テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.06.24

日本が初の世界1位!観光競争力ランキングとは

 2022年5月、日本が“観光競争力ランキング(2021年度)”において、全117か国のうち初の首位となったことが報道され、大きな話題となりました。

 インバウンド需要に力を注ぎ続けた国内の旅行業界にとっては何とも嬉しいニュースですが、そもそもこの“観光競争力”とは一体どういったものなのでしょうか。

ランキングは世界経済フォーラムが調査・算出

 観光競争力とは、各国の観光業の競争力を数値化(スコア化)したものです。スイスのダボス会議の主催団体である世界経済フォーラムが調査し、『旅行・観光競争力レポート』で調査報告をまとめ、ランク付けしています。

 観光競争力は、以下の5つの領域(サブインデックス)と、さらにそれを細分化した17項目113指標(ピラー、サブピラー)から評価されます。

【1】実現環境(安全面、衛生面など)
【2】旅行・観光政策と実現条件(価格競争力など)
【3】インフラ面(陸上・航空の交通面など)
【4】旅行・観光の需要喚起(旅行の動機付けとなる観光資源があるかなど)
【5】旅行と観光の持続性(環境配慮、オーバーツーリズム問題への対応など)

 以上のうち“【5】旅行と観光の持続性”とは持続可能性と回復力(サスティナビリティとレジリエンス)に関するもので、今回のランキングから新たに加えられたものとなっています。

日本は「インフラ」「観光資源」が高評価

<観光競争力総合ランキング(2021年度)>
1位:日本(2位↑)
2位:アメリカ(1位↓)
3位:スペイン(5位↓)
4位:フランス(6位↑)
5位:ドイツ(4位↓)
6位:スイス(7位↑)
7位:オーストラリア(8位↑)
8位:イギリス(3位↓)
9位:シンガポール(9位→)
10位:イタリア(12位↑)
※カッコ内は前回(2019年)の順位と順位変化。前回の順位は、今回と評価基準を合わせた順位となっている
※ロシア・ウクライナ戦争により、ロシア、ウクライナ両国は今回のランキングから除外

 前述の5つの領域のうち、日本は“【3】インフラ面”“【4】旅行・観光の需要喚起”において高評価を獲得。それぞれ領域別ランキングで世界3位となっています。中でも道路・列車など交通インフラの利便性、文化遺産や自然遺産など観光資源の豊富さ、加えて治安の良さ、清潔さが評価を押し上げ、総合評価でトップ1位となったのです。

 日本が1位となるのは、2007年の調査開始以来初のこと。2位から10位までのアメリカやスペインを始めとする欧米の国々は、前回の2019年、前々回の2017年のランキングでもトップ10入りしていた常連です(※当時の評価基準による)。観光先進国である欧米諸国を抑えての1位は、まさに快挙というべきものでしょう

アジア太平洋地域の国々が上位へ食い込む

 今回トップ10入りを果たした日本、オーストラリア、シンガポールをはじめ、アジア太平洋地域に属する国々が高スコア・高ランクとなったのも、本ランキングの特徴となっています。

 特にインドネシアは前回44位から32位と、全117か国中最も順位を上げたことが注目されています。さらにベトナム(52位/前回60位)は【1】【2】【3】の3つの領域においてほぼ全てのスコア値が上昇。全117か国中最もスコアを伸ばした国となりました。

 ランキング全体で見ると、アジア太平洋地域20か国のうち12か国が世界の平均スコアを上回る結果となり、アジア太平洋地域諸国全体が観光立国としての歩みを進めていることがうかがえます。

日本の今後の課題は?

 首位となった日本ですが、当然全ての項目のスコアが良かったわけではなく、評価が伸び悩んだ点もあります。

 最もスコアが低かったのは「価格競争力」で、117か国中96位。これは“【2】旅行・観光政策と実現条件”に属する項目で、同じく【2】に属する「旅行・観光の優先度」と「国際的開放度」もそれぞれ42位と39位と、かなり低めとなっています。特に「国際的開放度」については、トップ10の国の中で最低です。

 ほか【1】に属する「人的資源と労働市場(31位)」、【5】に属する「環境面の持続可能性(38位)」・「旅行・観光需要に対する圧力と影響(41位)」もスコアが低く、他国より出遅れている形となっています。

 これらのデータから、観光客と彼らを迎える事業者・地域住民ともに満足する価格設定と労働市場の改善、さらにオーバーツーリズム問題をはじめとした持続可能な観光環境の整備が、今後の日本の喫緊の課題と言えそうです。

<参考サイト>
・Travel & Tourism Development Index 2021(世界経済フォーラム公式HP)
https://www.weforum.org/reports/travel-and-tourism-development-index-2021/
・観光競争力、日本が初の首位 WEF調査(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR23CSE0T20C22A5000000/
・旅行・観光開発ランキング 「持続可能性」を考慮した2021年版で日本1位に -世界経済フォーラム(やまとごころ.jp)
https://yamatogokoro.jp/inbound_data/46457/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
2

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
3

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

「松」が鍵…オトリ商品によって起こる「極端の回避」とは

行動経済学とマーケティング(3)オトリ商品の罠とアンカリング効果

「オトリ商品の罠」という現象がある。寿司屋を例に挙げると、松竹梅という3つのメニューにおいて、オトリ商品の出し方を3つほど提示するのだが、そうすると、それぞれオトリになる商品があることによって、選択率が変わるとい...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/20
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
5

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授