テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
船橋洋一

船橋洋一

ふなばしよういち

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長/元朝日新聞社 主筆
1944年北京生まれ。
東京大学教養学部卒。
1968年、朝日新聞社入社。
朝日新聞社北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て、2007年から2010年12月まで朝日新聞社主筆。
米ハーバード大学ニーメンフェロー(1975-76年)、米国際経済研究所客員研究員(1987年)、慶応大学法学博士号取得(1992年)、米コロンビア大学ドナルド・キーン・フェロー(2003年)、米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー(2005-06年)。
2013年まで国際危機グループ(ICG)執行理事を務め、現在は、三極委員会(Trilateral Commission)のメンバーである。
2011年9月に日本再建イニシアティブを設立し、2016年、世界の最も優れたアジア報道に対して与えられる米スタンフォード大アジア太平洋研究所(APARC)のショレンスタイン・ジャーナリズム賞を日本人として初めて受賞。


【主な著書など】
2019  『シンクタンクとは何か-政策起業力の時代』 (中公新書)
2017  『米中戦争前夜――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』
    (グレアム・アリソン著、 船橋 洋一・序文 その他、 藤原 朝子翻訳)(ダイヤモンド社)
2016  『21世紀 地政学入門』 (文春新書)
2015  『湛山読本―いまこそ、自由主義、再興せよ。』 (東洋経済新報社)
    『検証 日本の「失われた20年」』 (編著、東洋経済新報社)
2014  『原発敗戦 危機のリーダーシップとは』 (文春新書)
2013  『カウントダウン・メルトダウン』 (文藝春秋、大宅壮一ノンフィクション賞)
2010  『新世界 国々の興亡』 (朝日新聞出版社)
2007   The Peninsula Question: A Chronicle of the Second Nuclear Crisis (Brookings Institution Press)
2006  『ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機』 (朝日新聞社)
2005  『青い海をもとめて 東アジア海洋文明紀行』 (朝日新聞社)
2004  『歴史和解の旅 対立の過去から共生の未来へ』 (朝日新聞社)
2003   Reconciliation in the Asia-Pacific, ed. (USIP)
2001   Alliance Tomorrow, ed. (Tokyo Foundation)
    『日本の戦争責任をどう考えるか 歴史和解ワークショップからの報告』 (朝日新聞社)
2000  『あえて英語公用語論』 (文春新書)

国際秩序の変容 (全7話)

対談 | 船橋洋一/神藏孝之
収録日:2019/09/03
追加日:2019/11/18

今起こっている国際秩序の変容は「危機の20年」の再来か

国際秩序の変容(1)「危機の20年」の再来か

追加日:2019/11/18
今、国際秩序は変容の時代に入っている。第二次世界大戦の反省から、戦後「復讐のサイクル」をつくらないための国際的な信頼関係と和解が築き上げられてきた。しかし2010年代に入ってから、以前の信頼関係を切り崩す戦略を取る国々が...

“経済相互依存の武器化”が始まっている

国際秩序の変容(2)地経学化する地政学

追加日:2019/11/25
戦間期と現在では、関税率の上昇が類似している。戦間期はこれにより世界が保護主義に傾いた。さらに、当時はラジオが大きな役割を果たしたが、現在ではインターネット等のデジタル化により、情報操作や金融情報のコントロールによる...

「トゥキュディデスの罠」で警告した状況が生まれつつある

国際秩序の変容(3)中国の技術革新とトゥキュディデスの罠

追加日:2019/12/02
中国の社会体制は、企業が政府や軍と強く結びついているため、新しい技術や情報の相互利用も容易になっている。日本は今後、こうした動きに対抗できるようなインテリジェンス機能と最新技術の活用を進めていく必要がある。(全7話中第3...

BREXITに向かって突っ走っているイギリスの悲劇性

国際秩序の変容(4)イギリスの悲劇性とリーダーシップ

追加日:2019/12/09
トランプ現象などを見ると、リーダーシップの質を維持する仕組みが世界中で壊れてきているように感じられる。注目すべきはイギリスで、しっかりと統治されていた国がなぜBREXITに向かって突っ走っているのか。その悲劇性について考え...

中国の経済的躍進のなか、日韓関係をどう考えていくべきか

国際秩序の変容(5)ナショナリズムと日韓関係

追加日:2019/12/16
世界の分断を克服する手立てとして、ナショナリズムは有効だろうか。韓国の場合、日本に強硬な立場を取ることで、国内の支持率上昇に成功してきた。しかし、中国の台頭を考えれば、日韓はナショナリズムでつぶしあわず、大局的な戦略...

国際秩序においてパワーの裏付けなければモラリティはない

国際秩序の変容(6)パワーとモラリティ

追加日:2019/12/23
香港の民主化問題は、ますます深刻化しており、中国や台湾が関与することで、長期化が予想される。こうした、世界中で生じている危機の性質を考える際には、パワーとモラリティのバランスによって成立する、国際秩序の仕組みを理解す...

資本主義の成長がなければ、嫉妬の政治になっていく

国際秩序の変容(7)戦後日本の発展とこれから

追加日:2019/12/30
戦後日本の発展は、人口ボーナスに加え国際秩序がプラスに働いたことで実現したが、現在は人口減少と経済成長率の低下などの問題が起こっている。また、現代の民主主義は資本主義の成長があってのもので、それがなければ、嫉妬の政治...

近いテーマの講師一覧

小原雅博

東京大学大学院 法学政治学研究科 教授

岡本行夫

外交評論家MIT国際研究センターシニアフェロー

中西輝政

京都大学名誉教授歴史学者国際政治学者

日高義樹

ハドソン研究所首席研究員

高島修

シティグループ証券 チーフFXストラテジスト

白石隆

公立大学法人熊本県立大学 理事長

石川好

作家