テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「第二次米国革命」の延長線にある3つのフロンティア開拓

2020年度独立記念日演説と第2次米国革命(6)独立記念日演説の核心その4

東秀敏
米国安全保障企画研究員
情報・テキスト
演説の終盤ではいよいよトランプ氏のめざすアメリカ像として「第二次米国革命」の姿が明らかになる。それは「独立」のために戦い抜き、勝利を得た後はフロンティアを拡大するアメリカである。21世紀のフロンティアはどこへ向かうのか。(全7話中第6話)
時間:09:14
収録日:2020/07/29
追加日:2020/10/15
ジャンル:
≪全文≫

●現状を独立戦争に見立て、「第二次米国革命」のジンテーゼへ


 前回の「止揚」により「統合」されたものが出てくるのが、「第二次米国革命」というジンテーゼの段階です。まず英語を読みます。

“Here tonight, before the eyes of our forefathers, Americans declare again, as we did 244 years ago: that we will not be tyrannized, we will not be demeaned, and we will not be intimidated by bad, evil people. It will not happen.”

 日本語訳を読みます。

「今夜ここで、我々の先祖の見守る前で、アメリカ国民は、244年前に行ったように、宣言するのであります。我々は虐げられない。我々は卑しめられない。我々は、悪い邪悪な者に脅されない。それは起こってはならないものであります。」

 これはまさに独立戦争の精神をうまく表現したもので、英語の表現として「tyrannized」とあるのを「虐げられない」と日本語訳しているのですが、「暴政」という単語に対比する英語が「tyranny」です。「tyranny」なので、米国独立戦争というのは、大英帝国という「tyranny」に対して立ち上がったわけなのです。

 ここでトランプ氏は、極左勢力が支配する文化革命を「tyranny」と表現しているわけです。これはもう今の政治環境を独立戦争のロジックを用いて見ているわけで、もはや「第二次米国革命」の機運が完全に高まっている表れです。


●244年後に繰り返される「独立宣言」の理想


 そして、ここで実際に「独立宣言」なるものをトランプ氏は宣言します。まず、英語を読みます。

「We will proclaim the ideals of the Declaration of Independence, and we will never surrender the spirit and the courage and the cause of July 4th, 1776.
Upon this ground, we will stand firm and unwavering. In the face of lies meant to divide us, demoralize us, and diminish us, we will show that the story of America unites us, inspires us, includes us all, and makes everyone free.」

 日本語訳を読みます。

「我々は独立宣言の理想を宣言し、その精神、勇気、そして1776年7月4日の主義を絶対に手放すことをしません。
この土台の上で、我々は強固で、不動に立ち尽くすものであります。我々を分断し、士気を乱し、弱体化することを狙った虚言に直面する中、我々はアメリカの物語が我々を統一し、鼓舞し、万人を受け入れ、自由を与えるものであると証明するのであります。」

 ここで独立宣言の精神を一度振り返って、それをまた再び宣言しているわけです。独立宣言をわざわざ引用して、ここで再宣言をしているのは何に対してかというと、立ちはだかる極左の暴力的な全体主義です。

 それに対して、繰り返し言っているように、トランプ勢力が米国革命の正当なる後継者であって、実際に米国国内で政府が全体主義勢力に乗っ取られ、トランプのみがその全体主義勢力を追い払うことができるというロジックにまで上昇させています。

 ここのくだりに「士気を乱し」(demoralize)とありますが、これは普通の政治状態では使われない表現です。この表現を使っているということは、やはり今のアメリカというのが、もう内戦というより独立戦争に近いような状態にあると、最低でもトランプ側は認識しています。


●第二次米国革命がもたらす新しいアメリカの実態とは


 ここで、トランプ氏が第二次米国革命によって目指す米国がどのような実態を伴うものなのか、少し垣間見ることができるくだりがあります。まず、英語から読みます。

“We are the culture that put up the Hoover Dam, laid down the highways, and sculpted the skyline of Manhattan. We are the people who dreamed a spectacular dream ― it was called: Las Vegas, in the Nevada desert; who built up Miami from the Florida marsh; and who carved our heroes into the face of Mount Rushmore. (Applause.)
Americans harnessed electricity, split the atom, and gave the world the telephone and the Internet. We settled the Wild West, won two World Wars, landed American astronauts on the Moon ― and one day very soon, we will plant our flag on Mars. ”

 日本語訳で読みます。

「我々はフーバーダムを建設、高速道路を繋ぎ、マンハッタンの高層ビル群を彫刻した文化であります。我々は劇的な夢を夢見る国民であります。その夢は、ネヴァダ州砂漠にあるラスベガスと呼ばれました。我々は、フロリダの沼地からマイアミを造りました。我々は、ラシュモア山の表面に我々の英雄を彫りました。
 アメリカ人は電力を駆使し、原子を分離し、世界に電話とインターネットを与えました。我々は西部地方を開拓し、二つの大戦に勝...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。