10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
山下万喜

山下万喜

やましたかずき

海上自衛隊自衛艦隊司令官
<階級>
海将(26.8.5)
<生年月日>
昭和35年生まれ
<現職>
海上自衛隊佐世保地方総監
<主要学歴>
防衛大学校(昭和58年3月卒)
海上自衛隊幹部候補生学校(昭和59年3月卒)
留米(海軍大学校指揮課程)
<防衛省(自衛隊)歴>
昭和58年 3月 海上自衛隊入隊          
昭和59年11月 護衛艦くらま を皮切りに、艦艇幹部として勤務
      ・
平成11年 3月 護衛艦まつゆき艦長
      ・
平成17年 8月 第3護衛隊司令
平成18年 7月 海上幕僚監部装備体系課長
平成19年 9月 海上幕僚監部補任課長
平成20年12月 第1護衛隊群司令
平成22年 8月 潜水艦隊司令部幕僚長
平成23年 8月 防衛大学校訓練部長
平成24年 7月 海上幕僚監部防衛部長
平成26年 8月 海上自衛隊幹部学校長
平成27年 8月 海上自衛隊佐世保地方総監
平成28年 12月 現職

講義リスト

なぜ東郷平八郎はバルチック艦隊を対馬で迎え撃ったのか?

戦史に見る意思決定プロセス(1)日本海海戦・東郷平八郎

「もしも自分が東郷平八郎だったら・・・」バルチック艦隊の迎撃作戦でどんな決断を下すだろうか。海上自衛隊幹部学校長・山下万喜氏が、現在西側諸国を中心に使われている意...
収録日:2015/06/15
追加日:2015/07/20

なぜ山本五十六は真珠湾への「奇襲攻撃」を選択したのか?

戦史に見る意思決定プロセス(2)真珠湾攻撃・山本五十六

当時の日本海軍にとって画期的な作戦だった昭和16(1941)年12月8日の真珠湾奇襲攻撃は、連合艦隊司令長官・山本五十六の卓抜な決断によって可能となったものだった...
収録日:2015/07/29
追加日:2015/09/24

ミッドウェー海戦の敗因となった爆弾はなぜ積まれたのか?

戦史に見る意思決定プロセス(3)ミッドウェー海戦・南雲忠一

昭和17(1942)年のミッドウェー海戦で大敗を喫した指揮官・南雲忠一の判断ミスは、適切な情報の不足に由来していた。なぜ南雲は、魚雷のままでよかった攻撃機の装備を...
収録日:2015/07/29
追加日:2015/10/01

栗田艦隊の「謎の反転」の意図がいま解き明かされる!

戦史に見る意思決定プロセス(4)レイテ沖海戦・栗田健男

海上自衛隊幹部学校長・山下万喜氏による、戦史に見る意思決定プロセス分析シリーズ。今回は、意思決定の成否を大きく左右する「使命分析」の重要性を、昭和19(1944)...
収録日:2015/07/29
追加日:2015/10/08

アメリカ海軍の意思決定プロセスに学ぶ

意思決定プロセスに見る日米比較

日本人からすると、一見迂遠な手続きに見える意思決定プロセスは、多様な出自を持つ人が出すさまざまなアイデアをまとめ上げていくためのアートだ。アメリカ人の身体に染み付...
収録日:2015/06/15
追加日:2015/10/15

海上自衛隊はアメリカ海軍に学んでいる

海上自衛隊の人材育成と米海軍との連携がもたらすもの

海上自衛隊幹部学校長・山下万喜氏が、あまり知られていない自衛隊員のキャリアパスやアメリカ海軍との連携について語る。欧米流の意思決定プロセスを身に付けなければ、相手...
収録日:2015/06/15
追加日:2015/10/22

中国海軍と海上自衛隊の意思決定プロセスの違い

昨今の軍事情勢と意思決定プロセスの重要性

アメリカ以外で優れた意思決定プロセスを採っている国はどこか。中国海軍の現状はどう判断できるか。意思決定プロセスの研究は、今後の海上自衛隊に何をもたらすか。海上自衛...
収録日:2015/06/15
追加日:2015/10/29

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧