10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最大の脅威である北朝鮮にアメリカはどう対応するのか

トランプ政権研究(6)シリア・アフガニスタン・北朝鮮

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
2017年4月6日、マールアラーゴにて
公立大学法人首都大学東京理事長の島田晴雄氏が、トランプ大統領の北朝鮮への対応を解説する。トランプ大統領はオバマ前大統領と違い、実際にシリアとアフガンに爆撃を行った。北朝鮮に対しても、武力攻撃を辞さないと脅しを与えている。しかし、アメリカが先制攻撃に出れば、北朝鮮は韓国と日本を壊滅させようとするだろう。(全11話中第6話)
時間:12:40
収録日:2017/05/23
追加日:2017/06/23
ジャンル:
≪全文≫

●シリアへのミサイル攻撃は即決された


 習近平・中国国家主席との夕食会が終わる頃、ドナルド・トランプ氏から「今、シリアにミサイル攻撃をしたところだ」と報告があったようです。アメリカ側の報道では、習氏は理解を示したということですが、本当のところは分かりません。確かに夕食会のあった時刻、東地中海に展開していたアメリカの駆逐艦、ポーターとロスから、60発のトマホークが発射されました。正確に言えば、1発は失敗してしまったので59発ですが、それらがシリアの政府軍基地に着弾したのです。

 トランプ氏はこうした重大な決定を、即座に下してしまいました。決定的なきっかけは、愛娘のイヴァンカ氏が見せた1枚の写真だったそうです。それは、サリンのような毒ガスで死んだ子どもの写真でした。トランプ氏は、これはひどいとすぐに反応したのです。彼はもともと、文字を読むのが嫌いで、映像人間なのですが、同時に非常に情緒的な人間でもあります。それゆえ、こうした決定は非常にトランプ氏らしいとはいえます。

 しかし、外国を相手にミサイルをたたき込むわけですから、本当は多くの関係者とよく相談し、慎重かつ緻密に行わなければならないはずです。ところが、フロリダにいたマイク・ペンス副大統領など、ごく少数の側近だけと話をして、すぐに決めてしまいました。もちろん議会に報告する義務があるわけですが、ペンス氏がミサイル発射の数分前に一言だけ知らせた、という顛末だったようです。


●やるときはやるのだという意思の表明


 もちろんロシアは直ちに抗議しましたが、その後は特別な抗議をしているわけではありません。アメリカでは、このシリア空爆はかなり高い評価を得ました。トランプ大統領にとってこれは、「やるときはやるのだ」という意思の表明だったと言われています。ただ、どうもこれは、バラク・オバマ氏に対する当て付けという面もあったと思います。

 オバマ氏も大統領在任中、関係国がレッドライン(最後の一線)を越えたときは、力で抑制すると公言していました。例えばシリアについて、シリア市民の人命をないがしろにするような行動、例えば毒ガスによる大量殺害があれば、レッドラインを越えたものとして攻撃すると言っていました。ところが、国連の調査団がシリアでは、明らかにサリンのような毒ガスで2,000人もの市民が殺されていると報告をしています。つまりオバマ氏は、レッドラインを越えたら武力行動に移ると言っていたはずなのに、結局はしなかったのです。

 アメリカ大統領は、60日間、議会に報告せず軍隊を動かす権能を持っています。ところが、オバマ氏はそうした権能を行使せず、「シリアを攻撃するかどうか、賛成ですか、反対ですか」などと議会にお伺いを立てました。こうしたオバマ氏の態度は、大統領の意思決定を避けて、議会に責任を負わせるように見えたでしょう。ウラジーミル・プーチン大統領は、オバマ氏は決意も度胸もない男だとして、自らアサド政権と交渉し、シリアのコントロールを一気にロシアの手の中におさめてしまいました。

 トランプ氏は恐らく、弱腰のオバマ氏と自分は違うというところを見せつけたかったのではないでしょうか。さらに1週間後の4月13日、今度はアフガニスタンの東部のナンガルハール州アチン地区に、爆弾が投下されました。アチン地区にはIS(イスラム国)のゲリラが潜伏しており、そこでアメリカの特殊部隊も何人か殺されています。ISのゲリラは地下へもぐっていろいろなことをするので、対応が大変なのです。

 これに対する報復の意味もあったようですが、アメリカが投下したのは核爆弾に次ぐ破壊力を持つ、MOAB(Massive Ordnance Air Blast)と呼ばれる爆弾です。大規模爆風弾という名の通り、ものすごい爆風で、地下の洞穴がみんな吹っ飛んでしまうほどだといいます。関係者の発表によれば、ISの戦闘員94人がこれで爆殺されました。ある意味で八つ当たりですが、これも、「やるときはやる」という、トランプ氏の意思の表明の一つなのでしょう。


●現在アメリカにとって北朝鮮は最大の脅威だ


 これは、北朝鮮に対する力の誇示でもあります。「おまえらも変なことをしたら、ぶっ飛ばしてやるぞ」というわけです。トランプ氏らしいやり方です。実際、現在アメリカにとって、北朝鮮は最大の脅威だといわれています。北朝鮮はこれまで、ほとんど毎週のように弾道ミサイルの発射実験を行ってきました。国連安全保障理事会、アメリカやアジアの関係各国、そしてヨーロッパも再三、北朝鮮に危険な行動はやめろと警告しています。しかし、金正恩・朝鮮労働党委員長はまったくそれを無視しています。

 アメリカ軍の分析によれば、北朝鮮では大陸間弾道ミサイル、ICBM(Intercontinental Ballistic Missile)の開発が、かなり現実化していま...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。