10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
土井香苗

土井香苗

どいかなえ

国際 NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表
1975年8月神奈川県生まれ。
1996年に司法試験に合格後、大学4年生の時、アフリカで一番新しい独立国・エリトリアに赴き、1年間、エリトリア法務省で法律作りのお手伝いのボランティア。
その後、1998年東京大学法学部卒。2000年司法研修所終了。
2000年から2016年3月まで弁護士(日本)。普段の業務の傍ら、日本にいる難民の法的支援や難民認定法の改正のロビーイングやキャンペーンにかかわる。
2006年6月米国ニューヨーク大学ロースクール修士課程終了(国際法)。2007年以来、米国ニューヨーク州弁護士。
2006年から、国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチのニューヨーク本部のフェロー。2007年から日本駐在員。2008年9月から日本代表。2009年4月に東京オフィスを明治大学駿河台キャンパス内に設立。
これまでに、テレビ朝日「サンデーフロントライン」のニュース選定委員や、CS朝日ニュースター「ニュースの深層」のキャスターを務めた。2010年エイボン女性賞受賞。2011年世界経済フォーラム(WEF) Young Global Leader (YGL)。朝日新聞紙面審議会第21期委員(2011年~13年)。
著書に「巻き込む力 すべての人の尊厳が守られる世界に向けて」(小学館 2011年)、「“ようこそ”といえる日本へ」(岩波書店 2005年)、「テキストブック 現代の人権 第3版」(日本評論社 2004年)など。

(2016年4月現在)

講義リスト

戦争、独裁、マイノリティを題材に人権保護の活動を行う

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(1)活動の3つの柱

「人権保護の世界では、日本の力、特に日本政府や日本企業の力が求められている」と、国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」日本代表の土井香苗氏は話す。なぜ日本...
収録日:2016/03/03
追加日:2016/06/09

国連も動かした! 首相に働き掛け犯罪調査委員会設立

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(2)北朝鮮の人権問題

拉致問題、政治犯収容所問題、言論統制。世界でも類を見ない人権蹂躙が行われている北朝鮮。その国に国際社会としてNOを突き付けるため、日本政府に働き掛けて、国連に北朝...
収録日:2016/03/03
追加日:2016/06/16

日本は外国に比べ、施設で暮らす子どもが多すぎる!

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(3)子どもの人権問題

日本の人権状況は世界約200カ国の中ではいい方だが、日本政府は人権問題に何も対応していないと考える国も多いと、「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」日本代表・土井香苗氏...
収録日:2016/03/03
追加日:2016/06/26

LGBT問題の地域格差と日本の現状

LGBT生徒へのいじめと排除(1)実態調査で分かったこと

国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表の土井香苗氏が、日本の学校でのLGBTの生徒たちのいじめや排除に関する現状を、調査結果を踏まえ解説する。LGBTの子どもたちへの...
収録日:2017/07/12
追加日:2017/08/01

トランスジェンダー対応策と性同一性障害特例法の問題点

LGBT生徒へのいじめと排除(2)トランスジェンダーへの壁

国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表の土井香苗氏が、LGBT生徒が置かれている現状と対応策の問題点について解説する。土井氏は、単なる「いじめは駄目」的な対応では...
収録日:2017/07/12
追加日:2017/08/04

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧