10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン
追悼特集 若宮啓文

追悼特集 若宮啓文

In Memory of Yoshibumi Wakamiya
「アジア共生」を標榜し、「日中韓の絆の再発見」を自らのライフワークに掲げていた若宮啓文氏(日本国際交流センターシニア・フェロー、元朝日新聞主筆)が2016年4月28日、訪問先の北京市内で急逝した。日本屈指の穏健リベラル保守の論客は、立場や主張の異なる論客とも積極的に対話を重ね、戦後の日本政治がアジアといかに向き合うべきかを模索し続けた。本特集では、10MTVオピニオン開設以来、講師として参画いただいた若宮氏の全29話を一挙紹介する。

英エコノミスト誌も「外交的な大失敗」と論評

靖国神社の参拝がなぜ問題になるのか(1)安倍首相の靖国参拝と国際的波紋

収録日:2014/02/12
追加日:2014/02/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

公用車にも乗らず記帳も個人名で8月15日に参拝

靖国神社の参拝がなぜ問題になるのか(2)「私的」にこだわった三木首相の参拝

収録日:2014/01/17
追加日:2014/02/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

憲法違反にならないよう参拝に数々の工夫を施す

靖国神社の参拝がなぜ問題になるのか(3)中曽根首相の公式参拝とその中止

収録日:2014/02/12
追加日:2014/02/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

「外国に干渉されることではない」と8月15日に参拝

靖国神社の参拝がなぜ問題になるのか(4)小泉首相の参拝と、解決への道

収録日:2014/01/17
追加日:2014/02/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

父方の祖父は母方とは対照的なリベラルの政治家

安倍首相と祖父・岸信介氏のDNA(1)対照的な安倍首相の二人の祖父

収録日:2013/11/08
追加日:2014/02/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

岸信介の動きを見れば安倍首相の外交が分かる

安倍首相と祖父・岸信介氏のDNA(2)岸氏の影を追う安倍首相

収録日:2013/11/08
追加日:2014/02/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

反共同盟への思いと韓国への謝罪で臨んだ李承晩との交渉

安倍首相と祖父・岸信介氏のDNA(3)岸氏に学ぶべきこと

収録日:2014/02/22
追加日:2014/03/06
若宮啓文
元朝日新聞主筆

アジアに対する謝罪や和解を求めるメッセージの決定版

「村山談話」とは何だったのか(1)二つの大きな意義

収録日:2014/01/17
追加日:2014/04/03
若宮啓文
元朝日新聞主筆

当時1年生議員だった安倍首相は終戦50年決議に反対

「村山談話」とは何だったのか(2)談話に至った経緯と「安倍談話」の行方

収録日:2014/01/17
追加日:2014/04/11
若宮啓文
元朝日新聞主筆

ゲットー英雄記念碑の前で跪き、黙祷を捧げたブラント

なぜ「ドイツの謝罪」のようにいかなかったのか(1)世界に印象づけられたドイツの二つの謝罪

収録日:2013/10/31
追加日:2014/04/17
若宮啓文
元朝日新聞主筆

ドイツはホロコーストをナチスの罪として裁くことができた

なぜ「ドイツの謝罪」のようにいかなかったのか(2)日本とドイツの状況の根本的な相違

収録日:2013/10/31
追加日:2014/04/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

併合条約はいつから無効? 「もはや」異なる日韓の解釈

日韓関係の悩ましさ(1)いま噴き出す日韓基本条約の問題点

収録日:2013/11/08
追加日:2014/04/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

ソウル五輪や韓国民主化、日本の体制も変わり共同宣言へ

日韓関係の悩ましさ(2)90年代の和解に行きつくまで

収録日:2013/11/08
追加日:2014/04/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

米国も日韓の仲を取り持とうと配慮

日韓関係の悩ましさ(3)関係硬直の背景と日韓条約50年に向けた進展の兆し

収録日:2014/04/28
追加日:2014/05/15
若宮啓文
元朝日新聞主筆

椎名悦三郎の金浦空港での声明を強く進言したのは米国

オバマ大統領の日韓歴訪の成果~日韓を取り持つアメリカの歴史的使命~

収録日:2014/04/28
追加日:2014/05/01
若宮啓文
元朝日新聞主筆

日中国交回復をめぐり自民党内が田中派と福田派に二分

「日中」をめぐる保守の内部対立(1)二つの中国の間で揺れた国交正常化

収録日:2013/11/08
追加日:2014/05/01
若宮啓文
元朝日新聞主筆

反中若手タカ派「青嵐会」をリードした石原慎太郎

「日中」をめぐる保守の内部対立(2)台湾派の論理と尖閣「棚上げ」問題

収録日:2013/11/08
追加日:2014/05/01
若宮啓文
元朝日新聞主筆

胡徳平氏が安倍首相に面会、高村正彦氏らが相次ぎ訪中

「日中」をめぐる保守の内部対立(3)今に至る二つの系譜と関係改善への期待

収録日:2014/04/28
追加日:2014/05/15
若宮啓文
元朝日新聞主筆

石橋湛山賞受賞作から尖閣にまつわる秘話を著者が語る

尖閣諸島の周辺で「日中共同開発を」の真相(1)田中角栄と周恩来の胸の内

収録日:2014/09/11
追加日:2014/11/13
若宮啓文
元朝日新聞主筆

尖閣に中国漁船が来て大騒ぎになったのは最近の話ではない

尖閣諸島の周辺で「日中共同開発を」の真相(2)中国漁船騒動と自民党内の大論争

収録日:2014/09/11
追加日:2014/11/24
若宮啓文
元朝日新聞主筆

幻の謝罪…同郷首相の行為を「過ち」とした声明が問題視

秘話を通して考える日韓関係(1)安重根の評価と岸信介の親書

収録日:2014/09/11
追加日:2014/12/02
若宮啓文
元朝日新聞主筆

韓国のジャーナリストが著書で明らかにした日韓の密約

秘話を通して考える日韓関係(2)竹島をめぐる「爆破発言」と「密約」

収録日:2014/09/11
追加日:2014/12/10
若宮啓文
元朝日新聞主筆

使うのか使わないのか? 謝罪の総決算だった文言セット

どうなる?戦後70年「安倍談話」(1)村山談話をどこまで踏襲するのか

収録日:2015/01/29
追加日:2015/02/25
若宮啓文
元朝日新聞主筆

安倍首相は昔、村山談話反対の「歴史・検討委員会」に参加

どうなる?戦後70年「安倍談話」(2)「侵略」にこだわる背景

収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/05
若宮啓文
元朝日新聞主筆

「反省」はあるが「侵略」も「植民地支配」もない

どうなる?戦後70年「安倍談話」(3)豪州演説にみる方向性

収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/12
若宮啓文
元朝日新聞主筆

分かった人はプロ! 日中4項目合意に村山談話が隠れている

どうなる?戦後70年「安倍談話」(4)村山談話をコミットした安倍内閣

収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/19
若宮啓文
元朝日新聞主筆

ソフトパワーで日中が協力しあうことはまだまだある!

どうなる?戦後70年「安倍談話」(5)日中相互協力に向けて

収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/26
若宮啓文
元朝日新聞主筆

小渕・金の共同宣言は日韓の良好な関係のピーク

日韓条約50年(1)軍政下の締結と民主化後の好関係

収録日:2015/01/29
追加日:2015/06/18
若宮啓文
元朝日新聞主筆

支持母体や世論を説得し、両国が納得できる道筋を付ける

日韓条約50年(2)関係修復に向けた真のリーダー像

収録日:2015/01/29
追加日:2015/06/22
若宮啓文
元朝日新聞主筆

その他の特集

待ったなし!働き方改革

第三次安倍改造内閣の目玉の一つであり、今まさに官民一体となって進められているホットイシュー「働き方改革」。多くの企業が長時間労働の是正を迫られる中で、私たちはこれ…

日本人の特殊性

勤勉、真面目、謙虚、誠実、礼儀正しい、規律を重んじる――外国人からこのように形容されることも少なくないわれわれ日本人。しかし、日本人の国民性とは果たしてこれだけなの…

謎解き日本史の旅~『古事記』から太平洋戦争まで~

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ 」とはドイツの名宰相ビスマルクの言葉だという。これは歴史に学ぶことの重要性を説いているのだが、実は歴史には謎も多い。そこには秘…

厳選!2017年を占う重要キーワード10

2017年は世界の枠組みが一気に変わってしまうほど大転換の年になるかもしれない。「ブレグジッド」やアメリカ大統領選でのトランプ氏勝利など、「反グローバリズム」のうねり…

2017年、激動の「トランプ時代」へ!

2016年のアメリカ大統領選挙は世界を大きく変革させる契機となるかもしれない。それほど「トランプ勝利」は予想外であり、衝撃的であり、その影響は計り知れないものがある。…

2016年アメリカ大統領選挙の不思議と真実~トランプvsヒラリー~

 「いまだかつてなく多くの人の予想を裏切った」と慶應義塾大学大学院教授・曽根泰教氏が形容するように、2016年アメリカ大統領選挙は過去に例を見ない「不思議」なことが数…

大人の課題図書10選~2016年夏

気がつけば世の中は夏休み。外にも行くのも、ゴロゴロするのもいいけれど、まとまった時間があるときこそ、遠い夏の記憶を呼び起こし、じっくりのんびり本でも読みたいですよ…

山内昌之が語る「中東複合危機」

国家間の衝突や宗派の対立、テロや新勢力の台頭――中東では一体いま何が起こっているのか? 中東・イスラーム史研究の第一人者である歴史学者・山内昌之氏の各シリーズ講義の…

治療から予防へ!10年後の健康にコミットする。

WHOが2000年に提唱した「健康寿命」という概念があります。日本でもかなり広まっている考え方ですが、いわゆる平均寿命との差は、厚生労働省の定義では10年ほどある…