テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
沖野郷子

沖野郷子

おきのきょうこ

東京大学大気海洋研究所教授/理学博士
<略歴>
1988年3月 京都大学理学部卒業
1990年3月 京都大学大学院理学研究科修士課程修了(地球物理学)
1999年1月 博士(理学)京都大学
1990年4月~1999年6月 海上保安庁水路部(現海洋情報部)
(1995年4月~1997年3月  科学技術庁研究開発局海洋地球課併任)
1999年7月~2002年12月 東京大学海洋研究所 助手
2002年12月~2014年7月 東京大学海洋研究所 助教授
2014年7月~ 東京大学大気海洋研究所 教授

<所属>
海洋地球システム研究系海洋底科学部門

<専門分野>
海底地球物理学

<研究テーマ>
中央海嶺プロセスに関する研究

<主な著作>
『海洋底地球科学』(中西正男著、沖野郷子著、東京大学出版会、2016)

海底の仕組みと地球のメカニズム (全8話・3話配信中)

収録日:2020/10/22
追加日:2021/05/02

地球上の火山活動の8割を占める「中央海嶺」とは何か

海底の仕組みと地球のメカニズム(1)海底の生まれるところ

追加日:2021/05/02
海底はどうやってできるのか。なぜ火山ができるのか。プレートが動くのは地球だけなのか。またそれはどうしてか。ではプレートは海底の動きの全てを説明できるのか。地球史規模の海底の動きについて、海底調査の実態から最新の理論動...

地温勾配とソリダス――中央海嶺ができる仕組みに迫る

海底の仕組みと地球のメカニズム(2)なぜ海底で火山ができるのか

追加日:2021/05/09
なぜ「中央海嶺」と呼ばれる海底が生まれるところが火山になるのか。よく誤解されるのは、マントルが上がってくる、その上昇流があるからそこに火山があるということだ。そうではなく、沈み込むプレートの動きで隙間ができるので仕方...

なぜ大西洋と太平洋とでは海底の顔立ちが異なるのか

海底の仕組みと地球のメカニズム(3)中央海嶺の実態

追加日:2021/05/16
大西洋と太平洋では海底の顔立ちが大きく異なるという。地球上でプレートが一番速く動くところは年間15センチほどで、太平洋にある。一方、大西洋は年間2~3センチほど。速く動くところは周辺が暖かいので、断層ができにくく起伏は緩...

近いテーマの講師一覧

纐纈一起

東京大学地震研究所教授理学博士

藤井敏嗣

東京大学名誉教授環境防災総合政策研究機構・副理事長山梨県富士山科学研究所長

岡村定矩

東京大学名誉教授東京大学エグゼクティブ マネジメント プログラムチェアマン補佐

中村尚

東京大学 先端科学技術研究センター 副所長・教授

浦環

東京大学名誉教授株式会社ディープ・リッジ・テク代表取締役

小宮山宏

東京大学第28代総長株式会社三菱総合研究所 理事長テンミニッツTV座長

磯貝明

東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 教授

岡部徹

東京大学 副学長東京大学生産技術研究所 所長

岸輝雄

新構造材料技術研究組合(ISMA) 理事長東京大学名誉教授