10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ大統領とは一体どんな人物なのか?

2018年激動の世界と日本(2)トランプとオバマケア

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
ドナルド・トランプ大統領就任から1年がたった今、トランプ政権はどこへ向かっていくのか。公立大学法人首都大学東京理事長・島田晴雄氏が、この間のトランプ政権の混乱ぶりを詳細に解説する。トランプ大統領はオバマケアを始め、バラク・オバマ前大統領の政策を全て否定しているが、それは一体なぜなのか。(2018年1月16日開催島田塾会長講演「激動の世界と日本」より、全14話中第2話)
時間:13:25
収録日:2018/01/16
追加日:2018/04/21
ジャンル:
≪全文≫

●日本はトランプ氏とも渡り合っていける


 それでは、ドナルド・トランプ政権についてまずは見ていきましょう。トランプ氏は大統領選挙中、「日本は不公正貿易だ」、「中国と日本から仕事を取り戻してやる」、「TPPは離脱する」、「日本はフリーライダーだ」と、こんなことを言っていました。彼の最大の問題は、国際協力というものを経済面でも安全保障面でも理解していないということです。それだけの教養、理解力がありません。

 ただし、大統領の選挙中の発言は公約ですから、もしこれが実行されるとすると大変です。そういうわけで、島田塾の有志10人でニューヨークやワシントンのいろんな論客を訪ね、話を聞いてきました。その結果、日本はトランプ氏であっても渡り合っていけると確信しました。彼の発言は非常に過激ですが、詰めが甘いし、アメリカの立法や司法制度は非常に重厚ですから、簡単に変えることはできません。


●安倍晋三首相は非常に見事にトランプ氏と関係をつくった


 それに加えて、安倍晋三首相は非常に見事にトランプ氏と関係をつくりました。トランプ氏が大統領になる前に、トランプタワーを電撃訪問したのです。安倍首相はトランプ大統領のことを非常によく調べていました。ある情報筋から、トランプ氏が「いの一番に飛んでくるやつはかわいいやつだ」という感覚を持っているということをつかんでいたようです。実際、トランプタワーを訪問し、非常に歓迎されました。

 2017年2月には、安倍首相とトランプ大統領は公式会談を行いました。この会談はアメリカ政治史上、空前の出来事でした。ホワイトハウスで会談した後、フロリダに行ってゴルフを楽しみ、さらに会談をしたのです。しかも通常であれば、公式会談の後にジョイントで記者会見を行い、夕食会をして終わりですが、夕食会と昼食会を含めて公式食事会を5回行ったのです。これはアメリカ政治史上、初めてのことでした。

 しかも、二人は19秒も握手をしていました。トランプ氏は妙に潔癖なところがあって、普段は人とそれほど長い時間、握手しないそうなのです。ところが安倍首相とは19秒間も、顔を見つめて握手をしていたのです。フィナンシャルタイムズはこれを「ブロマンス(bromance)」と報じました。

 ロマンスは男と女の肉体関係のある愛のことを指しますが、ブロマンスは、肉体関係はないでしょうが、男と男の愛を指すそうです。この握手以来、あちこちで使われている表現ですが、2人の関係はブロマンスのようなのです。確かに、安倍首相に対して、トランプ大統領に媚過ぎているのではないかという批判が、ドイツのアンゲラ・メルケル首相らから出てきましたが、私は必ずしもそうは思いません。彼をそこまで取り込むのに一生懸命になったということは、安倍首相が得た国益は50兆円は下らないと思います。大変な貢献でした。


●You are unqualified, Donald


 トランプ大統領には知識が欠けています。非常に不勉強です。例えばNATO(北大西洋条約機構)について、何の役にも立たないし、これまで何も役割を果たしてこなかったと言ったことがありました。かと思えば、途中から意見を変えます。メディアにその理由を聞かれると、「俺はゴルフ場のオーナーで、ゴルフ場のことしか知らなかったんだ。NATOのことなんて知るわけないだろ。勉強したから意見が変わったんだよ」と言う始末です。

 「だったら大統領選に出てくるなよ」と言いたいぐらいですね。ヒラリー・クリントン氏は、はっきり「You are unqualified, Donald(あなたなんて大統領の資格なしよ)」と言っていました。本当にunqualifiedな人です。私も直接会う機会があればそう言ってやりたいくらいです。

 ホワイトハウスでは早朝に安保ブリーフィングが行われてきました。ジョン・F・ケネディ大統領がキューバ危機の時に始めて以来、続けられてきた慣習です。アメリカ大統領は世界の安全保障を全て掌握していなければなりませんから、ブリーフィングは2時間にも及びます。

 ところがトランプ大統領は、明け方までテレビを見ていて、寝る前にTwitterです。ですから、朝もすぐに起きてきません。起こしに行くと、10枚ものブリーフィングなんて読めない、と。というわけで、何と彼が大統領に就任してから、ブリーフィングが1枚だけになってしまいました。そうなると今度は専門家が困ります。伝えたいことが伝えられないのですから、当然です。ところが、トランプ大統領は専門家の分析を拒否して、リアル・ファクトが欲しいと言い出します。


●腹心中の腹心がどんどんと辞めていく


 レックス・ティラーソン国務長官は立派な人ですが、とうとう頭に来てトランプ大統領のことを「moron」だと言い放ちました。moronというのは、「ばか」という意味です。これはメディアで話題になりました。...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。