テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜハーディング候補は歴史的大勝を収めることができたのか

ハーディングとトランプ~100年前の米大統領選を読む(2)ハーディングの実像

東秀敏
米国安全保障企画研究員
情報・テキスト
ハーディング大統領就任式、1921年
ハーディングは当時、共和党としては異色の政治家だった。学歴も後ろ盾もない中、ビジネスマンとして身を立て、政治家の道を志し、やがて1920年に大統領に選出されることになる。それは、彼が当時普及し始めたメディアを活用して、大衆にアピールし、支持を獲得したからである。この点、ソーシャルメディアを巧みに用いるトランプ大統領との大きな共通点である。(全6話中第2話)
時間:06:22
収録日:2020/06/11
追加日:2020/08/20
キーワード:
≪全文≫

●異色の共和党エリートとしてのハーディング


 このアメリカファーストを唱えたウォレン・G・ハーディング候補の人柄を見ていきましょう。

 ハーディングは、1865年に地方の州であるオハイオ州の中でも特に田舎の町で生まれ育ちました。アングロサクソン系とオランダ系の血を継いでおり、典型的な白人です。宗教的には、プロテスタントの一派のバプテスト派、福音派でした。今はなきまったく無名の地方大学を卒業した後、300ドルでオンボロ新聞社を買収して、それをオハイオ一の新聞社に育て上げました。しかも民主党の基盤であるにもかかわらず、共和党系の新聞社を地域ナンバーワンに育て上げるなど、辣腕を振るいました。

 大学時代からすでに雄弁家として活躍しており、彼が34歳のときにオハイオ州の議員に選出されました。州知事選挙で敗れますが、1914年には州知事レベルを超えて、上院議員として一気に国政デビューしました。根っからの共和党員として非常に人気がありました。

 当時はWASP、つまり白人、アングロサクソン、プロテスタントの層の支配が盤石で、加えてアイビーリーグ出身という肩書き、そして財閥の支持等を持つ人々が、談合で政治を動かしていた時代でした。しかし、ハーディングは田舎の出身で、一応WASPには該当しますが、学歴や財閥の後ろ盾もない、完全なアウトサイダーでした。彼は、「オハイオギャング」と呼ばれる地元からの縁故主義による人脈を連れてきて、地元色を強く打ち出して国政にデビューしました。しかも、トランプ大統領とはこの点で異なるのですが、敵をまったくつくらない穏健な人として振る舞って、共和党内でも独特の存在感を発揮しました。


●メディアをうまく利用して1920年に大統領に選出


 次に、この無名候補ハーディングが、大統領選挙に出馬して当選するまでの背景についてご説明します。まず背景として、共和党の重鎮のセオドア・ルーズベルトが1919年に亡くなりました。民主党のウッドロー・ウィルソン大統領は三期目を目指しましたが、あまりにも人気がないので、民主党の有力者に説得されて引き下がりました。そして共和党と民主党の双方が談合で妥協案を出し、共和党側は無名候補のハーディング、民主党側はコックスという議員を候補者としました。

 当時ハーディングはまったくの無名で、二流の政治家と思われていました。しかし、現在のソーシャルメディアに当たるような新しいメディア、すなわちラジオの時代が到来していたので、持って生まれた雄弁家としての才能と、アメリカファーストなどの非常に響きの良いスローガンを巧みに用いて、大きな人気を博しました。

 着目すべきは、彼は全国遊説に行かずに、自宅に引きこもって玄関先キャンペーンを展開しました。ラジオやニュースリールなどの新しいメディアを使って、全国にアピールするという極端な選挙戦略を取りました。

 また、2016年の大統領選挙におけるトランプとも共通しますが、多くのスキャンダルにさらされました。大統領選挙期間中に、黒人末裔説が勝手にフェイクニュースとして拡散されるなど、ネガティブキャンペーンの被害に遭いました。しかし、結果的には全米の60パーセントの支持を受けて当選しました。圧勝です。


●ハーディングのキャンペーンが呼び込んだ歴史的大勝


 上の地図のうち、赤が共和党候補のハーディングが勝った地域、青が民主党候補のコックスが勝った地域です。実は、当時の民主党は南部に基盤を持っていました。黒人奴隷の利権と関係しており、共和党は黒人奴隷反対派だったので、北部の基盤が強かったのです。ですので、今では考えられないのですが、カリフォルニアなどの西海岸の州も共和党候補を支持していたというのが当時の状況でした。ハーディングの支持率は、米国の歴史の中で最も高い記録です。当時のハーディングに対する熱狂は、それほどのものだったのです。

 写真をご紹介します。こちらは玄関先キャンペーンの写真です。

 次に、ハーディング流ポピュリズムの実践に関する写真です。大統領候補がこのようにバンドとコラボしました。

 また、当時非常に人気が高かった、ニューヨーク・ヤンキースのベーブ・ルースと会うなどして、国民に強くアピールしました。

 これは、オハイオギャングの顔ぶれです。まさに本物のギャングのような顔ぶれですが、実はこの中から2人大統領が生まれました。当時副大統領を務めていた...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。