テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

左翼の全体主義化を示す「キャンセル文化」とは?

2020年度独立記念日演説と第2次米国革命(4)独立記念日演説の核心その2

東秀敏
米国安全保障企画研究員
情報・テキスト
独立記念日演説は、ヘーゲル弁証法のテーゼに向かう。トランプ氏が敵と名指しするのは民主党で、彼らは「左翼文化革命」を意図する存在と糾弾される。最近話題に上る「ブラック・ライヴズ・マター」の運動や「キャンセル・カルチャー」の動きは、トランプ氏にとってアメリカの自由を脅かすものなのだ。(全7話中第4話)
時間:10:50
収録日:2020/07/29
追加日:2020/10/08
ジャンル:
≪全文≫

●敵対勢力=左翼文化革命という「テーゼ」を示す


 次に、敵対勢力の指名がなされます。これが「左翼文化革命」を指し、いよいよテーゼの段階に入ります。まず英語のくだりを読みます。

“Angry mobs are trying to tear down statues of our Founders, deface our most sacred memorials, and unleash a wave of violent crime in our cities. Many of these people have no idea why they are doing this, but some know exactly what they are doing.”

 非常に重要なくだりです。日本語で説明します。

「怒り狂う暴徒は我々の建国の父の銅像を取り壊し、我々の最も神聖なる記念碑を冒涜し、我々の都市に暴力犯罪の波を放とうとしています。彼らの多くは自らの行為の理由を理解していません。しかし、特定の者は自らがなにをしているのかしっかりと理解しています。」

 スライド内の太線で引いた箇所(some know exactly what they are doing:特定の者は自らがなにをしているのかしっかりと理解しています)ですが、一連の暴動は左翼の文化革命に位置付けられるものの、「暴動に参加している人たちは、なぜ自分がそこにいるか分からない人ばかりだ」と彼は言います。

 これは私が米国に住んでいた体験からも言えることですが、暴動の参加者のほとんどは日雇いで動員されています。日雇いで動員されるということは、金目当てでやっているわけで、政治的目的をもって破壊行為をやっているわけではありません。

 しかし、この暴動を組織する一部の勢力がいることは確かです。トランプ大統領は名指しこそしていませんが、トランプ側からすると、これを組織しているのは民主党勢力であるということは、共通の理解となっています。


●左翼の全体主義化を示す「キャンセル文化」


 続いて、「左翼文化革命」の本質に迫ります。まず英語のくだりです。

“One of their political weapons is “Cancel Culture” ― driving people from their jobs, shaming dissenters, and demanding total submission from anyone who disagrees. This is the very definition of totalitarianism, and it is completely alien to our culture and our values, and it has absolutely no place in the United States of America.
(Applause.) This attack on our liberty, our magnificent liberty, must be stopped, and it will be stopped very quickly. We will expose this dangerous movement, protect our nation’s children, end this radical assault, and preserve our beloved American way of life. (Applause.)”

 これもすごい表現の仕方です。日本語で言いましょう。

「彼らの政治上の武器として『キャンセル文化』があります。それは失業をあおり、反対者を恥晒しにし、反対意見を持つ者に完全な服従を求めます。これは正に全体主義の定義そのものであり、我々の文化や価値観とは全く異なるものであります。それはアメリカ合衆国において一切受け入れられるものではありません。
我々の自由、我々の偉大なる自由に対する攻撃は止めなければなりません。そしてそれは直ちに止められます。我々はこの危険な運動を暴露し、我々の国の子供達を守り、過激な攻撃に終止符を打ち、愛するべきアメリカ的な生活を守り抜く所存であります。」

 スライド内で太線を引いたところ(This is the very definition of totalitarianism, and it is completely alien to our culture and our values, and it has absolutely no place in the United States of America:これは正に全体主義の定義そのものであり、我々の文化や価値観とは全く異なるものであります。それはアメリカ合衆国において一切受け入れられるものではありません)が最も重要な箇所です。

 今アメリカで起きている現象の一つとして「キャンセル文化」というものがあります。例えばツイッター上でトランプを支持するような発言をすると、一気に袋叩きにあって、ほとんどの場合会社をクビになります。そして、もはや社会的に復帰できない状態まで追い込まれるのがほとんどです。

 これは、左翼側が好んで使うやり方で、まさに言論の自由を封鎖するような行為であり、トランプ側からすると「全体主義」とみなされています。

 ここで重要なのは、「我々の文化や価値観とは全く異なるもの」で、「それはアメリカ合衆国において一切受け入れられるものではありません」とトランプが言っていることです。つまり、アメリカというのは、国の成り立ちからして必然的に全体主義に反対する勢力であるわけです。全体主義は、どんな形であれ、アメリカ国内において存在することはできないのです。

 ですので、トランプ側のロジックとしては、民主党がもう全体主義になってしまったと言い切っ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。