テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.11.12

ハンコと印鑑の違いは?正しい使い分け方


 皮肉のように「ハンコ文化」と言われるほどに、日本では決済や契約の際に押印して書類を残すという、あまり効率的とは言えない慣習が根強く残っています。しかも一口にハンコと言っても、いろいろあります。

 たとえば「認印」と「実印」。なんとなく違いはわかると思いますが、この違いを正確に説明できる人はそれほど多くないかもしれません。世の中では、脱ハンコの動きが加速していますが、まだまだハンコを使う場面に出くわすことも多々あるはず。これを良い機会に、正しいハンコの使い分け方を学習するのはいかがでしょうか。

「印鑑」「印章」「印影」

 冒頭から「ハンコ」という言い方をしていますが、そもそも「ハンコ」と「印鑑」も異なります。実は「ハンコ」の正式名書を「印章」(いんしょう)といいます。「印影」(いんえい)という言葉もありますが、これは「ハンコ」=「印章」を押したときに紙にのこった朱肉のあとのことをいいます。

「ハンコ」と「印鑑」の違い

 すこし寄り道をしましたが、あらためて「ハンコ」と「印鑑」の違いはなんでしょうか。「印鑑」というのは「印鑑登録」という制度が象徴しているように、役所や銀行などで登録した「実印」や「銀行印」などの「印影」のことなのです。

 ただし、これらはあくまでも厳密な定義であって、日常的には、「ハンコ」も「印鑑」も同じ意味で使われています。皆さんもふだんは「ハンコ」=「印鑑」の認識で問題ないでしょう。

「シャチハタ不可」とは

 決済や契約の時に「シャチハタ不可」と言われることがありますね。この「シャチハタ」とはいったい何を指すのでしょうか。

 シャチハタと言うのはメーカーの名前で、製品の名称ではありません。かつてシヤチハタ株式会社がインキ浸透印を開発し、それが広く浸透したため、「朱肉の要らないインク付きのハンコ」を「シャチハタ」と呼ぶようになったのだとか。

 「シャチハタ不可」とされる理由の一つは、シャチハタは大量生産されているものが多く、なりすまし防止の観点からです。加えて、シャチハタは印面がゴム製のため、使用するうちに擦り減って印面の形、つまり印影が変わってしまうという理由もあります。

「認印」「実印」「銀行印」

 では「認印」「実印」「銀行印」の違いとは何でしょうか。「実印」というのは、市区町村の役所や役場で「印鑑登録」した公的に認められ、法的に効力のあるハンコのことです。いっぽうで「認印」にはそうした力はなく意思確認や承認などのサインとして使います。回覧板や宅配の受け取りなど日常的によく使うハンコですね。シャチハタを「認印」として使っている人も少なくないでしょう。

 実印と似たものに「銀行印」もあります。実印は各自治体で登録したものですが、銀行印は各金融機関で登録します。実印と銀行印のハンコを分けている人もいれば、同じものにしている人もいるでしょう。紛失した際のリスクなどを考えると、実印と銀行印は別々にした方いいという意見が多いようです。

 さて、ここまでのハンコの違いはおわかりいただけたでしょうか。厳密に定義まではともかく、日常生活を送るうえでは「認印」「実印」「銀行印」のこの3つの違いを正確に把握しておくと役立つかもしれません。

<参考サイト>
・シヤチハタ ネーム印│Shachihata
https://www.shachihata.co.jp/name_in/index.php

あわせて読みたい