テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
東秀敏

東秀敏

あずまひでとし

米国安全保障企画研究員
現米国安全保障企画研究員。

 早稲田大学卒業後、ジョージ・ワシントン大学大学院で安全保障の修士号を取得。2016年度大統領選挙期間前後の数年に渡り米国でロビイングを行う一方、ワシントンとモスクワで米露関係の研究を行いForeign Affairs等の政策ジャーナルに多数寄稿。米露 での研究成果は、2018年に共著本『トランプ ロシアゲートの虚実』として出版。サイバーレジリエンスを推進するベンチャー企業、レジリエンス・ジャパン社の社長も務める。

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む (全6話)

収録日:2020/06/11
追加日:2020/08/13

無名候補ハーディングが大統領選に勝利した100年前との共通点

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(1)米国第一主義の台頭

追加日:2020/08/13
アメリカでは今年(2020年)11月に大統領選挙が行われるが、政治状況は今、混迷を極めている。実はちょうど100年前の1920年大統領選挙前後も、同様に混迷した政治状況にあった。当時、大統領選挙に勝利したハーディングに注目し、今日...

なぜハーディング候補は歴史的大勝を収めることができたのか

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(2)ハーディングの実像

追加日:2020/08/20
ハーディングは当時、共和党としては異色の政治家だった。学歴も後ろ盾もない中、ビジネスマンとして身を立て、政治家の道を志し、やがて1920年に大統領に選出されることになる。それは、彼が当時普及し始めたメディアを活用して、大...

ハーディング流ディール外交に敗北した日本

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(3)米国第一主義の実践

追加日:2020/08/27
ハーディングは国内政策と外交政策の両面で、大きな改革を行った。国内的には経済自由化を徹底し、非常に早いスピードでの国内経済の回復を達成。また、外交政策に関しては、再度孤立主義を打ち出し日英への圧力を強めた。当時の日本...

あのまま存命なら「原・ハーディング」ディールの可能性も

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(4)新世界としてのアメリカ

追加日:2020/09/10
およそ100年前のアメリカの大転換は、大英帝国的な国際協調主義を取るウィルソン大統領の姿勢に反発し、ヨーロッパとは異なるアメリカという自己意識を追求する人々に呼応する形で生まれた。この転換は、現代アメリカの姿勢にもつなが...

ハーディングとトランプがつくり出したのは別のアメリカ

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(5)新たなスタイルの政治家

追加日:2020/09/17
ハーディングの特異性はいくつかの特徴によって語られる。後ろ盾を持たないことをよく理解していたため、エリート内でも対立を避け、共和党の重鎮からの信頼を勝ち取った。また、ビジネスの経験や縁故主義によって強く結束したエリー...

ハーディングと原敬を失ったのは日米にとって大きな損失

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(6)日米にとっての不運

追加日:2020/09/24
ハーディングは、第一次世界大戦後の世界における最大の脅威を、日本とイギリスだと見なしていた。日本はこの転換を理解できずに、アメリカと疎遠になっていく。原敬は、ハーディングと似たような経歴を持ち、アメリカの転換を理解で...

2020年全米暴動を考える (全2話)

収録日:2020/06/11
追加日:2020/06/27

2020年の全米暴動は「米国建国の原罪」に起因する

2020年全米暴動を考える(1)複雑な人種差別問題

追加日:2020/06/27
2020年5月に起こった黒人男性に対する白人警官の暴行に端を発する暴動は、アメリカ全土を混乱の渦に巻き込んでいる。その背景には、アメリカの複雑な人種問題や、選挙への政治利用を目論む集団の存在がある。中でも人種問題は、人間平...

日本にとって大きな意味を持つのは米国が内戦状態にあること

2020年全米暴動を考える(2)文化マルクス主義と分断化

追加日:2020/06/27
人種問題によるアメリカの分断化は、過激な文化マルクス主義を追求する民主党のイニシアティヴによるものだという。トランプ大統領の目標の一つに、その行き過ぎた文化マルクス主義との決別がある。アメリカ独特の価値観をもとに統一...

近いテーマの講師一覧

中西輝政

京都大学名誉教授歴史学者国際政治学者

小原雅博

東京大学大学院 法学政治学研究科 教授

岡本行夫

外交評論家MIT国際研究センターシニアフェロー

日高義樹

ハドソン研究所首席研究員

高島修

シティグループ証券 チーフFXストラテジスト

白石隆

公立大学法人熊本県立大学 理事長

石川好

作家