10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
葛西敬之

葛西敬之

かさいよしゆき

東海旅客鉄道(JR東海)代表取締役名誉会長
1940年生まれ。
1963年東京大学法学部卒業後、同年日本国有鉄道入社。
1967年米国ウィスコンシン大学に留学し、経済学修士号取得。国鉄改革で分割民営化に尽力。
1987年JR東海発足、取締役総合企画本部長。
1995年代表取締役社長
2004年代表取締役会長。2014年から現職。
安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会委員、宇宙政策委員会委員長などを務める。
著書に「未完の国鉄改革」「国鉄改革の真実~宮廷革命と啓蒙運動~」「明日のリーダーのために」など。

講義リスト

「衝突回避の原則」は従来の常識を覆す鉄道革命!

東海道新幹線50周年と海外展開(1)日本型高速鉄道システムを世界標準へ

安全性と効率性をきわめて高い水準で両立した日本の高速鉄道には、それを支える日本独自の概念と技術があった。その革命性と国際化に向けた将来展望を、JR東海の葛西敬之名...
収録日:2014/04/15
追加日:2014/07/03

東京-名古屋間を40分で結ぶ夢の超高速鉄道

東海道新幹線50周年と海外展開(2)21世紀の新たな飛躍 超電導リニア(SCMAGLEV)

東京-名古屋間を40分で結ぶ超電導リニア(SCMAGLEV)。21世紀の新・鉄道革命として50年以上にわたり開発を進めてきた。その技術の強み、開発経緯、海外展開、社...
収録日:2014/04/15
追加日:2014/07/03

米国のBMW族と超電導リニアは親和性が高い?

超電導リニア(SCMAGLEV)を日米同盟のショーケースに

日米が国家レベルで協働し、計画が進む超電導リニア(SCMAGLEV)。飛躍的に進化した技術と脱自動車型のモビリティースタイルは、都市と経済の構造をどう変え、社会に...
収録日:2014/04/15
追加日:2014/07/10

日米は21世紀の世界ルールを守る上で重要なパートナー

日米同盟の必要性~アメリカにとって日本は死活的に必要な同盟国~

今後の日米同盟は、果たしてどうすべきなのか。第二次世界大戦を反省し、日本の地理上の位置や日米の社会価値基盤などを踏まえて、JR東海の葛西敬之名誉会長が、日米関係の...
収録日:2014/04/15
追加日:2015/04/23

次代のリーダー養成校は全寮制を採用している

今の日本で優れたリーダーを育てられるのか

「日本のイートン校」とも言われる、全寮制の次代リーダー養成校「海陽学園」の設立に当初からたずさわり、現在は副理事長も務めるJR東海の葛西敬之名誉会長が、海陽学園に...
収録日:2014/04/15
追加日:2015/01/27

日本史上、数少ない行政改革を成し遂げたリーダーシップ

日本のリーダーはどうあるべきか

当時、行政管理庁長官であった中曽根康弘氏らとともに国鉄改革に尽力した一人、JR東海の葛西敬之名誉会長が、中曽根氏、明治維新、大東亜戦争のリーダーシップを引き合いに...
収録日:2014/04/15
追加日:2015/01/27

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧