10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
黒田基樹

黒田基樹

くろだもとき

駿河台大学副学長・法学部教授/日本史学博士
1965年東京生まれ。
【学歴】
1985/04~1989/03 早稲田大学 教育学部 社会科地理歴史専修 卒業 教育学士
1990/04~1992/03 駒澤大学 人文科学研究科 日本史学専攻 修士課程修了 文学修士
1992/04~1995/03 駒澤大学 人文科学研究科 日本史学専攻 博士課程単位取得満期退学
1999/03/10 駒澤大学 博士(日本史学)
(学位取得)

【主な職歴】
1992/07~1995/03 日本学術振興会 特別研究員DC2
1995/04~1998/03 日本学術振興会 特別研究員PD
1998/04~2009/03 駒澤大学 文学部 非常勤講師
1999/09~2003/03 立教大学 文学部 非常勤講師
2004/09~2008/03 立教大学 文学部 兼任講師
2005/04~2005/08 千葉大学 文学部 非常勤講師
2007/04~2008/08 首都大学東京 都市教養学部 非常勤講師
2008/04~2012/03 駿河台大学 法学部 法律学科 准教授
2012/04~ 駿河台大学 法学部 法律学科 教授
2013/04~2015/03 早稲田大学 教育学部 非常勤講師

【専門分野】
日本史(日本中世史・日本近世史)

【主な著書】
『戦国大名・伊勢宗瑞』
『真田信之』
『羽柴を名乗った人々』(KADOKAWA)、
『今川氏親と伊勢宗瑞:戦国大名誕生の条件 (中世から近世へ) 』
『戦国大名』(平凡社)、
『戦国北条五代』 (星海社新書)、
『戦国北条家一族事典』
『戦国北条氏五代』(戎光祥出版)、
『戦国大名の危機管理』(吉川弘文館)、
『百姓から見た戦国大名』(ちくま新書)、
『戦国大名北条氏の領国支配』(岩田書院)、
『中近世移行期の大名権力と村落』(校倉書房)、
『真田昌幸』(小学館)、
『北条氏康の家臣団 (歴史新書y)』
『「豊臣大名」真田一族』(洋泉社)、 など。

講義

戦国時代、民衆にとっての課題は生き延びること

百姓からみた戦国大名(1)戦国時代の過酷な生存環境

戦国時代とはどのような時代だったのか。過去の資料から見るとまず浮かび上がってくるのは、この時代の人々は、季節性に左右された周期的な大飢饉に生存を脅かされてい...
収録日:2019/03/20
追加日:2019/09/15

民衆にとって生命維持装置の役割を果たしていたのは「村」

百姓からみた戦国大名(2)「村」という組織の重要性

過酷な生存状況を民衆が生き延びるために重要な存在だったのが、村という組織である。村は百姓たちが集まってできた支援的な共同体であり、各家の私権を制約する公権力...
収録日:2019/03/20
追加日:2019/09/22

戦国時代、城郭が恒常的に存在するようになった二つの意味

百姓からみた戦国大名(3)統治権力と城郭の新しい役割

戦国大名の構造として重要なのは、戦争の恒常化に伴い、城を拠点にした領域が形成されたということである。これによって軍事拠点としての城郭が恒常的に存在するように...
収録日:2019/03/20
追加日:2019/09/29

「給人も百姓も成り立つように」に表れる戦国大名の在り方

百姓からみた戦国大名(4)家中の形成と村の役割

戦国大名の構造として、家来組織である「家中」の構築と管理も重要である。戦国大名は家中構成員の自力による解決を禁止。彼らが抱えている問題については全て戦国大名...
収録日:2019/03/20
追加日:2019/10/06

戦国大名と領国内の村との関係を大きく変えた「目安制」

百姓からみた戦国大名(5)「目安制」の導入

戦国時代においては、村の安定的な存続のために、対外戦争や飢饉災害に対して、さまざまな対策が講じられていった。その中でも重要なのは、大名が村に対して直接納税を...
収録日:2019/03/20
追加日:2019/10/13

北条氏康が行った天文19年の政治改革とは

百姓からみた戦国大名(6)統一的な税制改革

村の安定的な存続のために、戦国大名は領国内で一律の制度をつくることを試みた。北条家の事例では、天文19年、北条氏康の政治改革によってそれが達成される。このきっ...
収録日:2019/03/20
追加日:2019/10/20

近いテーマの講師一覧

山田康弘

国立歴史民俗博物館 研究部 教授総合研究大学院大学 日本歴史専攻 専攻長

藤尾慎一郎

国立歴史民俗博物館 研究部 教授総合研究大学院大学 日本歴史研究専攻 教授

本村凌二

東京大学名誉教授文学博士

田口佳史

老荘思想研究者

海部陽介

国立科学博物館 人類研究部人類史研究グループ長

山内昌之

東京大学名誉教授歴史学者武蔵野大学国際総合研究所特任教授