10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ・ファーストの保護主義では労働者は救えない

トランプ政権研究(2)保護主義の矛盾と反オバマ路線

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
公立大学法人首都大学東京理事長の島田晴雄氏が、トランプ大統領の主張について解説する。トランプ氏はアメリカ・ファーストを掲げ、保護主義を主張しているが、それでは労働者を救うことはできない。また、オバマ前大統領の政策に対しても、オバマケアやドッド・フランク法案の見直しを含め、ことごとく反対している。(全11話中第2話)
時間:12:15
収録日:2017/05/23
追加日:2017/06/04
ジャンル:
≪全文≫

●保護主義によってむしろアメリカの労働者が被害者になる


 ドナルド・トランプ氏がどのような主張をして、世の中はそれをどのように認識しているのか、フォローしてみましょう。

 トランプ氏はアメリカ・ファーストを掲げています。しかしこれは、どこの国でも言うことであって、まったく驚くべきことではありません。ただし、問題なのは、トランプ氏がアメリカ・ファーストを保護主義の意味で用いるからです。「アメリカの製品を買え、アメリカ人を雇え」と言うのは構わないのですが、そのために世界の貿易や投資に干渉しようとします。外国からの輸入品には高い関税を、商品の移動には国境税を掛け、アメリカ企業が海外の安い生産地に立地しようとすると、大統領が「投資をするな」と直接口を挟んでくるのです。

 こうした保護主義政策を取ると、結果的に、世界の貿易が収縮してしまいます。そして、アメリカもその影響を受けることになります。実際、アメリカに入ってくる商品は減少し、非常に高い値段になるでしょう。結局、アメリカの労働者が犠牲になります。トランプ氏はこうしたことに気付かないまま、アメリカ・ファーストと言っているのです。

 トランプ氏は二言目には、アメリカの選挙民に“I will bring jobs back to you guys”(「君たちに仕事を取り戻してやる」)と言っていました。雇用機会を取り戻すというのですが、それを関税や国境税、企業の投資立地に対する直接的な干渉といった、保護主義で行うつもりなのです。

 しかし、雇用は生産活動の結果、生み出されるものです。世界のサプライチェーンの中で、企業が最適地を選び、そこに雇用が生まれるのは当たり前のことです。企業にしてみれば、生産性が高く、賃金の安いところでないと成り立ちません。アメリカのラスト・ベルトでは、生産性は上昇せず、賃金も高く、労働者が移動しません。そんなところが勝てるわけがないのです。

 しかし、保護主義の手段で資源配分を変えるということは、アメリカに対する世界の供給の制限につながります。アメリカ国内の物価が上がり、結局アメリカの労働者が被害者になります。こうしたことをトランプ氏は気付かずに言うわけです。ペンシルベニア大学で優秀な成績だったというのも、私は少し疑問に思っています。


●トランプ氏の国際協力の意味を分かっていない


 トランプ氏は、大統領就任の最初の日に、TPPを離脱すると言いました。こういう言い方を彼はします。“TPP is the most terrible and disastrous trade agreement which sacrifice and damage American workers”(「TPPはアメリカの労働者を犠牲にし、被害を与える、最低で最悪の貿易協定だ」)。北米自由貿易協定(NAFTA)についても同じです。アメリカはこれで非常に得をしてきましたが、それを否定して再交渉を主張しています。WTO(世界貿易機関)のルールも書き直すのだと、驚くべき発言をしています。これはアメリカがつくったものなのですよ。世界中の国々が参加して、貿易のルールを定めています。

 要するに彼は、国際協力の意味が全く理解できていません。国際協力というのは、みんなに共通のルールを適用することです。そのルールの下で競争することが、公正であり公平なのです。共通のルールの下では、こう行動すればどのような結果になるかという、予測可能性があります。これは企業が投資計画を立てる際に、非常に有用です。こうした自由競争のメリットを生かすために、世界で条件を整備し、自由貿易を促進してきたのです。今で...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。