10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトパワーで日中が協力しあうことはまだまだある!

どうなる?戦後70年「安倍談話」(5)日中相互協力に向けて

若宮啓文
元朝日新聞主筆
情報・テキスト
北京のPM2.5 (2013年)
出典:環境省ホームページ(https://www.env.go.jp/air/osen/pm/info/cic/attach/briefing_h25-mat01.pdf)より
戦後70年安倍談話を語るシリーズの最終話では、「アジアとの和解」を標榜する若宮啓文氏が、中国との連携の重要性や、良好な日中関係を構築するために日本が果たすことのできる役割について浮き彫りにする。(全5話中第5話目)
時間:13:31
収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/26
タグ:
≪全文≫

●中曽根・福田両氏にみる右派勢力との関係


―― しかし、周囲のあの右派勢力の中でいろいろやるのは、安倍さんも非常に難しいようですね。

若宮 ちなみに、中曽根康弘さんは、靖国参拝まではいいのだけれど、見事に右派を裏切ったのです。靖国参拝をする前も、彼は、全斗煥さんを呼んだりしていましたし、それから、「侵略戦争」とは言わないまでも、「侵略的行為」という言葉を使っていたのです。総理としては初めてだと思いますね。それで、靖国に参拝しますが、中国の反応を見て、すぱっとそれをやめます。「政治家に大事なのは反省だ」「国際協調なくして英霊は浮かばれない」というようなことまで言うのです。しかし、実はそれで、右派から、あいつはけしからん、とものすごく言われることになるし、靖国神社との関係も悪くなるのです。ところが、見事に国際的な政治家として名を成すわけですよね。

―― いや、本当におっしゃる通りですよね。毛沢東さんがリチャード・ニクソンさんに向かって、「私は、右派は信用できる」と言ったことと同じですよね。

若宮 「あなたは(右派の)共和党だから信用する」と言っていますね。半分皮肉ではあるけれども、あれは見事で、やはり政治力学としては正しいので、そういうことだと思うのです。

 それで、福田赳夫さんが、日中平和友好条約をつくりましたよね。あの人は、ご存じのように、佐藤栄作内閣の外務大臣で、国連への中国の加盟や、台湾の追放に反対する決議をアメリカと一緒に出したけれども、敗れて、福田外相不信任案まで食らった人ですね。それから、その翌年の総裁選挙で、田中角栄さんと戦って負けますが、その時は、日中国交は時期尚早だ、と言っています。その後、彼本人はそんなに全面に立たなかったけれど、彼を支持した右派の方々、今の安倍晋三さんにつながってくるような人々は皆、日中国交正常化に抵抗し、平和条約をつくるのにものすごく抵抗したのです。

 しかし、福田さんは平和条約をやるわけです。その間に、三木内閣が入って、三木武夫さんもやりたくて仕方がなかったのですが、三木さんはできませんでした。これは、ハト派だったからです。

―― ハト派だからですよね。

若宮 ですから、僕は、福田さんからも聞いたことがありますが、やはり自分の周りには、福田派でなくても、灘尾弘吉さんや椎名悦三郎さんなど、台湾派などの名だたる人たちが大勢いて、そういう人たちも、まあまあなだめることができた、ということを言っていました。そういうメカニズムがあるのです。

 ただ、安倍さんに連なっているような人々は、そういう福田さんや中曽根さんが許せない方向で純粋培養されたような人がいるので、そこが安倍さんの苦労のしどころだと思います。しかし、これだけ世界中を駆け回っているのは、やはり素直に、僕らは見事だなと思いますし、そうであれば、中国や韓国を何か敵に回してしまうような形では、やはり限界がありますよね。


●中国との連携が不可欠な時代だからこそ


若宮 周辺国や、その他のいろいろな国々にも、もちろん中国を警戒している国は多いけれど、さりとて、中国と決定的に仲を悪くするような同盟をつくろうとか、そんなことは思っていないですし、アメリカが一番そうでしょう。今、中国をどうしようか、ということで悩みつつも、やはり中国と連携しなければいけないという時代です。そういう意味で、安倍さんは、難しい時期に来ていますが、うまくやれば、立場は非常に強くなると思うのですけれど...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。