10MTVオピニオンPREMIUM ログイン

公用車にも乗らず記帳も個人名で8月15日に参拝

靖国神社の参拝がなぜ問題になるのか(2)「私的」にこだわった三木首相の参拝

若宮啓文
元朝日新聞主筆
情報・テキスト
Wikimedia Commons
元来、国のために戦死した「英霊」を祀る機能を持った靖国神社の国家護持を巡り、戦後も議論が続いている。国会で靖国の国家護持に関する法案が提出されては否決される中、なぜ三木首相は1975年靖国を参拝したのか、かつ「私的参拝」にこだわったのか、その経緯と背景を解説する。
時間:10:09
収録日:2014/01/17
追加日:2014/02/24
Wikimedia Commons
元来、国のために戦死した「英霊」を祀る機能を持った靖国神社の国家護持を巡り、戦後も議論が続いている。国会で靖国の国家護持に関する法案が提出されては否決される中、なぜ三木首相は1975年靖国を参拝したのか、かつ「私的参拝」にこだわったのか、その経緯と背景を解説する。
時間:10:09
収録日:2014/01/17
追加日:2014/02/24

●「英霊」を祀る神社として長く機能

実は、靖国神社を巡る問題というのは、戦後の日本の政治史、あるいは外交史において、非常に長く懸案となってきている、実に古くて新しい問題で、またここにきてクローズアップされたという感じだと思います。
そもそも靖国神社というのはどういう神社で、何がこの参拝で問題になるのかということからお話していきたいと思います。
そもそも靖国神社というのは、もともと明治維新のあとにできたもので、最初は「招魂社」という名前だったようです。これは明治維新にあたって、徳川幕府が倒れ明治政府ができたあとも日本の国内で戦乱があり、そのときに新政府を作る側の侍や兵士が亡くなったのですが、この人たちを悼む施設として作られたわけです。ですから、いわゆる賊軍と言って、幕府側についたり新政府に反抗した、例えば西郷隆盛さんや会津の白虎隊といった人たちはここには祀られていないのです。そういう問題はあります。
しかし、いずれにしても明治政府ができたあとは、今度は主として外国との戦争、日清戦争なり日露戦争なり、そのまま太平洋戦争に至る大きな戦争があるわけですけれども、そういう戦争で亡くなった人たちの魂を祀る、これを「英霊」という呼び方をするわけですけれども、そのような神社としてずっと機能してきたわけです。
そして、太平洋戦争、第2次世界大戦で日本が負けまして、この神社をどうするかということを占領軍は考えました。この神社は、普通の神社と違って国家が管理し運営してきた特異な神社であり、それが戦意高揚につながるというような役割を果たしてきたことから、占領軍はこの神社をどうしようかということで、廃止論もありましたし、つぶしてしまおうという議論もあったのですが、さすがにやはり宗教施設ではありますし、そういう亡くなった人の魂を祀るというような所を廃止してしまうと、これはまた問題だというので、一民間の普通の宗教法人として残そうではないかということになって、それが今日に至っているわけです。

●国家護持のため「靖国神社法案」提出も断念

ところが、戦後、特に遺族会などから、もともとこの神社は国家が運営し、兵隊さんたちも亡くなってから「靖国で会おう」というようなことを思い描いて亡くなっていったというようなこともあり、やはり普通の神社とは違うのではないか、これはやはり国家で予算も投じて国家が管理すべきではないか、という要求がかなり出ました。そして、自民党がその要求を踏まえて、「国家護持しよう」、と、「靖国神社法案」という法案を、1960年代の後半から70年代にかけて作りまして、何度か国会に提出したのです。
実は、1974年には自民党の単独強行採決で、衆議院を通過したことまであったのです。しかし、これは参議院で葬られます。というのは、これは相当無理があります。新しい憲法では、政治や国家が特定の宗教に肩入れするようなことをしてはいけない、予算を使ってはいけないというような趣旨のことがきちっと書かれているわけですから。これを「政教分離」と言いますが、「政教分離の原則に反する」「憲法違反だ」という議論が当然大きかったわけです。
それで、この法案が衆議院を通過する際には、実は政府が「国家護持するのであれば、宗教色をうんと薄めなければいけない」と、例えば鳥居をなくすとか、あるいは神主さん、神官を置いてはいけないといった政府の見解を出したのです。
そうしますと、これはこれで、靖国神社を護持しようという方々も、「鳥居がなかったり、神官がいない神社があるのか」という...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。