基礎研究所主任研究員。
平成9年(1997)-平成27年(2015) 東京外国語大学モンゴル語科・非常勤講師。
平成10年(1998)9-11月 国際交流基金の助成によりモンゴル国で「清朝時代モンゴル史料の共同調査」を行う。
平成12-16年(2000-2004) 常磐大学・非常勤講師。
平成17-24年(2005-2012) 国士舘大学21世紀アジア学部・非常勤講師。
平成20年(2008)2月 「モンゴル帝国以後の遊牧王権 モンゴル・オイラトの対立抗争とチベット仏教の受容」題目の博士論文により、東京外国語大学から博士(学術)号取得(55歳)。
平成28-29年(2016-2017)4-7月 東京大学教養学部・非常勤講師。
平成30年(2018)5月 昭和12年学会会長就任。
令和4年(2022)11月 モンゴル国政府から友好勲章(Nairamdal Medal) を授与される(70歳)。
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。

モンゴル帝国の世界史 (全7話・6話配信中)

収録日:2022/10/05
追加日:2022/12/31

なぜ日本の「世界史」はいびつなのか…東洋史と西洋史の違い

モンゴル帝国の世界史(1)日本の世界史教育の大問題

追加日:2022/12/31
「世界史はモンゴル帝国から始まった」――この言葉の背景には、日本の「世界史」教育の問題点がある。そもそも日本では明治以後、戦前まで、「(ドイツから見た)西洋史」と「(漢籍ベースの)東洋史」および「国史」(日本史)の3つに...

多民族の「モンゴル帝国」を築いたチンギス・ハーンの魅力

モンゴル帝国の世界史(2)チンギス・ハーンのカリスマ性

追加日:2023/01/07
なぜモンゴルがあれほど大きな帝国を築くことができたのか。小さな部族出身のチンギス・ハーンは遊牧民の部族長たちに推されて、1206年にモンゴル帝国を建国する。その理由としていえるのは、チンギス・ハーンの圧倒的なカリスマ性で...

モンゴル帝国の急拡大の秘密は「イスラム商人」と「神託」

モンゴル帝国の世界史(3)イスラム教徒の存在と「神託」

追加日:2023/01/14
モンゴル帝国が世界帝国として一気に拡大した背景として重要なのは、イスラム教徒の存在である。東西交易の商業を担っていた彼らは、そのために必要な情報を持っていた。さらに影響が大きかったのが、チンギス・ハーンに降りた「神託...

千人隊、略奪品分配…最強モンゴル軍を生んだ単純な仕組み

モンゴル帝国の世界史(4)強さの秘密と全戦全勝の仕組み

追加日:2023/01/21
なぜモンゴル帝国は圧倒的な強さを発揮したのか。その一つは、軍の編成がシンプルかつ把握が容易だったこと。そして、戦利品を兵隊のみならず全構成員にいきわたるようにしていたことにある。モンゴル帝国が全戦全勝を重ね、次々と力...

有力者を親戚関係にする親衛隊の仕組みと、末子相続の真実

モンゴル帝国の世界史(5)最大版図への道程

追加日:2023/01/28
モンゴル帝国はなぜ戦争に強いのか。それは遊牧民ならではの特徴を生かした軍の仕組みがあったこと、そして帝国の隅々にまで人的ネットワークが築かれたことにあった。さらにチンギス・ハーンは、子どもや孫たちが争わないように進軍...

オゴデイ、フビライ…モンゴル帝国の継承争いと各地への影響

モンゴル帝国の世界史(6)モンゴル帝国、分裂へ

追加日:2023/02/04
チンギス・ハーン亡き後、子孫の間で継承争いが起こるようになり、広大な領土が分裂していくことになる。そしてそれぞれの子孫は、のちのロシアやインドといった地域に残り続ける。ここではチンギス・ハーンによる継承国家の系図を見...

近いテーマの講師一覧

渡邉義浩

早稲田大学常任理事・文学学術院教授

本村凌二

東京大学名誉教授文学博士

小和田哲男

静岡大学名誉教授文学博士

片山杜秀

慶應義塾大学法学部教授音楽評論家

兵藤裕己

学習院大学文学部教授

大野玄妙

法隆寺 管長

柿沼陽平

早稲田大学文学学術院教授

上野誠

國學院大學文学部日本文学科 教授奈良大学 名誉教授

鎌田東二

京都大学名誉教授